ビットコインよりも地球の環境に優しいフォルスクラブ

環境に優しくないビットコイン

フォルスクラブと同様ビットコインには、現実のコインや紙幣とは違い実物がありません。
コインを作るための金属、紙幣を作るための紙は一切使っていないため、貴重な資源を使わずに使える地球の環境に優しい通貨と思う人もいるでしょう。
しかしビットコインは、地球にある貴重な資源を使った上で作られている通貨です。
ビットコインを作り出すためにはマイニングをしなければいけませんが、そのためには高性能なコンピューターが必要になります。
複雑な計算を一瞬でこなせるほどの性能を持つコンピューターが必要になるので、それを動作させるためには莫大な電力が必要になります。
現在は風力や太陽光など環境に優しい自然エネルギーを使って発電している国も増えましたが、多くは石油や石炭を使った火力で作られた電力が使われているので、ビットコインも地球の環境には優しくないと言えるわけです。

フォルスクラブもビットコインと同じなのか

ネット上にある仮想通貨のビットコインが地球環境に優しくないなら、同じくネットを使ったフォルスクラブも電力を使うため、環境には悪影響を及ぼすると思う人もいるかもしれません。
しかし結論から述べると、フォルスクラブがビットコインと同じとは考えにくいでしょう。
むしろビットコインよりもフォルスクラブは地球環境に優しいと考えられ、比べられないほど観光保護に貢献しているとも考えられます。

フォルスクラブが地球の環境に良い理由

そもそもビットコインが地球の環境に悪いとされる理由は、高性能なコンピューターを使ってマイニングをするからです。
マイニングの電力消費量が膨大であるために、地球の環境に負荷を与えているとされています。
しかしフォルスクラブは、それほど高性能なコンピューターを必要としません。
フォルスクラブはビジネス用途で主に使われるコンパクトノートでも動作する軽さですし、スマートフォンやタブレット端末でも利用できます
これらのコンピューターはビットコインのマイニングに使われるものに比べたら電力消費量はわずかなので、フォルスクラブは環境に優しいと言えるでしょう。

電力以外にもあるフォルスクラブが環境に良い理由

フォルスクラブが環境に優しいのは、使用するコンピューターの電力以外にもあります。
一般的に勉強するためには、紙や鉛筆などの筆記用具が必要です。
紙や鉛筆を作るためには木材が必要ですし、ボールペンやシャープペンを使うならプラスチックも必須になるでしょう。
そのため通常の勉強をするだけでも環境には悪いと言えますが、フォルスクラブならこの点でも問題ありません。
フォルスクラブはコンピューターとネットを使った学習方法なので、紙や鉛筆などの筆記用具は必要ありません。
コンピューターに文字を入力しながら学習していくので、この点でも地球環境への付加が抑えられています。
ですからフォルスクラブは、ビットコインよりも地球の環境に優しい学習方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です