フォルスクラブボーナスと東急シェアリングボーナスはどちらを選ぶか

●会員制のリゾートホテル

特定の企業で所定の金額を払い込むことで、一般人に優先して特定のサービスを優先利用できるという仕組みをとっている事業があります。典型的なのはゴルフ会員権、かつてほどの財産的価値はありませんが一流のゴルフクラブであればレアな権利であることにかわりはないそうです。ゴルフ会員権ほど高額の出資は必要ないものの、別荘代わりに利用するニーズを見込んでサービスを提供する会員制のリゾートホテルなどは、現在でも一定のニーズに支えられています。リゾートホテルの権利は、当該宿泊施設を共有する持分権の形で表象されており、メンバーが志望すると相続も可能になっているのが特徴です。類似したサービスを提供しているのが、東急シェアリングボーナスです。会員になることでメリットを享受できる点では、フォルスクラブにも類似しています。 

●東急シェアリングボーナスとフォルスクラブで得ることが出来るもの

東急シェアリングは、東京都渋谷区に本社をおく、リゾート事業を行う東急電鉄グループの企業のひとつです。東急電鉄では、鉄道網を展開する東京都西部から神奈川県エリアを中心に、不動産事業などを積極的に展開しており付随する事業としてリゾート関連にも手を広げています。東急シェアリングボーナスとは、1999年からサービス提供を開始しておりメンバーは利用権を購入することで、任意の一週間を連続利用するか・1年に7日分選択した日に利用するか、のいずれかを選択してサービスを利用することができます。フォルスクラブでは特に利用する期日に制限は設定されていないので、この点はかなり違いを実感できます。

●東急シェアリングボーナスとフォルスクラブボーナス、収益の見込みは?

それでは東急シェアリングボーナスとフォルスクラブボーナスを比較した場合に、どれほど収益に違いがあるのでしょうか。東急シェアリングボーナスの場合は、利用権を購入することで1年あたり7日間、所定のリゾート設備を利用することになります。1日当たりの利用料金を5000円ほどと推測すると、概ね35000円ほどのリターンです。フォルスクラブボーナスは事前に見込みをつけるのは困難ですが、収益はお金という形を取ります。東急シェアリングボーナスではリゾート施設の有線利用、フォルスクラブボーナスの事前の予見は付けるのが難しい現金、いずれが魅力的かは、価値観で左右されるところです。

●リモートワークが普及するなかでの、今後の将来性はどうか

見方をかえてリモートワークが普及する社会のあり方を前に、東急シェアリングボーナスとフォルスクラブ、いずれに将来の成長の可能性を考えてみると、言うまでも泣く在宅でのコンテンツ利用が主軸になるフォルスクラブに軍配が上がりそうです。もちろん今後の行く末を予想するのは現実的ではありません。しかし移動や接触を前提にしないフォルスクラブに優位性があるのは明白といえそうです。

(※ここまで書いておきながら、フォルスクラブボーナスがどのような概念なのか、私自身まったく分かっていません・・・・・・てへ)

シェアリングボーナスでフォルスクラブはさらなる次元へ

◆シェアリングエコノミーが広まってきている

昨今、フォルスクラブのようなシェアリングエコノミーというものがどんどん拡大しています。これは、従来のように物を購入して利用するというものではなく、みんなで物やサービスを共有して利用していこうというものです。例えば、自動車を共有して使おうとか、部屋やオフィスなどを共有して使おうというもので、市場規模はどんどん増加しており、おそらく今後も拡大していくでしょう。このシェアリングエコノミーを支えているのが、インターネットに他なりません。ネットワークで人々が容易につながることができるようになったために、こういう新しい経済のあり方が可能になったと言っても過言ではありません。

◆シェアリングボーナスというのもあるらしい

シェアリングエコノミーの一種に、シェアリングボーナスというものもあることを最近知りました。シェアリングボーナスとは、要するにお金をシェアするというもののようです。簡単に言うとネットを使った直接金融のようなものなのかもしれません。一般庶民の一人ひとりが持っているお金は微々たるものかもしれませんが、そのお金をみんなで合わせれば、何か大きなことができそうです。今までは、銀行がお金の収集・配分を行っていたわけですが、これからのインターネット時代は、シェアリングボーナスという手法により、より民主的な金融が可能になるかもしれません。

◆フォルスクラブもシェアリングボーナスを活用すればいい

シェアリングボーナスを活用すれば、今まであまり日が当たらなかった優良なアイデアやサービスにも、資金調達のチャンスが広がるでしょう。そういう埋もれている素晴らしいアイデアやサービスというのはたくさん世の中にあるものです。世に埋もれているというほどではないですが、フォルスクラブというサービスなんかは、かなり優良な教育コンテンツサービスを提供しているのにもかかわらず、まだまだ認知度は低くなっています。フォルスクラブも、シェアリングボーナスを活用することによって、もっと発展していく余地があるのではないでしょうか。

