「イーラーニング研究所」カテゴリーアーカイブ

仮想通貨のない経済を体験できたイーラーニング研究所イベント

イーラーニング研究所が開催した子ども未来キャリア体験会

イーラーニング研究所は、2020年8月23日に子ども未来キャリア体験会を開催しました。
開催した子ども未来キャリア体験会では、120分をとして他の子どもたちと協力する大切さをしれるゲームに挑戦したそうです。
他の子どもたちと協力するというのは、さまざまな場面で役立ちますし好影響をもたらしてくれます。 続きを読む 仮想通貨のない経済を体験できたイーラーニング研究所イベント

実績があるイーラーニング研究所と仮想通貨

【イーラーニングサービスとイーラーニング研究所】

パソコンとインターネットのおかげで楽に買い物ができるようになり、人々の生活は快適になっています。
教育の分野でもIT化が進み、注目度が高まっているのがイーラーニングです。
イーラーニングはパソコンやタブレット、スマートフォンを使った学習システムで世界中で導入されています。 続きを読む 実績があるイーラーニング研究所と仮想通貨

仮想通貨ではなくイーラーニング研究所のサービスを活用

【日本でも人気を集めている仮想通貨】

仮想通貨は暗号資産とも呼ばれ、世界中で使われています。
仮想通貨には様々な特徴がありますが、大きな特徴は2点あります。
ひとつは特定の国家が価値を保証していない資産だという点で、もうひとつは暗号化されたデジタル資産という点です。 続きを読む 仮想通貨ではなくイーラーニング研究所のサービスを活用

イーラーニング研究所と投資信託協会

【イーラーニング研究所の東京支社からも近い投資信託協会】

1957年7月10日に設立された投資信託協会は、投資信託に関わっている金融機関や運用会社により設立されています。
協会は投資運用業務の健全な発展と投資者の保護を目的に活動します。 続きを読む イーラーニング研究所と投資信託協会

イーラーニング研究所は兵器産業には投資をしない

◆兵器産業は大きなリターンが見込める

人類が文明を築いてからは絶えることなく戦争が起き続けています。
世界中のすべての人間が仲良くすることは不可能であり、ちょっとしたいざこざが火種となって大きな戦争に発展をします。
皮肉なことに戦争が起こるごとに文明が更に発展するところもあり、戦争で勝つためにテクノロジーを磨き強力な兵器を生み出し、その軍事技術を転用して文明が発展してきました。 続きを読む イーラーニング研究所は兵器産業には投資をしない

イーラーニング研究所を活用して教育に投資

【投資には様々な種類がある】

多くの人が将来を考えて投資を行っていますが、投資には様々な種類があります。
昔から広く知られているのが株式投資や不動産投資、金投資です。
最近はFXも人気を集めています。
株式は金融資産と呼ばれ、投資している会社がなくなると価値がゼロになってしまうケースがあります。 続きを読む イーラーニング研究所を活用して教育に投資

マルチ商品ではない子どもが喜んで勉強するイーラーニング研究所

勘違いされやすいイーラーニング研究所

あまり有名でない企業が積極的に自社サービスの宣伝をしていると、怪しいと思う人も多いです。
実際に有名な会社であるほど信用度が高いので、名前が知られていない会社のサービスが不利になるのは仕方がありません。
子ども向けのスクール事業を展開するイーラーニング研究所についても、一部にはマルチ商品ではないかと言った意見も見受けられます。
しかしイーラーニング研究所のスクール事業は、悪名高いマルチ商品ではありません。
子ども向けに様々なアプリを通して、学習をサポートしている事業です。
一度はまると抜け出しにくくなるマルチ商法ではないので、勘違いしないようにしましょう。

子どもが進んで勉強したくなるイーラーニング研究所のスクール事業

マルチ商品ではないイーラーニング研究所のスクール事業は、具体的にはアプリで子どもの学習をサポートしています。
たとえばこれからの時代は英語が重要になるので、子どものうちから英会話を習わせている親御さんは多いでしょう。
しかし子どもというのは勉強が嫌いなものですから、親から半ば強制的に英会話教室に通わせられたり、テキストなどの教材を渡されても進んで勉強することはありません。
やりたくもない英語の勉強を嫌々始めても、子どもに身につかないのは当然と言えるでしょう。
しかしイーラーニング研究所のスクール事業では、子どもが嫌々ではなく楽しみながら勉強できる仕組みを取り入れています。
自分から進んで勉強するようになるのでしっかりと身に付けられ、学力の上昇も期待できるでしょう。

