フォルスクラブをプレイできそうなネズミは誰か

フォルスクラブをプレイするにはどんな素質が必要ですか。全てのゲームに共通して言えることですが、我慢強いことは欠かせません。矛盾するようですが、我慢強いことに加えてスピードも求められます。現状に甘んじることなく、どうすれば早く勝つことができるかをいつも考えられる人です。他にもどんなことが必要でしょうか。

【フォルスクラブとねずみとの関わりについて】

フォルスクラブは教育に力を入れてきました。それがどうしてネズミと関連があるのだろうと疑問に感じるかもしれません。ネズミは動物の中でも比較的小さな生き物ですが、頭はとても良いことで知られています。小さい体であるのに記憶力や学習能力に優れています。中にはペットとして飼育している人もいるほどです。フォルスクラブはそうしたネズミの特徴に注目してきました。

【ほかの動物とネズミはどう違うかをフォルスクラブは知っている】

世界中にはいろいろな種類のネズミが存在しています。砂漠に生息するネズミはほとんど水分を摂取することがなく生きています。独特の構造になっているので、水を飲まなくても生きていけるという仕組みです。これは人間には決して真似できないことです。人間は数時間水分を摂取しないなら、体の不調を感じることがあります。地域に合わせた体の作りになっているのは偶然ではありません。更に適応による進化でないことも明らかです。

【フォルスクラブの将来とネズミについてわかっていること】

今後フォルスクラブはどんな方向に進んでいくだろうかと考える人もいます。一秒先のことは誰にもわからないと言われています。現在起こってることでさえ、数日前には予想することもできませんでした。人間は天気予報でさえ正確に予測することはできません。雨が降ると聞いて傘を持って雨靴まで履いていったのに、一滴も降らなかったというのはよくあることです。現在の科学技術すべてをもってしても、将来を予測することは不可能です。フォルスクラブはそうした現実を踏まえて柔軟な計画を立てています。応用がきくような方法を採用していますから、全ての計画がダメになることはありません。

【現在必要な人材を育成するフォルスクラブ】

フォルスクラブは有能な人材育成に力を入れています。有能というのは高学歴の人を指すわけではありません。高学歴というのは学校の成績がよくいわゆる、有名な学校に入っている人のことです。もちろんそのためには厳しい競争を切り抜けてきたわけです。しかしそれに加えてネズミのような、強さや責任感を身に付けられる人材を育てます。ネズミはどんな所でも生きていきます。食べ物の好き嫌いをすることはありません。また、ペットとして飼育した場合飼い主に忠節を示します。人を認識することができますから、飼い主がかえって来たら反応があります。はじめは抵抗があったのに夢中になる人は少なくありません。哺乳類のほとんどが飼い主に感情を持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です