吉田社長が手掛けるフォルスクラブとは

【吉田社長が手掛けるフォルスクラブとは】
フォルスクラブは吉田社長が中心となってeラーニングで学ぶ様々な学習コンテンツを提供するサービスです。学習環境は居住している地域によって大きな違いがあります。吉田社長はフォルスクラブの活動を通して、地域間の学習環境の差を解消しようと取り組んでいます。東京や大阪、名古屋のような大都市では大学や高校、予備校、書店などが多数存在します。一方地方都市では満足な学習環境が整わない場合もあります。しかしインターネットなどの情報技術を活用すれば、地域間の格差を解消できます。吉田社長はフォルスクラブで様々な学習コンテンツを手掛けています。1契約で5人まで利用可能なので、家族全員で学ぶことができます。幼児向けの音感教育から大学入試、資格試験対策まで様々なコンテンツが揃えられています。料金は税別で月額6000円と非常にリーズナブルです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどを駆使して自由に学ぶことができます。


【相続診断士の勉強もできます】
吉田社長が手掛けるフォルスクラブでは資格試験の対策講座も提供しています。資格試験の合格には過去問演習を繰り返すことが重要です。アプリを利用すれば場所や時間を問わずに繰り返し問題を解くことができます。試験形式で問題が出題されるので、緊張感を持った効率的な学習が可能です。吉田社長が手掛けるアプリには相続診断士の資格取得を目的とするものがあります。練習問題として過去問を中心に学習できる他に、受験者情報を入力すれば試験の申込みもできます。合格保証制度もあり、不合格の場合は受験料が返金されるので安心です。フォルスクラブの吉田社長が手掛ける相続診断士試験対策アプリは、スマートフォンやタブレットを利用して自由に学習を進めることができます。通勤の待ち時間や電車・バスの中、就寝前のすきま時間でも学習が可能です。時間を効率的に活用することが、資格試験の合格には重要となります。吉田社長が手掛けるeラーニングサービスでは、効率的に様々な知識を学ぶことができます。


【様々な知識を学ぶことが可能です】
フォルスクラブでは、相続診断士の資格試験対策以外にも様々な知識を学ぶことができます。1契約で5人まで利用できるので、家族全員で学べるのが大きな特徴です。幼児向けの音感教育や手話講座、小学生向けの英語アプリなどもあります。高校生向けのeラーニングサービスは国内最難関の国立大学出身者によって開発されました。ハイクオリティな内容や出題形式になっています。日本全国の教科書にも対応しており、授業の予習と復習を行なうことができます。


【社会に貢献するフォルスクラブのサービス】
日本国内には居住地によって学習環境に差が存在します。当然のことながら東京や大阪、名古屋のような大都市に居住しているほど有利です。しかし近年ではインターネットなど情報技術が発達し、地域間の差が縮まりつつあります。吉田社長が手掛けるフォルスクラブは、情報技術の活用により地域間の学習環境の差を解消し社会に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。