子どもが進んで勉強したくなるイーラーニング研究所の秘密

イーラーニング研究所のスクール事業では、ゲーム形式で勉強を進めていきます。
たとえば子ども向けの英語教材は、人気があるテレビゲームに似たシステムのRPGです。
出現したモンスターを倒したりコレクションしたりしながら、英語を勉強していくことができます。
遊びながら学べるアプリなら、子どもも進んで勉強したくなるでしょう。
親が止めなさいといってもアプリで遊びながら勉強し続ける可能性もあるので、ある意味ではマルチ商品の抜け出せない点と一緒かもしれません。

知れば知るほどマルチ商品でないと気付かされるイーラーニング研究所のスクール事業

イーラーニング研究所が取り扱っている他のサービスには、大人向けの学習アプリなどがあります。
これらの学習アプリに関しても、当然ながらマルチ商品ではありません。
子ども向けのアプリと同じように一旦遊び始めると止められない魅力はありますが、世間で一般でマルチ商品と言われているもののと全く異なるのは、イーラーニング研究所について知っているほど気付かされるでしょう。
まだまだ世間的には無名に近いイーラーニング研究所のスクール事業ですが、優れた学習教材と気付く人が増えればマルチ商品と言われることはなくなり、健全なサービスとして有名になるはずです。

イーラーニング研究所がマルチ商品ではない理由

イーラーニング研究所がマルチ商品ではない理由として、利用者の数が一定数以上存在することです。まず、普通のマルチ商品の場合は、利用者が少なくて殆どが業者側に雇われた従業員や、アルバイトで採用された人物であることがあります。そのため、利用者の人数が限られてしまい、結果的にマルチ商品を販売していることがわかってしまうのです。一方でイーラーニング研究所の場合はもうすでに日本中に展開も行われており、中国や四国などの様々な地方に展開しています。そのため利用者の数が多く、マルチ商品である可能性は限りなく低いと言えるでしょう。また、イーラーニング研究所の場合は、日本中という規模で展開しているという理由があります。マルチ商品を販売している悪徳業者は大抵地下組織で、小さく販売していることが多いです。なぜならマルチ商品であると発覚してしまうと、その時点で営業活動を行うことが出来ないからです。インターネットから利用可能で、なおかつ幅広く展開しているイーラーニング研究所がそのような悪徳な方法で展開が出来るわけがありません。そのようなことを公の場で行っていると一瞬で警察などの公的機関が介入してきます。それだけでなく、イーラーニング研究所の悪事も全て露呈してしまうでしょう。警察が全く介入しないのが、マルチ商品を販売していないという何よりの証拠になるのです。また、販売されている製品の殆どはまっとうな製品であることが見受けられます。子供が英語教育に力を注ぐことが出来るように、徹底したスマートフォンへの対応化やアニメーションを利用した内容等、販売されている製品は極めて普通であり、製品の品質そのものに対しても何らかの不備は見当たりません。また、イーラーニング研究所は月額料金制で利用できるようになっており、不当に高い金額を要求したりすることは無いのです。誰もが気軽に利用できて、気軽に退会できるようになっている点では他のマルチ商品を販売している悪徳業者よりも、圧倒的に優れていると言えるでしょう。イーラーニング研究所にはまだ他の業者よりも優れている点があります。関連する企業がいくつか存在するという点です。しかも、取引を行っているのは誰もが知っている有名な企業がほとんどであり、イーラーニング研究所がマルチ商品を販売しているのであれば普通はそれらの企業は近寄らないでしょう。イーラーニング研究所が設立されて、すでに十年以上が経過していますが、本当に悪徳商品を販売しているのであればもうすでに潰れている可能性もあります。通常悪徳企業は何度も名前を変えたり分散や統合を繰り返すものですが、イーラーニング研究所はこれまで一度も名前を変えたこともなく、設立当時と同じ会社経営を行っているので普通の企業として利用することができます。社会的な信頼もありますし、何より製品の質は他の企業のものよりも優れているので興味がある場合は利用したほうが良いでしょう。

マルチ商品ではないイーラーニング研究所が開発した英語アプリ

マルチ商品と疑う人が多いイーラーニング研究所のイグモン

イーラーニング研究所には、イグモンと呼ばれるサービスがあります。
イグモンはマルチ商品ではない健全なサービスですが、一部には問題視する声も少なくありません。
そもそもイグモンとは、イングリッシュモンスターと呼ばれるスマートフォンのアプリです。
公式のストアでダウンロードできるアプリなので、この時点でウイルスなどの危険性はないと考えられます。
スマートフォンやタブレットにダウンロードしても、故障の原因になるようなことはありません。
ですからイグモンは、健全に遊べるアプリとして多くの人から利用されています。

