フォルスクラブとネズミ講は一体どんな関係が

ネズミ講と関連性は無いフォルスクラブ

昨今のネット上に置いて、ネズミ講とフォルスクラブの関連性があるといった内容のものがありますが、結論から言えばネズミ講とフォルスクラブは一切関係ありません。決定的な理由は、フォルスクラブはネズミ講のように商品がないわけではありません。 一方ネズミ講は違法性が高く逮捕されますが、これは商品がないのにお金だけが動いているからです。このような経済の原則に反するような行為が行われているのは、逮捕されても仕方がないと言えるでしょう。いずれにしても、フォルスクラブはまっとうな会社であり教材などを販売しているだけで商品が動いていますので一切違法性は無いわけです。

ネズミ講を作るのは時間がかかる

最近はあまり話を聞きませんが、昭和の終わり頃にはネズミ講が多発していました。当時はまだ新しいビジネスとしてそのようなものがあったことですが、お金欲しさにそこに参加する人もいるわけです。参加すると一定の割合でお金をもらうことができるわけではないものの、要は自分の子分を作っていけば子分が出したお金の1部をもらうことができる仕組みになります。この仕組みは一見優れているようで、何台も掘り下げるとおかしな現象が起こることがわかるでしょう。何故かと言えば、下のほうの人たちはほとんどお金をもらうことができないからです。やがて警察などにタレコミが入り、その結果ネズミ講の主催者は捕まる仕組みでしょう。このネズミ講自体は時間がかかるため短距離走などの短すぎる会話で相手に伝えることができません。

ネズミ講を構築するときの時間はどれぐらいか

徒競走や短距離走などの最中にネズミ講の内容を相手の人に伝えるのは非常に難しいです。それだけ時間がかかると言う事ですが、実際どれぐらいの時間がかかって1つのグループが形成されるのでしょうか。その間に御用になってしまっては意味がありませんが、御用にならないことを前提とすればやはり数ヶ月から1年以上かかります。スピードは、どれだけ人脈がある人を補足できるかでしょう。人脈がある人を細くすることができれば、それだけ多くの人が入ってくるわけです。

フォルスクラブをじっくりと時間をかけてできるのが魅力

フォルスクラブは、当然ネズミ講ではないものの会員の作り方もやはりネズミ講と比べて遅いのが特徴です。どれぐらいの時間がかかるかと言われがなかなか説明が難しいところですが、100人の人を増やすにも最初は数ヶ月かかるかもしれません。そして、一度形成された人たちはなかなか止める事はないでしょう。そのような、ネズミ講よりも頑強な絆で結ばれています。

フォルスクラブ人数を増やすためには、やはり実績が大切になるところかもしれません。実績を生み出すことで、多くの人が参加するようになりますがこのような人づてに人が増えていく様子は、あまり経費がかからないのが特徴です。宣伝等をする場合と異なり、口コミで広がっていけばそこにかかる経費も最小限で済ませることができます。非常に魅力的な仕組みといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。