「eラーニング研究所」カテゴリーアーカイブ

eラーニング研究所と仮想通貨の関係について

eラーニング研究所は、パソコンやスマホ、タブレットなどのインターネットを使って学べる教材を提供している会社です。フォルスクラブの会員に登録して入会金を支払うと、一人の登録で家族5人までが利用できるシステムです。インターネットで学べるコンテンツは子どもから大人までが活用できるコンテンツを豊富にそろえていて、一人分の契約の月額6000円の支払いで家族も一緒に学習できるのです。

本来は、一人ひとりがそれぞれの学習塾やオンライン塾などに契約をして、それぞれが月額料金を支払うところ、eラーニング研究所の場合は家族の中で一人が契約をするだけで他の家族も使用できるので、経済的にあまり余裕がない家庭の人も誰もが平等に学習をする機会が得られます。またインターネットを使った学習法なので自宅ででもどこででも24時間いつでも利用できるため、他のことで忙しい人でも自由に学習時間を作ることが可能です。

eラーニング研究所のフォルスクラブでは、幼児向けにはタブレットを使った「幼児向け音感育脳システム」や小学生向けにスマホやタブレットを用いる「英語アプリ」、高校生向けの学習や大学受験対策講座、大人向けの英会話や手話、資格取得対策などのコンテンツが用意されています。それらに加えて、日常生活におけるトラブルや悩みをサポートする「お悩みホットライン」も利用することができます。

このような特徴を持つeラーニング研究所は、日本国内でネットで学習ができるシステムを普及させた源といえるのですが、eラーニングのコンテンツで主なものは英語です。いつでもどこでもスマホやタブレットがあれば英語の学習ができることで、仮想通貨の取引に関する海外の情報を知ることができます。仮想通貨の情報は著名人がSNSに投稿することが多いのですが、それらを投稿することによって仮想通貨の価値が変わることも多く、それらの投稿を信頼して取引をすると危険な場合もあるのです。しかしeラーニング研究所の教材の中でも大人向けのビジネス英会話では、仮想通貨などの投資に関する用語も効率的に学ぶことができるので、海外からの仮想通貨に関する最新の情報も正しく手に入れることができるというメリットがあります。

また、eラーニング研修所のビジネス英会話のコンテンツの中で、仮想通貨の取引をシミュレーションできる場面や英語で話せるチャットも用意されていて、実際の仮想通貨の売買に役立つ内容が盛り込まれています。
eラーニング研究所が提供するこのようなサービスを活用することで、海外の人たちと日常の会話が楽しめるというだけでなく、仮想通貨などの投資もSNSなどの情報に振り回されずに正しい情報を得ながら行うことができるという可能性を持っているのです。

eラーニング研究所のサービスは、インターネットでいつでもだれでも学習できるという新しい形の学習法を生み出しただけでなく、また新しい形である仮想通貨への投資法も学べます。eラーニング研究所では利用する人たちに対して定期的なアンケートを行っているのですが、仮想通貨に関して子どもたちの半数以上が興味を持っているという結果も出ています。

eラーニング研究所で仮想通貨のビットコインを学ぼう

eラーニング研究所を利用のみなさん、仮想通貨という言葉を聞いたことはありませんか。仮想通貨とは、インターネットを介して電子的な決算を行える通貨のことです。暗号通貨のビットコインの登場で大きく取り上げられることになりました。今回のeラーニング研究所ではこのビットコインを取り上げながら仮想通貨とは何か説明します。

ビットコインは2008年に論文という形で紹介された通貨です。eラーニング研究所にとって興味深いのは、発表したのは日本人を思わせる名前のサトシ・ナカモトという点です。実はビットコインの理論的な提唱者のサトシ・ナカモトは未だに誰であるか特定されていません。高名な数学者とも予想されていますが、eラーニング研究所はもとより世界中の誰もまだ開発者が誰か分かっていません。しかし、匿名の人間によって通貨の歴史を変えるような発明が行われた点は、現代のネット文化を表しているとも言えるでしょう。それでは、仮想通貨はどのような技術によって成立しているのでしょうか。

