「仮想通貨」カテゴリーアーカイブ

eラーニング研究所と仮想通貨の関係について

eラーニング研究所は、パソコンやスマホ、タブレットなどのインターネットを使って学べる教材を提供している会社です。フォルスクラブの会員に登録して入会金を支払うと、一人の登録で家族5人までが利用できるシステムです。インターネットで学べるコンテンツは子どもから大人までが活用できるコンテンツを豊富にそろえていて、一人分の契約の月額6000円の支払いで家族も一緒に学習できるのです。

本来は、一人ひとりがそれぞれの学習塾やオンライン塾などに契約をして、それぞれが月額料金を支払うところ、eラーニング研究所の場合は家族の中で一人が契約をするだけで他の家族も使用できるので、経済的にあまり余裕がない家庭の人も誰もが平等に学習をする機会が得られます。またインターネットを使った学習法なので自宅ででもどこででも24時間いつでも利用できるため、他のことで忙しい人でも自由に学習時間を作ることが可能です。

eラーニング研究所のフォルスクラブでは、幼児向けにはタブレットを使った「幼児向け音感育脳システム」や小学生向けにスマホやタブレットを用いる「英語アプリ」、高校生向けの学習や大学受験対策講座、大人向けの英会話や手話、資格取得対策などのコンテンツが用意されています。それらに加えて、日常生活におけるトラブルや悩みをサポートする「お悩みホットライン」も利用することができます。

このような特徴を持つeラーニング研究所は、日本国内でネットで学習ができるシステムを普及させた源といえるのですが、eラーニングのコンテンツで主なものは英語です。いつでもどこでもスマホやタブレットがあれば英語の学習ができることで、仮想通貨の取引に関する海外の情報を知ることができます。仮想通貨の情報は著名人がSNSに投稿することが多いのですが、それらを投稿することによって仮想通貨の価値が変わることも多く、それらの投稿を信頼して取引をすると危険な場合もあるのです。しかしeラーニング研究所の教材の中でも大人向けのビジネス英会話では、仮想通貨などの投資に関する用語も効率的に学ぶことができるので、海外からの仮想通貨に関する最新の情報も正しく手に入れることができるというメリットがあります。

また、eラーニング研修所のビジネス英会話のコンテンツの中で、仮想通貨の取引をシミュレーションできる場面や英語で話せるチャットも用意されていて、実際の仮想通貨の売買に役立つ内容が盛り込まれています。
eラーニング研究所が提供するこのようなサービスを活用することで、海外の人たちと日常の会話が楽しめるというだけでなく、仮想通貨などの投資もSNSなどの情報に振り回されずに正しい情報を得ながら行うことができるという可能性を持っているのです。

eラーニング研究所のサービスは、インターネットでいつでもだれでも学習できるという新しい形の学習法を生み出しただけでなく、また新しい形である仮想通貨への投資法も学べます。eラーニング研究所では利用する人たちに対して定期的なアンケートを行っているのですが、仮想通貨に関して子どもたちの半数以上が興味を持っているという結果も出ています。

eラーニング研究所で仮想通貨のビットコインを学ぼう

eラーニング研究所を利用のみなさん、仮想通貨という言葉を聞いたことはありませんか。仮想通貨とは、インターネットを介して電子的な決算を行える通貨のことです。暗号通貨のビットコインの登場で大きく取り上げられることになりました。今回のeラーニング研究所ではこのビットコインを取り上げながら仮想通貨とは何か説明します。

ビットコインは2008年に論文という形で紹介された通貨です。eラーニング研究所にとって興味深いのは、発表したのは日本人を思わせる名前のサトシ・ナカモトという点です。実はビットコインの理論的な提唱者のサトシ・ナカモトは未だに誰であるか特定されていません。高名な数学者とも予想されていますが、eラーニング研究所はもとより世界中の誰もまだ開発者が誰か分かっていません。しかし、匿名の人間によって通貨の歴史を変えるような発明が行われた点は、現代のネット文化を表しているとも言えるでしょう。それでは、仮想通貨はどのような技術によって成立しているのでしょうか。

