フォルスクラブを作る会社が上場したら

◆フォルスクラブ作る会社の株主優待は

フォルスクラブを作る会社が上場した場合、株主優待が一体どのようなものになるのか興味深いところです。多くの企業は株主優待として、自社が提供しているサービスを還元することが多いだけに、フォルスクラブを作る会社が上場したのであれば、フォルスクラブ関連のサービスが受けられるというのが筋だと言えるでしょう。
フォルスクラブの月額料金が割引になる、あるいは一定期間無料で利用できるといった優待が新設されることが予想されます。
ただし、誰にとってもメリットがあるというものではありませんから、公平性を期してもっと別の還元方法を選ぶ可能性もあります。

◆全く関係のないものを配布する

株主優待の多くは、その会社の関連するものとなりますが、企業の活動内容によっては全く関係のないものが配布されることもあります。
企業対企業の取引を主にしている会社であったり、形あるサービスを提供していない場合、それをそのまま株主に還元するのは難しいものです。
そこで、誰が受け取っても喜ばれるクオカードであったり、ノベルティグッズが優待として選ばれることも少なくありません。
フォルスクラブを作る会社が上場した場合も、フォルスクラブに関連したサービスを優待にするのではなく、全く関係のないものが選ばれるのも決しておかしなことだとは言えないでしょう。

◆株主優待は義務ではない

株主優待を用意するのは義務でもなんでもなく、企業の判断によって決まります。上場している企業はすべて株主優待があると思っている人も多いものですが、実際には優待がない上場企業も数多くあります。
株主優待にはコストがかかるので、経営状況が悪化をして株主優待を廃止する企業もありますし、余計なコストが掛かるのを嫌って最初から出さないこともあるのです。
フォルスクラブを作る会社が上場したときには、株主のことを考えて優待を出さないという選択肢もありえます。
中途半端な還元で会社全体としての利益を減らしてしまうよりは、株主優待は出さない代わりに、経営に注力して会社の利益を上げ配当や株価を上げることによって還元するというものです。

◆フォルスクラブを作る会社が上場したときの株主優待を考えるのは楽しい

実際にフォルスクラブを通上場したときに株主優待がどうなるのかというのは、想像の域を出ないものです。
しかし、フォルスクラブのような魅力的なサービスを提供している会社のこととなれば、想像をするだけでも楽しいものだと言えるでしょう。
想像通りの株主優待が用意されるのであれば、それはそれでフォルスクラブを作る会社のらしさを感じ取ることができますし、全く想像にもつかないものであっても予想外の驚きがあります。
あるいは株主優待がなかったとしても、常にその時代で最善の方法を模索するフォルスクラブを作る会社らしい選択肢となりますから、それはそれで納得をさせてくれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です