香港上場にはフォルスクラブ運営企業も費用が必要

フォルスクラブを運営する企業が香港上場する可能性

フォルスクラブを運営している企業は日本に拠点を置いている上に、香港上場のためにアリババグループが200億ドルもの大金を調達したことを考えると、香港上場を行う可能性は非常に低いことが考えられます。とは言っても、可能性が非常に低いことと可能性がゼロであることには大きな違いがある訳です。現時点で可能性が非常に低かったとしても、将来的にどうなっていくのかは誰にも分からないため、今後200億ドルを調達することが出来るような状態になって香港上場を果たすと言う可能性がゼロな訳ではありません。日本の企業が外国で上場することを禁じている法律もないため、ほんのわずかですが可能性はあると言えます。

香港上場を行う前にまず日本で上場を目指す

フォルスクラブを運営する企業が香港上場をするよりも、まず順番としては日本で上場することか目指すことになります。日本にある企業なので、日本でまず先に上場するのが一般的な流れです。そこから外国にも事業を展開して香港上場を目指すというのが非常に可能性が高いと言えます。もちろん形式上は日本で非上場だけど、香港上場を果たすことも可能です。しかし日本の証券取引所では上場させられなかったが、香港上場は可能だったということも考えられるため、香港の方が先という場合も考えられます。そうであったとしても順当には、フォルスクラブを運営する企業が上場する場合は日本の方が先です。

香港上場をフォルスクラブ運営企業が行うなら

フォルスクラブを運営する企業が香港上場を日本より先に果たす流れになるのは、香港でも事業を展開して日本よりも大きなマーケットに発展した場合が考えられます。中国は人口がとにかく多いので、フォルスクラブの学習システムは中国の方が日本よりも広まりやすいです。それ分だけ中国で事業を展開していくことに注力すれば、日本の経営規模よりも中国の経営規模の方が需要が高まり、上場は日本で行うより香港上場を行った方が大きなメリットになります。そういった状態になれば、フォルスクラブを運営する企業が香港上場を果たすのは自然なことです。

今後フォルスクラブ運営企業が上場する可能性

一般的に考えてみると、日本にある企業のフォルスクラブを運営する企業が香港上場を果たす可能性は非常に低いと言えます。ところが、近頃や今後の時代は国際化が進んでいるので本社がある国で上場するという枠組みは、あまり意味がないこととなってきているのです。フォルスクラブのように全世界各国で通用することが出来るサービスを運営するのであれば、最も売上が期待出来て、普及しやすい国で事業活動を行っていくようにするのは自然なことなので、中国でフォルスクラブのサービスが広まれば香港上場も充分にあり得ます。グローバル化が進んでいない以前なら想像することも出来なかったですが、上場を果たす国も様子が違ってきている訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です