フォルスクラブはマルチ商法とは異なる

フォルスクラブとは好きな場所で勉強できる手段の一つ

近年ではインターネットが普及することによって、それに合わせてどこでも勉強や仕事ができるようになっています。フォルスクラブはその仕組みを取り入れたイーラーニングシステムであり、どこでも好きな場所で学習することができる学習教材です。
パソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンなどの持ち運びしやすいデバイスから動画や音声を通じて勉強することができます。教科書などとは異なり、持ち運びしやすくどこからでも何度も動画などを見ることができるためより高い学習効果が得られます。
学習教材というとマルチ商法というイメージが強いですが、このイメージによってフォルスクラブはマルチ商法だと誤解されてしまっています。子供から大人まで幅広く教材を扱っているのが特徴で、教育コンテンツの他にも実生活でのトラブルなどを相談できるサービスも充実してます。

フォルスクラブはマルチ商法とは何が違うのか?

マルチ商法は、会員が新規会員を誘って、その会員がまた次の会員を誘うことで作られていく組織体系になります。商品を売って、その権利収益が得られるという仕組みです。誘った会員が契約をすれば紹介料をもらうことができ、その友達がさらに次の会員と契約すればさらに紹介料をもらえます。また、他の会員が買い物することで報酬も得られます。
特定商取引法という法律を守っていれば違法ではありませんが、強引に会員になるように迫る会員が多いのが現状です。
監禁のような手段で会員にすることがマルチ商法の手口ですが、フォルスクラブを利用するにはインターネットを通じて入会する必要があるため、マルチ商法のようにネットワーク内で監禁は難しく自分の意思で入会するかどうかを決められます。

フォルスクラブはマルチ商法ではない

フォルスクラブはマルチ商法に似ていると誤解されている理由の一つが、年会費と紹介制度になります。一般的な通信教育の場合、月額制が通常の支払い方法です。年会費にすることで月額制よりもやや割高になってしまいます。しかし、その分フォルスクラブの学習内容は充実しています。
紹介制度は、既存会員と新規会員の両方にメリットがあります。既存会員が新規会員を紹介すれば、年会費が半額になるというサービスを行なっています。新規会員も受講料が最大40%オフになるため双方のメリットが大きい制度です。

良心的で良質な通信教育をするなら

フォルスクラブは、さまざまな制度からマルチ商法と誤解のされやすい通信教育と言えます。年会費は通常の通信教育よりも割高と感じることも多いかもしれませんが、家族揃って一つのアカウントを共有できるという嬉しいポイントもあります。
学習内容も充実していて子供から大人まで利用することができるため、一つのアカウントがあれば家族揃って勉強することが可能です。コンテンツの質も良質ですので、ハイレベルな学習が行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。