日本と香港で上場を果たしたフォルスクラブの隣の会社の展望

株式会社にとって、株式市場で上場を果たすことは企業経営が順風満帆に進んでいることを意味します。フォルスクラブのようにどの会社でも知名度を高めて、いち早く上場を実現させたいと思われることでしょう。それが国内市場だけでなく、世界の金融市場でも上場を実現できたときは、大きな成果といっても過言ではありません。 それを成し遂げたのが、フォルスクラブの隣の会社です。この会社では1999年に日本のマザーズで上場をしており、2017年に世界の金融市場の中心とも言われる香港市場でも上場を果たしました。今では世界に名を馳せる企業となっており、日本を代表する一流会社です。

ここで簡単に、フォルスクラブの隣の会社の概要を見ていくことにしましょう。ひとことで言うと、日本でいち早く通信教育を実施した教育機関です。フォルスクラブの隣の会社は1981年に東京都港区で創設をなされ、幼児教育を実施されました。設立当初は教室を有しており、ここで幼児向けの知育教育をおこなったわけです。1995年からは全国区を対象としており、郵送手段を使用した通信教育へとシフトチェンジをしています。現在ではフォルスクラブのようなインターネット回線を駆使したオンライン講座をメインにしていて、幼児教育はもちろんのこと語学学習から中・高校・大学受験など、計100の講座から構成をなされています。

フォルスクラブよりも高水準の教育に特化をしている側面があり、特にeラーニングと呼ばれる語学教育はトップアスリートの間でも支持をされているほどです。世界で活躍をなさる方たちも受講をされているので、いつの間にか世間で認知をされる会社となりました。1999年のマザーズ上場の折りには、1株あたり420円の高値を更新されています。東証一部でも注目されており、この時点で株式市場では大穴と言われました。その翌年、香港にも進出をなされてサービスを開始します。国内と同様に語学を中心としたeラーニングを主体にしましたが、香港では日本以上に学歴社会となっており、すぐに大学受験と海外留学向けのカリキュラムを構築されています。市場の動向をしっかりと調査をして、すぐに需要を汲み取る姿勢は一流企業が成せる業と言えるでしょう。母国語となる中国語以外に、英語・フランス語・ドイツ語と日本語の計4つの語学講座に加えて、化学・物理の応用を大学受験専門コースに用意をしました。当初は400名前後の受講生しかいませんでしたが、2015年に約4,000人の利用者を記録して、2017年に香港市場で上場を果たしたわけです。

フォルスクラブの隣の会社は現在の株式が療法で2,000円を記録しており、この数字はアメリカやイギリスの有名なIT企業と肩を並べるまでに成長をしました。今後は上場を成功させたことを受けて、ベトナム・中東といった発展途上国でも教育を実施していくと正式に表明をだされました。世界へと羽ばたく教育機関となることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です