イーラーニング研究所は兵器産業には投資をしない

◆兵器産業は大きなリターンが見込める

人類が文明を築いてからは絶えることなく戦争が起き続けています。
世界中のすべての人間が仲良くすることは不可能であり、ちょっとしたいざこざが火種となって大きな戦争に発展をします。
皮肉なことに戦争が起こるごとに文明が更に発展するところもあり、戦争で勝つためにテクノロジーを磨き強力な兵器を生み出し、その軍事技術を転用して文明が発展してきました。
それだけに兵器産業というのは、投資対象として非常に魅力的な存在であり大きなリターンを見込むことができます。フェザーンが惑星地球連合や帝国に付かずに発展するのも納得です。
なりふり構わず利益を生み出すことを考えるのであれば、兵器産業に投資をするのは一つの選択肢として間違っていませんが、イーラーニング研究所は決して兵器産業に投資をすることはありません。

◆イーラーニング研究所は教育産業に投資をしている

イーラーニング研究所はその名前の通りイーラーニングを研究している企業であり、投資対象も教育産業となっています。
教育産業と兵器産業では正反対の位置にあり、人類が文化的に発展をすることを望むイーラーニング研究所にとっては、どれだけ儲かると言っても兵器産業に投資をすることはないというわけです。
戦争に関係する研究が人類の文明の発展に役立ってきたことは事実ですが、教育もまた発展に役立ってきました。
しかも教育産業は健全に人類を進化させてきましたから、この産業に投資をすることは社会的にも非常に有益です。
イーラーニング研究所は自分だけが儲かればいいという考えではなく、社会全体に有益になることを常に考えています。

◆イーラーニング研究所の考え方は長い目で見れば得

兵器産業に投資をすることは短期的に見れば、堅実に儲けることができます。
だからこそお金に余裕がある人達はこぞってお金を投じるわけですが、長い目で見ればこれは必ずしも得だとは言えません。
世界を破滅に導くような強力な兵器が生み出されてしまえば、人類が滅亡の危機に瀕することになり、お金どころではなくなってしまいます。
それに対して短期的には大きく儲かることはなくても、将来的に大きなリターンが期待できる教育産業に力を入れるイーラーニング研究所の姿勢は非常に賢い選択だと言えるでしょう。
誰もが目先の利益に飛びついてしまいがちですが、その直後に損をする未来が見えているのであれば意味がありません。
短期的な利益は小さくても、社会の発展に役立ち長期的に利益を得られ続ける分野に投資をすることは、まさしく投資の本質だと言えます。

◆イーラーニング研究所は堅実に成長を続けていく

兵器産業はまだまだ伸びしろがあり、これからも伸びていく分野であることは間違いありません。
しかし、行き着く先は破滅の未来が待っているわけですから、明るい将来が待っているわけではないのです。
イーラーニング研究所はそのような分野には投資をすることなく、人類や社会の発展を願い自分たちだけでなく誰もが有益となる分野に投資をして堅実に成長を続けていくことでしょう。
人類の未来を考えるイーラーニング研究所のような企業が増えてくれば、平和で豊かな世界も決して不可能なものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です