「MLM」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブの教材をMLMで利用

「フォルスクラブについて」

フォルスクラブは小さいお子様から大人まで家族皆で学習できるe-ラーニングといわれる学習方法での教材を提供する会社です。幼児用、小中高校生用の教材、英会話、資格取得のためなど11ものコンテンツの教材で楽しく学習できます。家族の一人が会員になって入会金と月額料金を支払えば、5人までなら家族のだれが使用しても良く学びたい教材の分だけ支払えば学習ができるのです。また学習だけでなく、鍵やガラス、水回りのトラブル、パソコンに関するトラブルなど日々の暮らしの中で発生する困りごとや悩み事を解決するための「サポートサービス」も提供します。

「新しい学びの形」

フォルスクラブは質の高い教育を安価で提供することを目的として設立されました。今の日本は経営格差によって十分な境域を受けられない子どもが少なくないのですが、フォルスクラブが提供する教材は安価で、しかも自宅でパソコンやインターネットを使って24時間365日いつでも好きな時に学習ができるので、子どもたちに均等に学びの機会を与えることができます。そしてすべての子どもたちが夢を実現することができるようにフォルスクラブは誕生しました。また子供から大人まで学習する生涯教育を通して、人材を育成しグローバルな日本を築くことや世界中の人々の教育水準を上げることに貢献することを目的とし、水道の水のように低価格で良質なものを大量に提供する「教育の水道哲学」を企業理念としています。

「MLM1582-Cについて」

MLM1582-Cとは15型液晶カラーモニターで、忠実に色を再現し残像の少ない映像を再現することができます。色合いや色の濃さを調節することもでき、バックライトはLEDを搭載しているので省電力を実現します。画面のサイズは横幅が304㎜、縦幅が228㎜でオプションで液晶保護パネルを装着することもできます。このように色彩豊かで見やすい液晶のパソコンを使ってフォルスクラブの教材で学習をすれば長期間使用しても目に負担がかかることもありません。

「もう一つのMLM」

MLMにはマルチレベルマーケティングという意味もあります。マルチやねずみ講などともいわれます。商品の購入者が他の人に販売していって販売できればレベルに応じた報酬をもらうという商法ですが、連鎖販売取引法の規制に沿って営業していれば違法でもなんでもありません。フォルスクラブはMLMといわれることがありますが、フォルスクラブは利用した人が販売するのではなく、あくまでも入会したい人はホームページから新規登録をします。フォルスクラブは安価ですべての人がいつでも学習できるようなシステムを作っていて入会金10000円と月額料金6000円という1人分の月会費で家族5人までコンテンツを使用することができます。そのコンテンツは有料になりますが、1人の費用で5人まではが使用できるという点からMLMといわれるのです。しかしフォルスクラブはMLMではなく家族5人まで利用が可能ということでその利用者全員の入会金や月額料金をもらうというシステムではなくむしろ入会金や月会費など支払わなくてもコンテンツを利用できるという良心的なシステムとなっているのでMLMやマルチとは全く異なるということです。

フォルスクラブのMLMサービス

ネット社会の拡大に伴い、パソコンやスマホなどのデバイスが進化を見せています。それは人々のライフスタイルを大きく変えており、教育分野においても影響を及ぼしつつあります。その結果、私たちは24時間365日いつでも学べるようになり、知的好奇心を満足させることが可能になりました。何よりも自分のペースで勉強できるので、スクーリングなどのカリキュラムに縛られる必要もありません。それを可能にするのが、フォルスクラブのeラーニングです。現在は実際の教育現場においてフォルスクラブの教育サービスが導入されており、21世紀の新たな学びのカタチとして注目されています。学校の授業の補完をはじめ社会人の資格試験対策、趣味や教養としての勉学など幅広いシーンに対応しています。

フォルスクラブは経済や地域格差が生み出す、教育格差の解消を目指しているわけです。新たな教育システムによって、誰もが気軽に学習できる環境を整え続けています。生涯教育の環境を整えることで、社会人全体の知の底上げを行っているわけです。それが一人ひとりの夢や目標の実現に、貢献することでもあります。大人から子供まで、幅広く活用できる教育サービスの提供を心がけていると言えます。さらに、フォルスクラブは学習環境を整えるだけでなく、暮らし全般を快適にするサービス環境を構築しています。その一環となっているのが、MLMをメインとしたメンバー形態です。MLMは多階層型マーケティングを意味し、幅広い年代層のアプローチするサービスとなっています。

