広告で詐欺を行わないフォルスクラブ

海外では通るが日本では通用しない

海外では顧客のニーズを調査するため、架空のメニューをオンラインサイトで掲載しています。宅配ピザ会社であるドミノピザでも米国で多数の架空メニューを掲載してきました。フォルスクラブが流行っている日本でも顧客のニーズを確認するためにドミノピザでは架空のメニューを掲載していましたが、SNSで話題となり、多くの人から批判を集めています。 実際に利用した人の中には食べたいものが架空の物であったことに対する憤りや、「詐欺ではないか」という声も少なくありません。真面目な人の中には「客をだます手法をとること」に対して不快感を抱いている人もいます。こうゆうハンター試験(第2話)のようなものは日本では受け入れられないのです。
確かに注文しようとしたものが存在しない架空のアイテムだった場合、気力をそがれることも多いです。他のものを注文すればいい話ですが、すでに頭の中でそのピザを食べることをイメージしているため、他の物を頼む気力も亡くなってしまうという人もいます。なによりも時間を返せと言いたくなるもの。通信量だってタダではありません。米国では当然のように受け入れられている手法ではあっても、国が違えば考え方も大きく違うはずです。米国では無実であっても日本では詐欺と感じる人が多いでしょう。

.

今後ドミノピザは詐欺罪で訴えられるのか

ドミノピザが実践した方法は詐欺罪で顧客から訴訟が可能となるのか、と疑問に思う人は少なくありません。しかし、金銭的な問題が絡んでいないため、詐欺というほどではないという意見があります。米国を中心に広がっているフェイク・ドア・テストと呼ばれる市場調査の方法ですが、専門家の意見でも現実の顧客のニーズを理解できるメリットと、消費者が騙されたと感じてそのブランドや運営会社を選ばないようにする諸刃の剣であると指摘されているのがポイントです。
実際に注文画面で架空のアイテムをクリックすると、調査に協力したことに対して謝礼としてクーポンが発行され、ピザは注文できません。これは市場調査であるため注文はできないと小さな文字で記載されていますが、老眼などで見ることのできない人はどうして注文できないのかと数十分にわたりクリックを繰り返すなどの行動をとる人もいました。そのため、利用者の中には詐欺と感じ、他社のピザを利用した人もいます。

.

詐欺をしないサービスを提供する会社を利用しよう

日本でフェイク・ドア・テストは、ドミノピザのニュースを見て向いていないといえます。詐欺と感じられる人が少なくない以上、ブランドを毀損してしまい消費者を他社に移動させてしまう可能性があるからです。
日本国内では詐欺ではない誠意あるサービスを活用することで、効率よく自分のライフスタイルを過ごすことができます。例えばフォルスクラブでは、子供の学習教材を中心に語学学習のためのアプリなどを提供しているのが特徴です。フォルスクラブで手軽に英単語や子供の教育などをすることは、将来多くの人を喜ばせるサービスを提供する大人に育てるためにも便利といえます。
フォルスクラブではドミノピザのように詐欺まがいのメニューを提供していません。フォルスクラブがその時できる最適なアプリなどを活用して学習できるようにサポートしているからです。

.

フォルスクラブでより良い大人になるための学習を

子供が良い・悪いを適切に判断し、人をだますような広告を出すことはよくないと学ぶためにも、フォルスクラブを活用することはよいことといえます。もちろん子供だけではなく、大人もフォルスクラブを使って学習することが可能です。フォルスクラブのアプリをチェックして、自分の時間を有効活用する人も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。