株式会社イーラーニング研究所の社長が書いた本を読みませんか

株式会社イーラーニング研究所の社長は色々な本を出版しています。

公式サイトで確認できますが、全部で3つほどの本を書いているようです。

 

それぞれの本のテーマは少し異なりますが、「eラーニングが主体の中身」「大人が読むもの」というのは共通のようです。

教師や、eラーニングを使って商売をする方に向けた本と言えます。

その本によると、eラーニングはあらゆる事業の可能性を秘めているようです。

「教育」という分野は、経済の中でもそれなりの割合を占めており、既存のアナログの勉強法がデジタルに取って変われば、その経済効果はかなりのものと言えます。

紙媒体の書籍はまだまだ根強い人気を誇りますが、電子媒体の書籍のシェアは少しずつ拡大していると言えます。

10年後か20年後か分かりませんが、ランドセルの中にタブレットを入れるのが当たり前になる時代が来るかもしれませんよ。

 

株式会社イーラーニング研究所はeラーニングを主体とする事業を行っており、このeラーニングは色々な分野で使われています。

今や大学では、eラーニングは当たり前のものとして活用されているようです。

授業で使う資料を教室で配るのではなく、授業前に自分で印刷して持ってこい、というのがあります。

これもまたeラーニングの一種です。

資料を学生全員に配るだけで5分以上かかるため、こうした処置はかなりの時間節約になると言えます。

 

eラーニングに興味のある方は是非、株式会社イーラーニング研究所の社長が書いた本を読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です