イーラーニング研究所のイグモンをマルチ商品と疑う理由

ウイルスなどの危険性がないのに、それでもマルチ商品と指摘されることがあります。
そこまでマルチ商品と指摘されるなら、アプリの内容に問題があると思うかもしれません。
しかしイーラーニング研究所のイグモンは、危険性がある内容のアプリではありません。
子ども向けに開発された英語教育のためのアプリなので、むしろマルチ商品のような害悪なアプリではなく、教育に良いので使用を推奨したくなるほど良いアプリです。
もしイーラーニング研究所のイグモンをマルチ商品と糾弾するなら、一度ダウンロードしてみると良いでしょう。
ダウンロードして実際に利用すれば、マルチ商品と勘違いしていたことに気付かされますし、予想以上にハマって止められなくなるかもしれません。

ハマると抜け出せなくなるイーラーニング研究所が開発したアプリの内容

イグモンは、小学生が英語を効率的に学ぶためにイーラーニング研究所が開発しました。
子どもというのは基本的に勉強が嫌いですから、押しつけで英語学習をさせても効率的ではありません。
そこでイーラーニング研究所が考えたのは、ゲームで楽しみながら英語を勉強することです。
普通のテレビゲームと同じ感覚で遊びながら英語を学べるアプリなら、子どもも喜んで遊んでくれます。
しかもイーラーニング研究所のイグモンは、子どもたちに大人気なゲームのシステムを模倣しています。
具体的には敵として登場したモンスターを捕獲してコレクションを作り、集める楽しさがあるのが特徴です。
そのため一度遊び始めた子どもたちは、コンプリートを目指して夢中になりハマってしまうわけです。
イグモンは遊べば遊ぶほど英語力が身につくアプリですから、子どもに英語を学ばせたいなら最適になっています。

マルチ商品とは違い子どものためになるイーラーニング研究所の英語教育アプリ

イグモンについて詳しく知れば知るほど、マルチ商品ではないと気付かされるでしょう。
むしろ子どもにとって有用なアプリになっているので、積極的に遊べたいほどです。
もし自分の子どもに英語を学ばせたいけど普通の教材では続かないと悩んでいるなら、イーラーニング研究所のイグモンを使うことをおすすめします。

もしイーラーニング研究所を福士蒼汰さんが買収したら

「飛ぶ鳥を落とす勢いを続ける福士蒼汰さん」
福士蒼汰さんは2016年からイーラーニング研究所のイメージキャラクターを務めており、近所のお兄さん感が強く、親しみのある優しさなどが特徴です。福士蒼汰さんは数年前からドラマや映画などに多数出演を果たしており、イケメンの俳優としてお茶の間の誰もが知る存在になっています。そんな人気絶頂の時にイーラーニング研究所と関わりを持ち、今に至ります。そんな福士蒼汰さんがイーラーニング研究所を買収することになればどのようなことが起こるのか、気になるところです。もちろんイーラーニング研究所は立派な企業であり、1つの企業を買収することはとても大変なことです。もし買収が行われたらどのようになっていくのか、想像するだけで面白そうです。

 

「イーラーニング研究所のイメージがさらに上がる?」
福士蒼汰さんを起用する背景には、スクールTVというサービスを展開するにあたり、近所のお兄さんやお姉さんに気軽に教えてもらえるようなものにしたいというイーラーニング研究所の思惑がありました。それを受けてそのイメージにぴったりな福士蒼汰さんが選ばれた格好です。つまり、イーラーニング研究所を買収したとしてもそのイメージが壊れることはありません。むしろ、企業買収をするほどそれだけ真剣であるという気持ちが多くの人に伝わり、その理念を伝えていくことができればさらに印象は良くなります。場合によっては、どちらにとっても喜ばしいことになり、相乗効果が生まれるかもしれません。

 

「本当に買収をするなら今のままにすべきところも」
企業買収をすると、経営だけに携わって運営は今まで通りにする人と現場にも口を出す経営者などがいます。日本で企業買収をする際にうまくいきやすいのは前者です。後者でもうまくいくケースはありますが、特殊なことをしている場合には何も知らない経営者が口を出してしまったことでさらに悪化させてしまうことがあります。もし福士蒼汰さんがイーラーニング研究所を買収するのであれば、福士蒼汰さんは何も口を挟まないことが必要です。子供に教えるノウハウやどのようなものをビジネスマンが求め、スキルアップに励んでいるのかは現場の人しかわかりません。その声を大事にするために口を出さないようにすることが必要です。

 

「さわやかなイメージを多くの人が持つ?」
福士蒼汰さんが企業買収をしたというニュースは驚きをもって伝えられ、イーラーニング研究所とはどういうところかという話題になるはずです。その時にそれまでイーラーニング研究所を知らなかった人も福士蒼汰さんが買収をしたところだという印象を持ち、とてもさわやかなイメージを持つ可能性が高いです。実際の経営は今まで通りで、例えば株式の過半数を押さえるとか共同経営を行うというのであれば十分にあり得ます。現場に福士蒼汰さんが現れて、激励をしてくれれば女性従業員などはものすごくやる気を出すかもしれません。