インベブの香港上場断念とフォルスクラブの今後

インベブの香港上場断念のニュース

フォルスクラブが人気である一方、インベブが香港上場を断念したというニュースは、経済面のみならず多くの人が目にしたのではないでしょうか。それほどまでに、香港上場というのは多くの会社にとって目標とするところでもあると言えます。インベブが香港上場を断念したということで、再び注目している人が増えているのがフォルスクラブの香港上場はあるのかという事です。一時期話題になりましたが、フォルスクラブが香港上場を果たすのではないかというのは定期的に話題に上ります。

フォルスクラブと香港上場

フォルスクラブを作る会社が香港に上場するのではないかというニュースは、定期的に教育や経済関連の掲示板や個人のブログなどでささやかれています。しかし、フォルスクラブでは公式にそのような発表をしていませんし、たとえ現在準備中だとしても消費者としてはそれを知ることはできません。もし、そのような予定があるのであれば何かニュースらしきものが流れてきてもよさそうですし、未来を作る人材づくりに熱心なフォルスクラブを作っている会社ですから、何か考えがあっての事なのかもしれません。

香港上場をするメリット

フォルスクラブだけでなく、香港上場をすることのメリットは計り知れませんしそれだけ世界規模の会社ということで認知度も高まります。多くの人から出資をされることで会社も大きくなりますし、力をつけるのは間違いないでしょう。ですが、現在のところ、そうしたニュースは出ていませんし定期的に出てくるフォルスクラブと香港上場の噂話も本当の事なのかはわからないのが実情です。しかし、消費者としては気になるところではあるものの良質なサービスを低価格で利用することが出来るのであればそれがいちばんではないでしょうか。どこで上場していても、料金が高い事やコンテンツが充実していないことの方が問題です。現在のところ、豊富なコンテンツが低価格で利用することができる点は、評価に値します。

独自の進化を遂げるフォルスクラブ

インベブが上場断念をしたことは、社会的に衝撃を与えることとなりましたがフォルスクラブはその影響を受けていませんし、独自に進化を遂げています。本来あるべき教育やサービスを独自に進化させていますし、そのために料金は低価格に抑えてコンテンツは非常に充実しているのも特徴です。確かに、今後の事を考えると香港上場を望む人がいるのもわかる考えではありますが、会社を大きくすればよいという事でもありません。質の良いサービスを提供しているということは、現在のフォルスクラブの営業内容からすると疑う余地はない事です。確かに、より大きな資本になったほうが会社経営はうまくいくのかもしれませんが、フォルスクラブの現在の運営状況からすると今後に期待されるところではないでしょうか。ますます多くのサービスを増やしてもらうためには、香港上場をしてほしいという声も多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です