フォルスクラブはネズミ講ではないが、手話は役立つ

「フォルスクラブでは家族5人が学べる」

フォルスクラブは経済的な理由で塾などに通えない子どもたちでも学習ができるように、またいつでもどこでも勉強ができるようにオンラインで学べる教材を提供する会社です。家族の中で一人が入会をしていれば、家族5人までがコンテンツを利用することができます。月額6,600円で子供から大人までが学べるシステムで、幼児向けの育脳音感システムから高校生向け、大学受験のための学習や英会話などのコンテンツを提供しているので、家族5人がこれらのサービスを活用できるのです。

「フォルスクラブはネズミ講?」

ネズミ講というのは、一人の人が何人かの人に声をかけて下の地位につけて入会金を受け取り、またその下の人が別の人に声をかけてさらに下につけ入会金を受け取るなどして、人を増やしてお金を受け取っていくという構図になっています。しかしフォルスクラブはサイトや電話で、学習したい人が自ら希望をして入会をするというシステムなので、ネズミ講とは全く異なります。ただフォルスクラブが提供するコンテンツが子どもだけでなく大人まで幅広くマルチに享受できることから、マルチだと誤解されている可能性があるのでネズミ講だといわれてしまうことがあるだけなのです。

「ネズミ講に必要なこと」

ネズミ講を実行するためには、人に声をかける必要があります。わかりやすい説明ができて入会させるために、身振り手振りを使っても相手の心に響くようなコミュニケーションが必要です。また自分だけが一方的に話すのではなく、人の話を聞く力も重要になってきます。そのためネズミ講で多くの人から入会金を受け取るためには、耳が良く聞こえて人の話も理解でき、自分のこともしっかり伝える力が必要なのです。

「フォルスクラブの手話講座」

フォルスクラブでは、手話講座も用意されています。手話は耳が聞こえないために、うまく話すこともできない人々が使うコミュニケーションツールです。手話を覚えると耳が聞こえない人ともうまくコミュニケーションが取れるようになり、聴覚が不自由な方にとっても手話が通じる相手が増えることは、社会生活に充実感を持てることでもあります。一般的な身振り手振りではなく1つの言葉に対して決まった形があるので、それを覚えることができれば聴覚が不自由な方ともスムーズに話すことができます。フォルスクラブの手話講座は、練習からテストまですべて動画で、クイズもあるので楽しく学ぶことが可能です。左右が反転した相手手話モードにしたり字幕を入れたり入れなかったりとモードを変えて、自分のレベルや好みに合ったモードを選択できます。手話検定試験の7球と6級に対応しているので、入門をすることで手話検定に合格することが期待できる学習内容です。動画視聴の学習方法で、実践的な手話が身に付きます。もし別のところでネズミ講を行うにしても、手話を身に着けていれば聴覚不自由な方ともコミュニケーションが取れるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。