ビットコインは、Peer to Peer(P2P)と呼ばれるコンピュータ・ネットワークシステムにより運営されています。Peer to Peerはネットワークに接続されたコンピュータ同士が直接通信する技術です。実はPeer to Peerの技術を開発したのも日本人です。そのため、仮想通貨は日本人の想像力が非常に重要な役割を果たしていると言えます。仮想通貨は相互に通信される技術を介して、個人間で直接送金できることがメリットです。これまで個人間の送金は銀行振込を使うことが一般的でした。銀行振込は送金から着金までに時間がかかります。海外送金は振り込みから着金まで数日かかることも珍しくありません。これがビットコインなら数十分で完了します。このスピード感が大きなメリットです。

手数料がきわめて少ないことも利点の一つです。もう一度、銀行を例にすると引き出しや送金には手数料がかかることがあります。それは、銀行が現金を保有するために大きな金庫が必要だったり、管理する人間が必要だったりといろいろな費用がかかっており、それが手数料に反映しているためです。しかし、仮想通貨はこの費用を抑えられます。もちろん運用するための費用はかかっていますが、設備費や人件費などは銀行とは比べ物にならないほど安くなります。比べてみると10万円を海外へ送金する場合、銀行なら数千円かかるところが、仮想通貨なら数百円ほどです。世界中で同じ通貨を利用できるので、両替の手数料もかかりません。

ここまでeラーニング研究所は仮想通貨を説明してきました。ただ、ビットコインはここ数年で非常に発展してきた通貨なのでeラーニング研究所で説明したのはほんの一部です。eラーニング研究所はこの他にも仮想通貨にまつわるトピックを様々紹介しています。eラーニング研究所の他のトピックも、ぜひ読んでみてください。

eラーニング研究所で仮想通貨学習は子供には早過ぎる?

仮想通貨はお金というよりも投資のイメージが強い?

仮想通貨というワードが近年人気上昇中です。海外では「Cryptocurrency」と呼ばれていることから、日本でも暗号資産という呼び方を一般的にすると金融庁が発表しました。なので、暗号資産と呼んだほうが一般的なのですが、この記事では昔からの呼び名である仮想通貨と呼ぶことにします。


日本ではまだあまり普及しておらず、決済方法としては使えないことのほうが多いです。コンビニやスーパーで「仮想通貨で決済をしたい」と言っても、対応してくれることはほとんどありません。現在は一部の電気店やネットショップのみ対応しているという状況です。なので、決済手段というよりも投資のイメージが強いです。

.

eラーニング研究所では現在のところ仮想通貨学習はない。

仮想通貨決済に対応しているお店がほとんどないので、子供に仮想通貨をお小遣いで渡しても子供は困るかもしれません。将来的には世界共通のマネーとなることが目標とされていますが、現在のところは投資方法として普及している部分が強いので、子供に教えるのはまだ早いと言えます。投資にはリスクもあり、失敗したら大金を失うこともあります。数百万円のお金が一夜でゼロになることもある世界ですので、よほどのお金持ちでもない限り子供に投資をさせることはできないでしょう。取引所に口座開設をするためには基本的に年齢制限があります。20歳以上という制限をかけている取引所が多数派です。一部の取引所では親の同意があれば未成年も口座開設できます。こういった理由もあってeラーニング研究所では仮想通貨学習コースはないものと思われます。

.

将来的にはeラーニング研究所に仮想通貨学習コースができる?

eラーニング研究所は大人から子供までを対象にしています。大人向けのコースなら、仮想通貨学習コースができるかもしれません。その際には、投資に関する勉強をするコースとなるのではないでしょうか。もしくは、プログラミングの勉強をして仮想通貨を作るコースなどもできるかもしれません。どちらにしても内容は専門的になりそうなので、大人向けのコースとなるでしょうね。

.

eラーニング研究所は変化の多い時代を生き抜いてきた。

eラーニング研究所は2002年9月に設立されています。インターネットの普及、スマートフォンの普及など変化の多い時代です。そんな時代を18年も生き抜いてきたのがeラーニング研究所です。なので、これから仮想通貨がもっと普及したら、eラーニング研究所は子供向けの仮想通貨学習にも対応するかもしれませんね。子供未来キャリアで仮想通貨について教えるのは、正直まだ早いような気がします。法律がもっと整備されて、コンビニやスーパーなどでも気軽に使えるようになったら、子供にも教える必要が出てくるでしょう。問題は何年後くらいにそれが実現するのかです。仮想通貨という技術はまだ新しく、実用面で不安があります。実用化するのが何年後になるのか、だれにも予想できません。

