eラーニング研究所で仮想通貨学習は子供には早過ぎる?

仮想通貨はお金というよりも投資のイメージが強い?

仮想通貨というワードが近年人気上昇中です。海外では「Cryptocurrency」と呼ばれていることから、日本でも暗号資産という呼び方を一般的にすると金融庁が発表しました。なので、暗号資産と呼んだほうが一般的なのですが、この記事では昔からの呼び名である仮想通貨と呼ぶことにします。


日本ではまだあまり普及しておらず、決済方法としては使えないことのほうが多いです。コンビニやスーパーで「仮想通貨で決済をしたい」と言っても、対応してくれることはほとんどありません。現在は一部の電気店やネットショップのみ対応しているという状況です。なので、決済手段というよりも投資のイメージが強いです。

.

eラーニング研究所では現在のところ仮想通貨学習はない。

仮想通貨決済に対応しているお店がほとんどないので、子供に仮想通貨をお小遣いで渡しても子供は困るかもしれません。将来的には世界共通のマネーとなることが目標とされていますが、現在のところは投資方法として普及している部分が強いので、子供に教えるのはまだ早いと言えます。投資にはリスクもあり、失敗したら大金を失うこともあります。数百万円のお金が一夜でゼロになることもある世界ですので、よほどのお金持ちでもない限り子供に投資をさせることはできないでしょう。取引所に口座開設をするためには基本的に年齢制限があります。20歳以上という制限をかけている取引所が多数派です。一部の取引所では親の同意があれば未成年も口座開設できます。こういった理由もあってeラーニング研究所では仮想通貨学習コースはないものと思われます。

.

将来的にはeラーニング研究所に仮想通貨学習コースができる?

eラーニング研究所は大人から子供までを対象にしています。大人向けのコースなら、仮想通貨学習コースができるかもしれません。その際には、投資に関する勉強をするコースとなるのではないでしょうか。もしくは、プログラミングの勉強をして仮想通貨を作るコースなどもできるかもしれません。どちらにしても内容は専門的になりそうなので、大人向けのコースとなるでしょうね。

.

eラーニング研究所は変化の多い時代を生き抜いてきた。

eラーニング研究所は2002年9月に設立されています。インターネットの普及、スマートフォンの普及など変化の多い時代です。そんな時代を18年も生き抜いてきたのがeラーニング研究所です。なので、これから仮想通貨がもっと普及したら、eラーニング研究所は子供向けの仮想通貨学習にも対応するかもしれませんね。子供未来キャリアで仮想通貨について教えるのは、正直まだ早いような気がします。法律がもっと整備されて、コンビニやスーパーなどでも気軽に使えるようになったら、子供にも教える必要が出てくるでしょう。問題は何年後くらいにそれが実現するのかです。仮想通貨という技術はまだ新しく、実用面で不安があります。実用化するのが何年後になるのか、だれにも予想できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です