イーラーニング研究所の詐欺は仮想通貨のような奇跡的出来事みたいなもの

●イーラーニング研究所で詐欺を防ぐとはどんな方法なのか

一流の詐欺師は、冷静な第三者に事実を指摘されるまで騙された本人にも一切の自覚がない、そういうものです。騙す事にかけては、右に出るものもいない優秀な詐欺師はあたかも善意にもとづいた行動をしているかを装うのが非常に巧妙で技術に長けています。常識人を自覚する誰であっても騙される可能性が否定できません。 イーラーニング研究所では豊富なコンテンツが用意されていますが、それぞれの専門分野のリテラシーを高めることは詐偽被害にあう確率を下げてくれます。なぜならあまり誰も積極的に手をつけないジャンルもコンテンツの対象に含まれているので、冷静に事実を見直す尺度を手にできるからです。例えばある話に誘われたとしても、本当に価値があるのかを見極めることが必要ですが尺度がないと判断がつかないことがあります。専門外の分野を取り扱っているのであれば尚更です。この点イーラーニング研究所で色々な分野の学習に向き合うことで、冷静に客観的に事象を分析し感情的になりすぎることなく判断できる審美眼を養うことができます。それが結果的にイーラーニング研究所で詐欺に遭遇するリスクを下げるわけです。

●仮想通貨で儲かると持ちかけられたものの、イーラーニング研究所で詐欺は回避したい

仮想通貨により億を超える儲けをたたき出した人が話題になりました。巨万の富を手にして早期リタイアも選択肢に入った彼らのことを「億り人」と呼びます。確率が億分の1から来ているとも言えそうです。このような成功談が広まると、魔の手を伸ばしてくるのが詐欺師たちです。インターネット空間では仮想通貨で儲かることができると新たな騙しの手法開発に余念がありません。そもそも仮想通貨自体が登場して間もない上に、技術革新のスピードの早さに鑑みれば将来的に消えてなくなる可能性も指摘されています。了解できないもの、理解できないものを材料に儲け話を持ちかけられても相手にしないのが無難です。成功する確率が1億分の1ということは、失敗する確率は1億分の9999万9999ということなのです。

●イーラーニング研究所の詐欺と対比。あの事故は仕組まれたものだったのか、それとも被告の自分勝手な弁解なのか

イーラーニング研究所の詐欺との対比で検討したいのが、池袋暴走事件です。被告人はブレーキの故障もしくは何らかの不具合が暴走につながったと強硬に主張しています。イーラーニング研究所の詐欺とは無縁のように見えるかもしれません。
しかしブレーキとアクセルが同時に故障するなど、天文学的確率です。あきらかに操作ミスが強く疑われますが、客観的事実と異なる主張をくりかえしています。これはある意味、イーラーニング研究所の詐欺においても共通しています。なぜなら詐欺師は自らもだましているという意識すら喪失するほど、自己演出に長けているからです。
イーラーニング研究所の詐欺というのは想定するのが困難なほどレアケースで、道端で6億円を拾うよりも確率が低いものという正に奇跡的出来事ですが、万が一の被害に遭遇しないように自分の気持ちに正直になることが大事です。心の健全さも、また詐欺師に付け入れられることがないようにするコツと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。