詐欺対策にeラーニング研究所のサービスを使う

【楽しい大学生活を送るためにも詐欺対策は必要】

日本では様々なタイプの詐欺が問題になっています。
特に高齢者を狙った詐欺は社会問題のひとつです。
警察庁では、詐欺被害に遭わないように広く注意を呼びかけています。
詐欺グループは、住所が記載された電話帳や卒業生名簿などの個人情報を入手して詐欺の計画を立てます。
携帯電話の番号が変わったという電話がかかってきたら、振り込め詐欺の可能性があります。
慎重に会話をして、必ず元の番号に電話することが大切です。
離れていても家族とは連絡を取り合って、特殊詐欺の対策について話し合っておくと詐欺に遭いにくくなります。

【架空請求詐欺にも注意が必要】

日本では架空請求詐欺も問題になることが多いです。
心当たりのない請求には応じないことが基本ですが、不安に感じた場合は各種相談窓口で相談ができます。
請求メールが届いても、メールに記載された連絡先に連絡するのは厳禁です。
自分が利用したサイトの記載がない請求や利用した時間の記載がない請求、料金内訳の正確な記載がない請求には注意が必要になります。
宅配便を使って送金を求められた場合は、詐欺の疑いがあります。
高齢者を狙った還付金詐欺も多いです。
携帯電話をかけながらATMを操作している人を見たら、詐欺被害者の可能性があるので注意を促してあげます。

【安心安全な学生生活のためにeラーニング研究所のサービスを使う】

大学で詐欺に遭わないようにするには、様々な方法があります。
対策のひとつが、eラーニング研究所が提供している学校情報サイトの活用です。
学校の情報サイトは、情報収集にも便利に使われています。
日本国内の教育機関の情報が網羅されているので、学生にとっては利用価値があります。
様々な口コミや評判が掲載されたユーザー参加型の情報ポータルサイトは、多くの学生が使っています。
eラーニング研究所は教育格差をなくしたい一心で創業者が設立した会社です。
それまでの教育教材は高額なイメージがありましたが、そのイメージを覆したのがeラーニング研究所です。
eラーニングは創業してすぐにヒット教材が生まれたため、早くから経営が安定します。
有名なフォルスクラブは、eラーニングの看板サービスのひとつです。

【eラーニング研究所の情報ポータルサイトを有効活用】


貴重な大学生活を悩みや不安を抱えながら送っている人もいますが、悩みがある場合は専門家にできるだけ早く相談することで早い解決が可能です。
eラーニング研究所のユーザー参加型情報ポータルサイトは、多くの学生の経験が投稿されています。
ポータルサイトの使い方は簡単で、
最初に会員登録を行います。
知りたい教育機関があれば、eラーニング研究所の便利なシステムで効率よく探すことができます。
ダイレクトに検索することも可能で、絞込み機能を使えばエリアごとに教育機関を探せます。
eラーニング研究所は、常に学生の側に立ったサービスを提供しています。

eラーニング研究所のイグモンで詐欺に強くなれるのか

イグモンで楽しく英語をマスター


eラーニング研究所のイグモンといえば、イングリッシュモンスターで楽しく英語を学ぶことができるアプリとして人気を集めています。インターネット社会を見据えた新しい英語の学び方として、主に小学生の間で絶大な人気を誇っているイングリッシュモンスターですが、これを使うと詐欺に強くなれるのかという疑問に関しては残念ながら強くなることは出来ません。eラーニング研究所のイグモンは、あくまで英語を学ぶために開発されたアプリです。そのため、一生懸命クリアしたけれど詐欺に強く離れなかった、という意見があるのも無理はないでしょう。