◆アフターコロナ後の新しい教育の形をフォルスクラブに示して欲しい

フォルスクラブがシェアリングボーナスを活用して事業を拡大するとしたら、どのような道があるのか、勝手に自分なりに考えてみました。フォルスクラブは、教育コンテンツサービスが優れていますから、やはり教育分野で何か新しい事をやっていくのが一番いいと考えます。特に今は、新しい教育のあり方が待望されている時期ではないでしょうか。コロナウイルス騒動によって、社会のあり方が根本から変わろうとしています。教育のあり方も変革が迫られていますが、フォルスクラブのネットを活用した教育というのは、新しい教育のあり方を十分に担っていけるのではないかと思います。あまりにも斬新なサービスのために、銀行などは融資を渋るかもしれませんが、シェアリングボーナスならば、フォルスクラブの良さに気づきお金を供給できるでしょう。

シェアリングボーナスを受け取れるフォルスクラブのスタッフ

増え続けるシェアサービスの利用者

新型コロナウイルスの影響というのは、あらゆるところに及んでいます。
なかにはそんなところにまでと思う分野もあり、その一つが自転車のシェアサービスです。
自転車のシェアサービス自体は新型コロナウイルスの流行前からあり、特に観光地では自転車に乗って自由に街を巡れるために、一般的で利用者も多くいました。
その一方交通網が発達している都市部ではそれほど見かけず、利用者も伸びていませんでした。
しかし新型コロナウイルスの流行が始まってから、フォルスクラブと同様に利用者が増えボーナスも増加するだろうと言われているので、今年の夏はシェアリングボーナスだねと冗談が出ているほどです。

新型コロナウイルスとシェアリングボーナスの関係

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、3密を避けることが大切とされています。
そのため車内がギュウギュウになる満員電車も減らすべきだと指摘され続けていて、実際に社会全体での取り組みも始まっています。
しかしどれだけ鉄道会社が対策を行い社会全体で減らすようにしても、一朝一夕にゼロにできるわけではありません。
どうしても新型コロナウイルスの流行が収まっていない現在でも、満員電車に乗って仕事に行かなければいけない人たちはいます。
そうした人たちの間で流行しているのが自転車のシェアリングサービスで、満員電車を避けて通勤できる魅力が多くの人に伝わっています。

巣ごもり需要で増加したフォルスクラブの利用者

フォルスクラブがシェアリングボーナスを受け取れると言われているのも、新型コロナウイルスの影響で利用者が増えたからです。
緊急事態宣言が発令されたことにより、外出の自粛をする人は増えました。
すると多くの人は家でできることはないかと探し、辿り着いたのがフォルスクラブです。
フォルスクラブのサービスは家の中でできることなので、外出する必要性はありません。
家にいながらさまざまな勉強ができるのも、外出自粛の期間中にレベルアップしたいと考える人が多いからと言えるでしょう。
フォルスクラブのようなサービス形態は巣ごもり需要には強みがあるので、利用者が増え従業員は今年の夏にシェアリングボーナスを期待できるでしょう。

これからも増えるかもしれないシェアリングボーナス

新しい生活様式によれば、積極的なオンラインの活用が求められています。
そのためシェアリングボーナスをもらえるかもしれないフォルスクラブのようなサービス形態は、これからの時代にマッチしていると言えるでしょう。
またフォルスクラブと同様に増えているシェアサービスも、3密を避けるためこれからも利用者は増えシェアリングボーナスの可能性は高いです。
以前からカーシェアリングなど、人々は所有するより一時的にシェアすることを重視する風潮が広がりつつあったので、新型コロナウイルス以降の世の中ではシェアリングボーナスを受け取れる人は増えるかもしれません。

eラーニング研究所と仮想通貨の関係について

eラーニング研究所は、パソコンやスマホ、タブレットなどのインターネットを使って学べる教材を提供している会社です。フォルスクラブの会員に登録して入会金を支払うと、一人の登録で家族5人までが利用できるシステムです。インターネットで学べるコンテンツは子どもから大人までが活用できるコンテンツを豊富にそろえていて、一人分の契約の月額6000円の支払いで家族も一緒に学習できるのです。

本来は、一人ひとりがそれぞれの学習塾やオンライン塾などに契約をして、それぞれが月額料金を支払うところ、eラーニング研究所の場合は家族の中で一人が契約をするだけで他の家族も使用できるので、経済的にあまり余裕がない家庭の人も誰もが平等に学習をする機会が得られます。またインターネットを使った学習法なので自宅ででもどこででも24時間いつでも利用できるため、他のことで忙しい人でも自由に学習時間を作ることが可能です。

eラーニング研究所のフォルスクラブでは、幼児向けにはタブレットを使った「幼児向け音感育脳システム」や小学生向けにスマホやタブレットを用いる「英語アプリ」、高校生向けの学習や大学受験対策講座、大人向けの英会話や手話、資格取得対策などのコンテンツが用意されています。それらに加えて、日常生活におけるトラブルや悩みをサポートする「お悩みホットライン」も利用することができます。