フォルスクラブのMLMサービスではネット環境があれば、誰もが快適な学習サービスを受けられます。場所や時間の制約を受けることなく、必要な学習スキルを身につけることができます。パソコンやタブレットだけでなく、個人所有のスマートフォンでもフォルスクラブのMLMサービスが受けられるわけです。こうしたサービス提供の背景には、MLMのポリシーがあると言えます。家族全体をMLMサービスの対象とすることで、社会全体の知的底上げを図っているわけです。その結果、開発当初からメンバーは増え続け、幅広い年代層に及んでいます。何よりも自分のペースで好きな学習ができるので、勉強に対する集中力が高まるわけです。それが周りにも伝わり、新たなメンバー産出の原動力となっていると言えます。

国としてもeラーニングの教育現場への導入を、本格的に検討しはじめています。その前提として、フォルスクラブが提供するMLMサービスの学習効果や成果の報告があることは言うまでもありません。かつては高レベルの講義などは、難関試験をクリアしなければ受けられませんでした。それが現在では難しい試験を受けることなく、気軽に視聴できるわけです。こうしたMLMサービスのメリットを背景として、地方から国単位へと導入の動きが現れていると言えます。学習コストが画期的に低下することで、国全体としての知的レベルが向上するわけです。それこそがフォルスクラブの目指す方向性となっています。

フォルスクラブはどうしてMLM方式を採るのか。

最近日本でもフォルスクラブのMLM方式が少しずつ社会に浸透しつつあります。

フォルスクラブのMLM方式とは、都会と地方との教育格差をどのように埋めたらいいのか考えた時に始まった一つの教育方法のことです。インターネットを通して教育を行う方法です。この方法を教育庁も含め推進していくことによって、教育の格差が無くなります。地方なので良い学校に行けない、良い先生がいないので困るという問題が解決するのではないかということです。
フォルスクラブはどうしてMLM方式を採るのでしょうか。MLMの最初のMは、マルチです。この方法は、基本この商品が良いと思ったらその人が他の人に伝えて協賛者、お客を増やしていくというものです。このMLM方式によって、このフォルスクラブは世の中に浸透してきました。マルチが良いか悪いかの話題は別にして、このフォルスクラブの場合は、商品の品質が良いのが噂に噂をよんで、浸透が早かったと言えます。MLM方式のメリットがあります。

勉強をしたいと思っている人や知識欲のある人は、様々な年齢層でもおられます。でも状況ゆえに、立場ゆえにまた世間体や面子などのために、どこかに行って勉強するというのは出来ない、難しい方もおられるかもしれません。時には子供達でも、集団生活が難しい方もいます。しかしインターネット上であれば、自由な立場で何処からでも教育の機会を得られるかもしれません。また、どこからでも授業を受けることができるとしたら会場費が要らなくなりますから、授業料も必然的に安くなります。会場に行く時間も必要ありません。それでも良い先生からの授業を受けることができます。ですから誰でも利用し易くしたシステムです。
そこでフォルスクラブのMLM方式が決め手です。フォルスクラブですと、それぞれの予定に合わせて能力に応じて授業を受けることも出来ます。現在インターネット環境がよく整備されていますから、このシステムは使いやすい時代になっています。また、多くの人がスマートフォンを持っており、フォルスクラブを利用する環境は整っています。またそれによって口コミで段々と噂が広がっていきます。MLM方式の効果です。

昔以上に便利な時代となっており、反面、生活はより複雑になりすることが増えています。そのためとても忙しい毎日となっています。その中で時間を無駄にすることなく、勉強をしたり趣味をしたりと生活を楽しみたいと考えている方もいることでしょう。多くの場合子供の頃、勉強なんてなんでするのだろうと悩みます。でも大人になってみると、さらに勉強しなければならない、必要性を感じることがあります。あの時もっと勉強していたらよかったのにと思うことさえあるかもしれません。便利な時代だからこそ、それぞれの利点を比較考慮しつつ用いていくなら、人生を豊かにしていくことができます。