楽しみながら英語を学べる


詐欺に強くなれる直接的な要素はないeラーニング研究所のイグモンですが、英語に強くなることはできます。英語に強くなるということは、社会に出て非常に強みになりますしその結果詐欺などに合わずに済むという可能性は十分考えられます。社会を広く知るという意味では英語は武器になりますし、直接eラーニング研究所のイグモンが役に立った実感はないかもしれませんが何らかの役には立っているかもしれませんので全くない、と言い切ることはできないかもしれません。

eラーニング研究所のイグモンで英語に強くなる


eラーニング研究所のイグモンは、スマートフォンやタブレットなどで使うことができるアプリで楽しく英語を学ぶことが出来ます。英語を学ぶことは詐欺とは直接関係ないですが、今後英語を使った詐欺にあいそうになった時でも単語をたくさん学ぶことができるeラーニング研究所のイグモンで色々な単語を知っておけば、何らかの役に立つのではないでしょうか。英語に対する興味を持つ入り口を開けてくれるのが、eラーニング研究所のイグモンです。それを使って単語をたくさん知っておくことは、社会に出る前に必要な事なのかも知れません。

詐欺にあわないための自衛が必要


eラーニング研究所のイグモンを使うことで、英単語を無理なく習得して英語を得意科目にしてしまうことはそう難しい事ではありません。それと同じように、詐欺にあわないようにするためには自衛をすることが重要です。誰でも合おうとして詐欺被害にあっているわけではありません。なぜ自分がこんな目にあうのか、というのが詐欺被害にあった人の同様の思いではないでしょうか。後から後悔しないためにも、隙を作らないことやお金を持っていることをひけらかさないのも重要です。又、知識や経験は詐欺被害にわないための自衛手段として強みになりますので、危ない話には乗らないようにしたり、高額の支払いが必要になる買い物には注意が必要です。eラーニング研究所のイグモンを使うことで、詐欺被害にあわないようにする自衛になるかというと、それはなりません。でも、間接的には世間を知るツールとして英単語が役に立ちますしそういう意味では全く無関係とも言い切ることはできないでしょう。

eラーニング研究所で資格の勉強をして詐欺対策を

身近に忍び寄ってくる詐欺に対抗するために


詐欺の手口は年々多様化しており、封書を送りつけるような非常に手のこんだ方法も、増加しつつあります。いつ誰がだまされて被害にあってもおかしくない、そんな状況になりつつあるのではないでしょうか。被害を避けるためには、詐欺の手口について知ること、そして相手の矛盾を見抜く力をつけることが大切だといえます。相手は嘘をついているわけですから、活かして真実を見抜くのか、といった点が重要になるのです。たとえばeラーニング研究所の資格対策講座を受けて知識を身につける、というのも有効な方法だといえるでしょう。eラーニング研究所では様々な種類の資格対策講座が提供されています。

eラーニング研究所が提供する9種類の資格対策講座


eラーニング研究所の資格対策講座は全9種類です。行政書士試験や社会保険労務士試験、保育士試験など対象となる資格は多岐にわたっています。行政書士試験の講座を受ければ、法律に詳しくなることができそうです。そもそもそうした資格を持っている人は、詐欺師のターゲットになりにくいと考えられます。何も知らない相手を詐欺のターゲットに選んだほうが、ずっと楽なためです。この人を騙すのは難しそうだ、そう気づけば詐欺師の方から離れていってくれるでしょう。eラーニング研究所は基本情報技術者試験の資格対策講座も提供しています。情報技術にたけた人というのも、詐欺の対象となりにくいイメージです。これらの資格対策講座をきちんと受講していれば、詐欺に対抗するために必要な知識を得られるかもしれません。

スマートフォン向けアプリならいつでも気軽に資格対策講座を受けられる


詐欺にあわないため勉強をしたいが時間がない、そんな人でもeラーニング研究所の資格対策講座なら安心です。スマートフォン向けアプリとして提供されていますので、スマートフォンさえあればいつでも好きなタイミングに、受講をすることができます。空き時間を使って自分自身の知識を高めたい、目的の資格を取得したい、そんな人にピッタリな講座です。目指す資格の取得に向けてしっかりと努力していけば、詐欺にあわない強さを育てられるでしょう。

