フォルスクラブの吉田社長が目指す社会の展望とは

・フォルスクラブを手掛ける吉田社長の思いとは
株式会社イーラーニングの代表取締役社長の吉田智雄氏は、主に小中学生向けの教育コンテンツであるフォルスクラブを事業展開の主軸に据えており、その熱意溢れるユニークな取り組みは各メディアでも取り上げられ注目を集めています。その方法の独自性はインターネット空間をインフラに活用している点にあります。しかし学校教育の補助としてまず最初に想起されるのは従来型の塾や予備校に家庭教師など、講師と生徒が生で対面して講義形式で行うと言うものでした。その方法論には確立されたものがあり、あえてネットコンテンツで提供することは屋上に邑久を重ねる印象を抱く方もいるでしょう。しかし敢えてこの時代に各種の端末を駆使したインターネットを介在させるコンテンツには特別の意味が込められているのです。


・吉田社長はフォルスクラブをプラットフォームに教育格差の解消を目指す
従来型の塾形式を典型例とするスタイルの問題は、何と言っても費用が嵩む点にあります。確かに塾に通わなくても好成績を収めるお子さんがいるのも事実です。しかしそれは例外的事象であって、特別な才能に恵まれているからこそです。普通の家庭の子供が好成績を収めるには、高い月謝を支払ってでも塾に通う必要性が高いのは否定できません。その具体的費用は塾により開きがありますが、毎年30万円近く、場合によってはそれ以上の金額を学校教育費とは別枠で負担することを覚悟しなければならない訳です。
しかしこれでは親の経済的能力で可能性の限界は規定されることになるのです。これが吉田社長が教育機会の不均衡が生まれる主な原因と考えています。そこでフォルスクラブはリーズナブルな入会金と月謝で、教育費の負担を少なくしながらも、質の高い家庭教育の実践のサポートに熱意を傾けているのです。


・フォルスクラブはEラーニングの日本におけるさきがけになっている
そして吉田社長はフォルスクラブで、日本では先進的なEラーニングを先駆けて導入しているのは特筆すべき事項です。これは品質の高いコンテンツをさながら教室で講義を受けているかのような感覚で、授業全部をネット環境で済ませてしまうと言う野心的な取り組みです。しかも日本全国で使われている代表的なk評価書の内容に依拠しているので、フォルスクラブの講義が日々の学校学習との延長線上に位置づけることができるので、一層効率的な学習を可能にしているのです。


・フォルスクラブの吉田社長はコンテンツの充実と発展を常に怠らず、年代を越えた教育の機会均等を目指す
フォルスクラブの吉田社長のは小中学校の教育だけでなく人生のどの年代でも学習を必要とするニーズが存在することを的確にとらえ社会人向けのコンテンツの充実にも傾注しています。学生時代とは内容が変わりこそすれ、自主的に必要な分野の知識をとりいれるのは簡単なことではないのです。フォルスクラブの吉田社長が教育の機会均等を目指す事業はこれから先も発展を続けることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です