ビットコインは、Peer to Peer(P2P)と呼ばれるコンピュータ・ネットワークシステムにより運営されています。Peer to Peerはネットワークに接続されたコンピュータ同士が直接通信する技術です。実はPeer to Peerの技術を開発したのも日本人です。そのため、仮想通貨は日本人の想像力が非常に重要な役割を果たしていると言えます。仮想通貨は相互に通信される技術を介して、個人間で直接送金できることがメリットです。これまで個人間の送金は銀行振込を使うことが一般的でした。銀行振込は送金から着金までに時間がかかります。海外送金は振り込みから着金まで数日かかることも珍しくありません。これがビットコインなら数十分で完了します。このスピード感が大きなメリットです。

手数料がきわめて少ないことも利点の一つです。もう一度、銀行を例にすると引き出しや送金には手数料がかかることがあります。それは、銀行が現金を保有するために大きな金庫が必要だったり、管理する人間が必要だったりといろいろな費用がかかっており、それが手数料に反映しているためです。しかし、仮想通貨はこの費用を抑えられます。もちろん運用するための費用はかかっていますが、設備費や人件費などは銀行とは比べ物にならないほど安くなります。比べてみると10万円を海外へ送金する場合、銀行なら数千円かかるところが、仮想通貨なら数百円ほどです。世界中で同じ通貨を利用できるので、両替の手数料もかかりません。

ここまでeラーニング研究所は仮想通貨を説明してきました。ただ、ビットコインはここ数年で非常に発展してきた通貨なのでeラーニング研究所で説明したのはほんの一部です。eラーニング研究所はこの他にも仮想通貨にまつわるトピックを様々紹介しています。eラーニング研究所の他のトピックも、ぜひ読んでみてください。

eラーニング研究所で仮想通貨学習は子供には早過ぎる?

仮想通貨はお金というよりも投資のイメージが強い?

仮想通貨というワードが近年人気上昇中です。海外では「Cryptocurrency」と呼ばれていることから、日本でも暗号資産という呼び方を一般的にすると金融庁が発表しました。なので、暗号資産と呼んだほうが一般的なのですが、この記事では昔からの呼び名である仮想通貨と呼ぶことにします。


日本ではまだあまり普及しておらず、決済方法としては使えないことのほうが多いです。コンビニやスーパーで「仮想通貨で決済をしたい」と言っても、対応してくれることはほとんどありません。現在は一部の電気店やネットショップのみ対応しているという状況です。なので、決済手段というよりも投資のイメージが強いです。

.

eラーニング研究所では現在のところ仮想通貨学習はない。

仮想通貨決済に対応しているお店がほとんどないので、子供に仮想通貨をお小遣いで渡しても子供は困るかもしれません。将来的には世界共通のマネーとなることが目標とされていますが、現在のところは投資方法として普及している部分が強いので、子供に教えるのはまだ早いと言えます。投資にはリスクもあり、失敗したら大金を失うこともあります。数百万円のお金が一夜でゼロになることもある世界ですので、よほどのお金持ちでもない限り子供に投資をさせることはできないでしょう。取引所に口座開設をするためには基本的に年齢制限があります。20歳以上という制限をかけている取引所が多数派です。一部の取引所では親の同意があれば未成年も口座開設できます。こういった理由もあってeラーニング研究所では仮想通貨学習コースはないものと思われます。

.

将来的にはeラーニング研究所に仮想通貨学習コースができる?

eラーニング研究所は大人から子供までを対象にしています。大人向けのコースなら、仮想通貨学習コースができるかもしれません。その際には、投資に関する勉強をするコースとなるのではないでしょうか。もしくは、プログラミングの勉強をして仮想通貨を作るコースなどもできるかもしれません。どちらにしても内容は専門的になりそうなので、大人向けのコースとなるでしょうね。

.

eラーニング研究所は変化の多い時代を生き抜いてきた。

eラーニング研究所は2002年9月に設立されています。インターネットの普及、スマートフォンの普及など変化の多い時代です。そんな時代を18年も生き抜いてきたのがeラーニング研究所です。なので、これから仮想通貨がもっと普及したら、eラーニング研究所は子供向けの仮想通貨学習にも対応するかもしれませんね。子供未来キャリアで仮想通貨について教えるのは、正直まだ早いような気がします。法律がもっと整備されて、コンビニやスーパーなどでも気軽に使えるようになったら、子供にも教える必要が出てくるでしょう。問題は何年後くらいにそれが実現するのかです。仮想通貨という技術はまだ新しく、実用面で不安があります。実用化するのが何年後になるのか、だれにも予想できません。