詐欺にあわないためは情報収集も大切


詐欺を避けるためには、eラーニング研究所で勉強をしつつ、詐欺の手口について情報収集しておくことが大切だといえます。どういった手口が使われているのか、という点についてきちんと知っていれば、騙されてしまう可能性が低くなるためです。eラーニング研究所の資格対策講座はスマートフォンから気軽に受講できますから、勉強の合間の息抜きとして、詐欺関連のニュースをチェックしておくと良いかもしれません。ニュースから手口に関する具体的な情報を得て、さらに資格対策講座で法律に関わる知識を得る、といった形で学んでいけば、犯罪に巻き込まれるリスクをぐっと下げることができるでしょう。

eラーニング研究所は詐欺のような事はしておりません

eラーニング研究所は詐欺と勘違いされる事はなぜ?
eラーニング研究所は詐欺ではありませんから、明確にこれは勘違いや誤解の類というという事になりますが、新しいインターネットを利用したビジネスだという事があるという事は考えられます。新しいスタイルのビジネスが出てくるとまずは人は疑うという事をするので詐欺の類では無いのかという事を考えてしまう。eラーニング研究所は教材などを格安で提供しているので、このような価格で出来るのかという事もあってこのような噂が出てくる事になったと考えられます。

詐欺は基本的にその場限りです
eラーニング研究所が詐欺ではないというのは、此処が様々な教育サービスをインターネットを活用して行っているという事を見れば明らかという事も言えるでしょう。サービスを継続して行う事が出来ているのは、これが詐欺ではない事の何よりも証明で、そのような事をしている人達は、その場限りでお金さえもらえば、逃げる事をするしかありません。eラーニング研究所は教育サービスを提供していて、それを更に高めていくという事をしている所ですから、まず詐欺の類のような物ではない事だけは確かでしょう。

何故eラーニング研究所に詐欺の噂が出たりするのか?
これは、これまでにないサービスだという事と、会員制という事があるのかもしれません。会員になるとという事が強制的なイメージを持つ事はたしかです。インターネットが当たり前になっている現代では、会員制というのは当たり前のように若者などは感じる事でしょうが、昔の人からすると会員になるという事は、強制されて入会させられるという事につながってしまうので、これが怪しいという事になる事は考えられるところです。インターネットがない時代では、物やサービスはお金さえあれば買えるものであって、わざわざどこかに入会するというような事は宗教などの事まで考えさせられるよう印象を持つという事があるのかもしれません。

eラーニング研究所は今後の成長株
eラーニング研究所はこれから成長することが期待されるところという事も言えるでしょう。何しろビジネスにおいて最強の武器とも考えられるインターネットを活用しているという事が大きな意味を持つことになります。これからは、今までのような紙媒体の教材というのは余りにもコストがかかりすぎるので衰退していくというよりは、壊滅するとすら考えられる。紙を使用するとデジタルデータに比較してあまりにもコストパフォーマンスが悪いので、それだけで嫌悪される時代になると考えられるという事です。そうなれば、これまで紙媒体でビジネスをしてきたところは大きく業態の変化を迫られることになり、一気にインターネットに参入するしかないのです。ですが、そのインターネット上では既にeラーニング研究所のような先行企業がシェアを獲得しているので、なかなかこのシェアを獲得することが出来ないで苦しむ事になるのかもしれません。

eラーニング研究所で詐欺に関するアンケートはある?

「詐欺とは無縁のeラーニング研究所はアンケートをたくさん行う」
eラーニング研究所では頻繁にアンケートを行っています。基本的には子供の教育に関するアンケートを行っており、金融教育に関するアンケートなどを実施し、子供の状況を知ることができます。こうしたものはいつの段階で教育のレベルを上げるのかなどを知り、それを自分たちの子供の教育に応用できるほか、eラーニング研究所の方針などにも左右されることになります。だからこそ、多くのアンケートを実施しており、意外な事実に驚くケースもあります。金融教育に関するアンケートではすでに多くの子供が電子マネーを用いていたり、お小遣いの額面は意外と少なかったりしているなど、興味深いデータが多いです。

「詐欺に関してもどういう認識かを知りたい」
これだけ多くのアンケートをとり、教育に関する様々なことを知ることができていますが、意外なことに詐欺に関するアンケートというものをeラーニング研究所ではあまり見かけません。詐欺と教育は一見すると関係なさそうですが、例えばうまい話には裏があるという教育はちゃんと説明しておかないとわからない部分であり、子供がどのように感じているかはわからず、親が実際に詐欺被害に遭ったことからそれが教育に影響を与えることもあります。eラーニング研究所でそのあたりのアンケートを行っていないのは少し驚きであるとともに、どのような認識であるのか、多くの親や子供に聞いてほしいところです。