このような特徴を持つeラーニング研究所は、日本国内でネットで学習ができるシステムを普及させた源といえるのですが、eラーニングのコンテンツで主なものは英語です。いつでもどこでもスマホやタブレットがあれば英語の学習ができることで、仮想通貨の取引に関する海外の情報を知ることができます。仮想通貨の情報は著名人がSNSに投稿することが多いのですが、それらを投稿することによって仮想通貨の価値が変わることも多く、それらの投稿を信頼して取引をすると危険な場合もあるのです。しかしeラーニング研究所の教材の中でも大人向けのビジネス英会話では、仮想通貨などの投資に関する用語も効率的に学ぶことができるので、海外からの仮想通貨に関する最新の情報も正しく手に入れることができるというメリットがあります。

また、eラーニング研修所のビジネス英会話のコンテンツの中で、仮想通貨の取引をシミュレーションできる場面や英語で話せるチャットも用意されていて、実際の仮想通貨の売買に役立つ内容が盛り込まれています。
eラーニング研究所が提供するこのようなサービスを活用することで、海外の人たちと日常の会話が楽しめるというだけでなく、仮想通貨などの投資もSNSなどの情報に振り回されずに正しい情報を得ながら行うことができるという可能性を持っているのです。

eラーニング研究所のサービスは、インターネットでいつでもだれでも学習できるという新しい形の学習法を生み出しただけでなく、また新しい形である仮想通貨への投資法も学べます。eラーニング研究所では利用する人たちに対して定期的なアンケートを行っているのですが、仮想通貨に関して子どもたちの半数以上が興味を持っているという結果も出ています。

eラーニング研究所で仮想通貨のビットコインを学ぼう

eラーニング研究所を利用のみなさん、仮想通貨という言葉を聞いたことはありませんか。仮想通貨とは、インターネットを介して電子的な決算を行える通貨のことです。暗号通貨のビットコインの登場で大きく取り上げられることになりました。今回のeラーニング研究所ではこのビットコインを取り上げながら仮想通貨とは何か説明します。

ビットコインは2008年に論文という形で紹介された通貨です。eラーニング研究所にとって興味深いのは、発表したのは日本人を思わせる名前のサトシ・ナカモトという点です。実はビットコインの理論的な提唱者のサトシ・ナカモトは未だに誰であるか特定されていません。高名な数学者とも予想されていますが、eラーニング研究所はもとより世界中の誰もまだ開発者が誰か分かっていません。しかし、匿名の人間によって通貨の歴史を変えるような発明が行われた点は、現代のネット文化を表しているとも言えるでしょう。それでは、仮想通貨はどのような技術によって成立しているのでしょうか。

ビットコインは、Peer to Peer(P2P)と呼ばれるコンピュータ・ネットワークシステムにより運営されています。Peer to Peerはネットワークに接続されたコンピュータ同士が直接通信する技術です。実はPeer to Peerの技術を開発したのも日本人です。そのため、仮想通貨は日本人の想像力が非常に重要な役割を果たしていると言えます。仮想通貨は相互に通信される技術を介して、個人間で直接送金できることがメリットです。これまで個人間の送金は銀行振込を使うことが一般的でした。銀行振込は送金から着金までに時間がかかります。海外送金は振り込みから着金まで数日かかることも珍しくありません。これがビットコインなら数十分で完了します。このスピード感が大きなメリットです。

手数料がきわめて少ないことも利点の一つです。もう一度、銀行を例にすると引き出しや送金には手数料がかかることがあります。それは、銀行が現金を保有するために大きな金庫が必要だったり、管理する人間が必要だったりといろいろな費用がかかっており、それが手数料に反映しているためです。しかし、仮想通貨はこの費用を抑えられます。もちろん運用するための費用はかかっていますが、設備費や人件費などは銀行とは比べ物にならないほど安くなります。比べてみると10万円を海外へ送金する場合、銀行なら数千円かかるところが、仮想通貨なら数百円ほどです。世界中で同じ通貨を利用できるので、両替の手数料もかかりません。

ここまでeラーニング研究所は仮想通貨を説明してきました。ただ、ビットコインはここ数年で非常に発展してきた通貨なのでeラーニング研究所で説明したのはほんの一部です。eラーニング研究所はこの他にも仮想通貨にまつわるトピックを様々紹介しています。eラーニング研究所の他のトピックも、ぜひ読んでみてください。

eラーニング研究所で仮想通貨学習は子供には早過ぎる?