フォルスクラブのMLM方式は時代のニーズに合ったものです。

MLMとは無関係のフォルスクラブの特徴

フォルスクラブはMLM?その誤解を紐解く
フォルスクラブについて調べていると、しばしばMLMを行っているのではないか?という口コミや記事を目にすることがあります。MLMとはマルチレベルマーケティングの略称で、ネズミ講やマルチ商法と同義語で使われることがありますが、マルチレベルマーケティングは商品の販売を目的にしているのに対し、ねずみ講や違法ですし商品が存在しないことも多くお金のやり取りを中心としています。しかし、フォルスクラブは合法と言われているMLMですらないことが実際の利用者の声からも明らかになっています。

 

フォルスクラブは定額で利用できる通信教育サービス
フォルスクラブを実際に利用している人はわかるかもしれませんが、通信教育をリーズナブルな価格で家族で利用することができるのがフォルスクラブの素晴らしい点です。格差のどんどん広がるこのご時世で、月額1万円以下で家族全員が楽しんで学習できるコンテンツを提供しているところはそれほど多くはありませんし、そのコンテンツ一つ一つのクオリティが高いことは利用者の声からも明らかになっています。

 

フォルスクラブはなぜMLMと疑われるのか
それではそれほど優れた通信教育を提供しているフォルスクラブは、なぜMLMを行っていると疑われてしまったのでしょうか。それはプレミアムメンバーがサービスを紹介する制度が導入されていることから、すべての利用者がMLMのような形で入会していると勘違いされてしまったのかもしれません。しかし、フォルスクラブの一般的な入会方法は入会金を支払い、その後は月額の定額制でコンテンツの全てを利用することができるのが特徴です。そのサービスの中にはMLMなどは一切含まれていませんし、コンテンツは幼児用から社会人の資格取得用まで様々な内容が盛りだくさんです。

 

フォルスクラブは今後MLMを行うのか
フォルスクラブはMLMやねずみ講、マルチ名のではないかという意見はフォルスクラブの教材を実際に利用したことがない方が風評を広めているところから出ていると考えられます。実際の利用者はそのようなことを言っていませんし、勉強嫌いだった子どもの向学心が身について、家族全員で勉強が好きになったという感謝の言葉はインターネット上では数えきれないくらいあります。一部のプレミアムメンバーの間では確かに勧誘活動などは行われていますが、ねずみ講のように商品の存在しない組織ではありませんし、商材は優れた教育システムです。格差社会の現代でこれほど低価格で自宅で好きな時に学習することができるサービスは他にはないのではないでしょうか。ねずみ講やMLMなどと言われるのは、もしかしたら同業他社からのネガティブキャンペーンなのかもしれませんし、事実を知らない人が言っているだけのように考えられます。ネガティブなうわさも見られるフォルスクラブですが、利用してみればそのクリーンな経営の実態を知ることが出来るでしょう。

フォルスクラブは良いMLMとしての活動が盛ん

●フォルスクラブはMLMの一種の形態をとっているが、その本質は何か
MLMとはMuthi-Levelmarketingの略称で、多階層の販売組織を意味しています。フォルスクラブは都市部と地方との教育機会の不均衡の解決に取り組むために早くからインターネット環境を基盤にしたeラーニング学習など先進的な教育方法を実践することで注目を集めています。そのフォルスクラブはMLMと言うメンバー形態を採用していますが、どうしてそのような方法を採用しているのか。これはその教育コンテンツが家族全員を対象にし年代の違いを超えて幅広く利用できることを前提にコンテンツが組まれているからです。門戸を広く解放して、誰でも利用できるように配慮しているわけです。


●フォルスクラブがMLMで取り組んでいることは、何か
フォルスクラブは通信環境さえ整っていれば、コンテンツを利用できる訳で、場所も時間の制約も受けずに必要なサービスを利用することが出来ます。個人のスマートフォンをプラットフォームにすることはもちろん、家庭に設置した供用のデスクトップPCなどもからも利用出来ます。これもMLM制を採用したことのメリットの一つで、家族それぞれが全く違った内容の勉学にいそしむことが実践できると言えます。例えば子供さんは中高受験のための科目学習を利用しながら、親御さんは自分のスキル習得や上昇のためにeラーニング学習を利用するといったスタイルを実現します。