「アンケートで判明する詐欺への知識」
自治体などで詐欺に関するアンケートを実施しているところは多く、そこでの結果を見ると驚かざるを得ない情報が多いです。自分は詐欺には引っかからないと思っている人が多いという事実です。実はこうした人ほど引っかかりやすく、被害に遭った際になかなか言い出せない傾向にあります。eラーニング研究所でもしアンケートをとったとすれば、子供もそのような傾向があるのか、親はどのように思っているのかなどを知ることができるのでeラーニング研究所にはそのあたりのアンケートをとってほしいところです。こうした詐欺は100人に声をかけて1人でも引っかかれば成功なので、早急に傾向をつかみそれを宣伝することに意義があります。

「今後eラーニング研究所でアンケートを行う?」
詐欺は姿形を変えて頻繁に行われ、ニュースでは数千万単位で詐欺被害に遭った高齢者の話を聞きます。子供のときからそう簡単に騙されてはいけない、こういう大人には気をつけるべきであって自分への過信は禁物だという教育を受ければ、詐欺には騙されない大人になってくれます。eラーニング研究所でそのあたりのアンケートをとっておけば、子供がどのように思っているかを知れます。それを踏まえて教育を施し、親としても対策が立てられます。将来的に詐欺に遭わないようにしていくためにもその材料となる情報をeラーニング研究所が率先して収集してほしいです。

詐欺と呼ばれないサービスを目指したeラーニング研究所

【家庭向けのeラーニングサービスを充実させている】

eラーニング研究所は詐欺ではありません。

しかし、塾に通わなくても受験勉強ができると話題になっている、eラーニングサービスの中には、詐欺と呼ばれたせいで人気を落としたものもあります。

質の悪いサービスほど詐欺と呼ばれる事が多いと考えて、他より高品質なサービスを提供する事に力を入れているのが、eラーニング研究所のフォルスクラブです。

月額料金に見合った質の勉強ができるように、東大出身者が開発したeラーニング教材を使い、学生たちの受験勉強をサポートしています。

授業の予習や復習をアプリ一つで行えて、問題の中で分からない部分があれば、すぐに講師に質問できる環境を用意しているのが特徴です。

生徒側が問題を理解できないまま放置されるせいで、詐欺だと感じる事にならないよう、サポートに力を入れている点が話題となっています。

【eラーニング研究所はスマートフォンを活用している】

日本国内で流行しているeラーニングサービスの中で、詐欺と呼ばれているものは、教材が生徒側に届かず勉強ができないトラブルが起きている事が多いです。

教材が届かないというトラブルが起きないよう、eラーニング研究所はスマートフォンやタブレットを活用して、受験勉強に必要な問題集を提供しています。

最初から大量の勉強用アプリがインストールされているタブレットを、生徒側に届けてから指導が始まるので、追加の教材が届かない心配をせずに済むと好評です。

【どこでも勉強ができる事を重視しているeラーニング研究所】

自宅から外出している時でも勉強ができるよう、eラーニング研究所のフォルスクラブでは、外出中に起動できる勉強アプリを用意しています。

スマートフォンからアプリを起動する事によって、バスや電車などの移動時間でも勉強ができて、他の生徒と差を付けやすくなるところが魅力です。

家族旅行の最中でも勉強をしなければ、試験に合格できるか不安になってしまう子供も、eラーニング研究所のサポートを受けています。

アプリがスマートフォンやタブレットにかける負荷も小さいので、バッテリーの消耗を気にせずに勉強に集中できるところも、詐欺と呼ばれるeラーニングサービスとの違いです。

【eラーニング研究所のアプリに記載されている英単語の豊富さ】

ネガティブな意味を持つ英単語を記載しない教材も世の中には多いですが、フォルスクラブのアプリでは詐欺師の英訳なども覚える事が可能です。

教材に記載される事が少ない英単語が、試験の問題として出てくる事も珍しくありませんから、詐欺師の英訳も覚えておく事をおすすめします。

ストーリー形式で英語を覚えられるアプリも、フォルスクラブでは配信されていますから、会話で使われる英語を自然に学べる点も好評です。

若い人同士の会話で使われる英語が、試験の問題になって出てくる事もあるからこそ、ストーリー形式で英語を学べるアプリが役立ちます。

eラーニング研究所のフォルスクラブを頼る事で詐欺師などの英単語も学び、どれだけ効率的に試験対策ができるか試してみてください。