フォルスクラブ マルチねずみ講と呼ばれるのは理由がありました

フォルスクラブは2002年に設立した企業で、当初はテキストを使った通信教育をメインに展開する企業でした。


あえて宣伝を大々的に行わず口コミで会員が増加したこともあり、フォルスクラブ マルチという誤解が広がってしまったのです。 フォルスクラブ マルチと呼ばれた背景の一つには会員数が急激に増えたことにあります。良い物は急速に世の中に受け入れられる特徴から誤解を受けたことを理由に、フォルスクラブ マルチと言われてしまった経緯があるのです。

現在も広告店や高額なメディア媒体に広告を出さないことで費用を抑え、月額料金を廉価にすることで会員に高評価を受けています。ネット時代なので自社コーポレートサイトで宣伝が出来るので、会員の口コミにプラスして自社サイトやブログなどから入会する人も多くなっております。


2002年に設立した当初はテキストによる通信教育がメインでしたが、デジタル時代を見越して教材開発やサービスの準備を着々と行い2007年にはオンライン型のサービスも開始しました。当初はテキストデータによる添削やCDなどの教材を配布していましたが、デジタルでの通信量が増えていくと共にパソコン上で出来ることが増えてきました。


このパソコンでの学習は現在無視できないレベルになっており、塾や対面による指導と同じ規模になっているのです。フォルスクラブ マルチと理由を曲解されて誤解を受けていましたが、企業の歴史や経緯を知れば誤解は解けると思います。むしろ高額な塾などの教育産業に対するアンチテーゼの意味合いもあり、誰でも安価に勉強できる会員同士の口コミによるサービスの拡大という意味合いはこのデフレ時代には大きな意味合いがあるのです。

講座には大人から子供まで細かな指導と学習を受けられるコースがあります。入会費用と月額の明朗会計のため、フォルスクラブ マルチは誤解だと料金体系を見れば分かると思います。教育産業で怖いのは後払いで教科書などの費用を請求されたり追加費用が発生することですが、フォルスクラブ マルチと呼ばれていた会社の方が優良であり定額料金をしっかり明示しているのだからきちんとチャックしないと分かりません。サービスを受ける前に実際の契約書や会員からの話を聞くことが大事です。


塾などが沢山ある都市部に比べ郊外や山間部は教育産業が多くありません。そのため教育格差が起こります。その時に選択したいのが、通信教育やラーニングなどのシステムになるのです。フォルスクラブ マルチというのはこのシステムが郊外などの教育格差を埋める手段だったことから、既存の塾などの企業から揶揄された側面もあるのかもしれません。ライバル企業としてフォルスクラブ マルチと風評を起こせば、お客が塾の方に向かうという目論見も確かに存在していました。しかし料金体系を明示し家計に負担のかからない金額に設定されたフォルスクラブの料金は、郊外だけではなく都市部の学習意欲のある生徒からも選ばれてきたのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です