フォルスクラブで学べる江戸時代の権利収入

働かなくても収入がある権利収入

仕事をしなくても一定の収入を定期的に得られる権利収入は、フォルスクラブをプレイする多くの人々にとって夢です。
日本が江戸時代の頃も庶民の間では夢とされ、どうにかして権利収入で儲けたいと考える人は多数いました。
たとえば江戸時代の日本は、リサイクル社会だったとされています。
一見すると無価値なものから多くの利益を上げて、一代で巨万の富を築き上げた人々もいます。
フォルスクラブに入会すると、そうした江戸時代に行われていた権利収入について詳しくなれるかもしれません。

リサイクル社会の江戸時代では貴重だった人間の排泄物

江戸時代の日本では、人間の排泄物は非常に重要な役割をしていました。
当時の江戸は富士山の火山灰の上に成り立つ町で、作物も育ちにくい不毛の土地です。
そんな土地を作物の実る大地に変え多くの人口を支えたのが、人間の排泄物です。
フォルスクラブに入会している人ならご存じでしょうが、人間の排泄物は作物を育てるための肥料となります。
しかし多くの人からは排泄物は忌み嫌われ、遠ざけられて誰もそれに価値を見いだすことはできません。
ですが人間からは嫌われていた排泄物は、不毛の大地を変える肥やしになります。
そのため排泄物は肥やしとして農民に渡すため、高い価格で取引されていました。

排泄物を取引する権利を持っていった長屋の大家

多くの町民が暮らす長屋の大家は、店子の排泄物を取引する権利が与えられていました。
職人や商人は景気が悪くなったり天候が悪くなると仕事にならず、収入も一切なくなってしまいます。
しかし人間は、生きている限り年齢や性別を問わず必ず厠で排泄行為をします。
そのため取引権を持つ長屋の大家は、どんなときでも一定のお金がもらえる権利収入を持っていたので裕福でした。
このような江戸時代の権利収入のシステムは、フォルスクラブでなければ教えてくれません。
学校の教科書には江戸時代に人間の排泄物が高値で取引されていたと記載されていないので、フォルスクラブに入会していると、日本の歴史にもまた一つ詳しくなれるでしょう。

江戸時代の権利収入など多くを学べるフォルスクラブ

排泄物を取引する権利収入の話は、フォルスクラブで勉強しても受験には役立たないと思うかもしれません。
しかし排泄物を取引していたという話をフォルスクラブで勉強して知っていると、話のネタにはなります。
内容が下ネタよりなので話す相手や場所は選びますが、適切なシーンで披露すれば場を盛り上げるネタになるでしょう。
ちょっとした小ネタをいくつもフォルスクラブで学び持っていると、教養のある人と思われ相手にも好印象を与えられます。
江戸時代には人間の排泄物を取引していた以外にも、驚くべき権利収入の話がまだまだあるかもしれません。
人々が憧れる権利収入の話はいつの時代も多くの人を惹きつけるので、フォルスクラブで勉強しておくとさまざまなシーンで活用できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です