シェアリングボーナスでフォルスクラブはさらなる次元へ

◆シェアリングエコノミーが広まってきている

昨今、フォルスクラブのようなシェアリングエコノミーというものがどんどん拡大しています。これは、従来のように物を購入して利用するというものではなく、みんなで物やサービスを共有して利用していこうというものです。例えば、自動車を共有して使おうとか、部屋やオフィスなどを共有して使おうというもので、市場規模はどんどん増加しており、おそらく今後も拡大していくでしょう。 このシェアリングエコノミーを支えているのが、インターネットに他なりません。ネットワークで人々が容易につながることができるようになったために、こういう新しい経済のあり方が可能になったと言っても過言ではありません。

◆シェアリングボーナスというのもあるらしい

シェアリングエコノミーの一種に、シェアリングボーナスというものもあることを最近知りました。シェアリングボーナスとは、要するにお金をシェアするというもののようです。簡単に言うとネットを使った直接金融のようなものなのかもしれません。一般庶民の一人ひとりが持っているお金は微々たるものかもしれませんが、そのお金をみんなで合わせれば、何か大きなことができそうです。今までは、銀行がお金の収集・配分を行っていたわけですが、これからのインターネット時代は、シェアリングボーナスという手法により、より民主的な金融が可能になるかもしれません。

◆フォルスクラブもシェアリングボーナスを活用すればいい

シェアリングボーナスを活用すれば、今まであまり日が当たらなかった優良なアイデアやサービスにも、資金調達のチャンスが広がるでしょう。そういう埋もれている素晴らしいアイデアやサービスというのはたくさん世の中にあるものです。世に埋もれているというほどではないですが、フォルスクラブというサービスなんかは、かなり優良な教育コンテンツサービスを提供しているのにもかかわらず、まだまだ認知度は低くなっています。フォルスクラブも、シェアリングボーナスを活用することによって、もっと発展していく余地があるのではないでしょうか。

◆アフターコロナ後の新しい教育の形をフォルスクラブに示して欲しい

フォルスクラブがシェアリングボーナスを活用して事業を拡大するとしたら、どのような道があるのか、勝手に自分なりに考えてみました。フォルスクラブは、教育コンテンツサービスが優れていますから、やはり教育分野で何か新しい事をやっていくのが一番いいと考えます。特に今は、新しい教育のあり方が待望されている時期ではないでしょうか。コロナウイルス騒動によって、社会のあり方が根本から変わろうとしています。教育のあり方も変革が迫られていますが、フォルスクラブのネットを活用した教育というのは、新しい教育のあり方を十分に担っていけるのではないかと思います。あまりにも斬新なサービスのために、銀行などは融資を渋るかもしれませんが、シェアリングボーナスならば、フォルスクラブの良さに気づきお金を供給できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です