●フォルスクラブのMLMのメンバーの数が順調に増加を見ている理由
フォルスクラブのMLMは家族単位で年代を問わずにメンバーを対象としたので、初期から多数のメンバーを得るに至りました。ただ実際に利用してみると手軽な実践方法でありながら、個人のペースで勉強や学習に集中できるので想定以上の結果に繋がることが判明しメンバー間でも高い評価を得ることになりました。MLMの特性には外部に対して開かれた、オープンな組織という特徴を持っています。人間の譲渡して自分で利用したものでメリットがあると他の人にも薦めたくなるものです。メンバーの誰もが新規会員の獲得する窓口にもなっているので、外部からの新規会員も多数獲得しています。そういった事情があって、メンバー全体数も一貫して増加を見ているのです。


●フォルスクラブがこの先、将来に向かって目指すもの
文部科学省はeラーニングの教育現場への導入を真剣に検討を重ねており、教育現場での重要な政策課題と認識されています。フォルスクラブはeラーニングの特徴とメリットが、まさに全国的に一定以上の水準を維持した教育内容に接することが出来る事実を昨今の活動で証明しています。かつては都市部の交通アクセスの整備した居住環境でなければ、一流の講義などに接することは困難でした。フォルスクラブはMLM形態で多数の会員を獲得したことで、より割安な利用コストで受験勉強も資格取得の為に知識を効率的に身につくことが出来ます。このようなメリットを享受できることから、今後も会員増加が見込まれています。

フォルスクラブのMLMについて

【一般的なねずみ講などのマルチ商法とフォルスクラブのMLMの違いについて】

MLMには2種類あって良くマスコミなどで被害が取り上げられて裁判になっているネズミ講のような非合法なMLMと、フォルスクラブのやっているような健全で合法的なMLMがあります。そもそもMLMとはどんな事かというと商品の購入者を商品の販売者のディストリビューターとして起用して販売員になってもらって、友達や親戚などに商品をすすめて販売して行いき、販売と同時に販売員になるようにすすめていく連鎖商法の事です。ネズミ講などの詐欺で摘発されるMLMの場合は扱っている商品が全く価値のない商品であったり、そもそも存在しないサービスであったりするため、価値のない無い物を販売して利益を得るので詐欺罪が適応されるます。一方フォルスクラブの場合はちゃんと実態があり価値のある英会話などの通信教材をサービスとして提供しているので、合法的なMLMで法的にはなんら問題ない健全なサービスです。

 

【フォルスクラブの提供するサービスについて】

フォルスクラブで扱う商品はスマホやタブレットやパソコンなどを使った通信教材やアプリなどです。扱っているサービス内容も乳幼児向けの脳の成長を促す脳育システムや、子供向けのアプリゲームを使った英語学習ソフトなどの低年齢向けのサービスがあります。他にも男性向けの恋愛体験型の英会話アプリソフトや大学入試向けの実用英語講座など全年齢向けのサービスも販売してます。英語学習以外にもビジネスマン向けの資格取得アプリやパソコン学習講座などもあり、趣味の手話講座など多岐に渡る商品を提供しているので、MLMでフォルスクラブのディストリビューターになってもかなりすすめやすいです。

 

【フォルスクラブを利用するメリットについて】

フォルスクラブの学習サービスの内容も評判で、特に幼児向けのサービスではかなり評判がいいです。学習ソフトは幼児が興味があるキャラクターが登場して遊びながら学べるため、単なる詰め込み学習にならずに楽しみながら自然と知識が増えて行きます。子供向けの英語のゲームアプリも、モンスターを捕獲して行くRPGタイプのゲームで子供が自分からやりたくなる面白さがあるので、自然に続けられて学習意欲が高まり楽しく学べると好評です。評判のいいサービスが多いので、フォルスクラブのMLMでディストリビューターになって商品を相手にすすめやすいという特徴があります。

 

【フォルスクラブが通常の合法のMLMと違う理由について】

ほとんどの合法のMLMの場合は、商品販売員のディストリビューターになるのに1つでも商品を購入すればなれますが、フォルスクラブのディストリビューターになるためには厳しい条件が存在します。フォルスクラブの商品を売るためにはプレミアム会員になる必要があります。このプレミアム会員になるためには高額の年会費が必要で、さらにしっかりとした研修を受けさせられるためなるのにはかなりの覚悟と紹介できる友達の数が必要だからです。そのためフォルスクラブのディストリビューターの数は他のMLMサービスよりも少なくて質も高いです。