仮想通貨はお金というよりも投資のイメージが強い?

仮想通貨というワードが近年人気上昇中です。海外では「Cryptocurrency」と呼ばれていることから、日本でも暗号資産という呼び方を一般的にすると金融庁が発表しました。なので、暗号資産と呼んだほうが一般的なのですが、この記事では昔からの呼び名である仮想通貨と呼ぶことにします。


日本ではまだあまり普及しておらず、決済方法としては使えないことのほうが多いです。コンビニやスーパーで「仮想通貨で決済をしたい」と言っても、対応してくれることはほとんどありません。現在は一部の電気店やネットショップのみ対応しているという状況です。なので、決済手段というよりも投資のイメージが強いです。

.

eラーニング研究所では現在のところ仮想通貨学習はない。

仮想通貨決済に対応しているお店がほとんどないので、子供に仮想通貨をお小遣いで渡しても子供は困るかもしれません。将来的には世界共通のマネーとなることが目標とされていますが、現在のところは投資方法として普及している部分が強いので、子供に教えるのはまだ早いと言えます。投資にはリスクもあり、失敗したら大金を失うこともあります。数百万円のお金が一夜でゼロになることもある世界ですので、よほどのお金持ちでもない限り子供に投資をさせることはできないでしょう。取引所に口座開設をするためには基本的に年齢制限があります。20歳以上という制限をかけている取引所が多数派です。一部の取引所では親の同意があれば未成年も口座開設できます。こういった理由もあってeラーニング研究所では仮想通貨学習コースはないものと思われます。

.

将来的にはeラーニング研究所に仮想通貨学習コースができる?

eラーニング研究所は大人から子供までを対象にしています。大人向けのコースなら、仮想通貨学習コースができるかもしれません。その際には、投資に関する勉強をするコースとなるのではないでしょうか。もしくは、プログラミングの勉強をして仮想通貨を作るコースなどもできるかもしれません。どちらにしても内容は専門的になりそうなので、大人向けのコースとなるでしょうね。

.

eラーニング研究所は変化の多い時代を生き抜いてきた。

eラーニング研究所は2002年9月に設立されています。インターネットの普及、スマートフォンの普及など変化の多い時代です。そんな時代を18年も生き抜いてきたのがeラーニング研究所です。なので、これから仮想通貨がもっと普及したら、eラーニング研究所は子供向けの仮想通貨学習にも対応するかもしれませんね。子供未来キャリアで仮想通貨について教えるのは、正直まだ早いような気がします。法律がもっと整備されて、コンビニやスーパーなどでも気軽に使えるようになったら、子供にも教える必要が出てくるでしょう。問題は何年後くらいにそれが実現するのかです。仮想通貨という技術はまだ新しく、実用面で不安があります。実用化するのが何年後になるのか、だれにも予想できません。

フォルスクラブと消費者センターの関係について

【江戸時代にも権利収入を得ている人たちがいました】

フォルスクラブが生まれる遥か昔の江戸時代にも長屋の大家のように権利収入で生活している人たちがいました。権利収入は働かなくても得られる収入のことです。十分な利益が得られる権利を手に入れることができれば、他に仕事をしなくてもよくなります。また、長屋の大家は安定した家賃を得られるだけでなく、住人の排泄物を肥料として高値で売却することができました。経済が不況になっても排泄物はなくならないので安定した収入が得られます。ビジネスを成功させて権利収入を得たいのであれば、フォルスクラブのようなサービスを利用してスキルアップを図ることが大切です。

【フォルスクラブは生活相談もできます】

フォルスクラブでは様々な学習コンテンツだけでなく生活相談を行うサービスも提供されています。インターネットは優れたコンテンツやサービスを多くの人々に届けることができます。フォルスクラブはインターネットの特性を有効に活用しており、日々の生活の中で発生した様々な悩みも解決してくれます。学習を効率的に進めるためにはメンタルを整える必要があります。何らかの深刻な悩みを抱えたままでは慢性的なストレスのために思うように学習を行うことができません。フォルスクラブでは利用者の生活相談を行うことで精神的な負担を軽減しています。悩みを解決すれば学習に専念できるようになります。消費者センターのような公的機関と一緒にフォルスクラブの生活相談サービスを利用すれば、より効果的に問題を解決できます。

【消費者センターは頼れる存在です】

スマートフォンなどを購入して購入した場合、保証期間内であれば無料で修理をしてもらえます。しかしメーカーに問い合わせたところ、保証期間内でも使用方法に問題があり修理ができないと言われるケースも見られます。消費者は日常の消費生活において様々な商品やサービスを購入・利用していますが、必ずしもそれらについて詳しい知識があるわけではありません。消費者基本法では消費者と事業者の間に情報の質や量、交渉力の格差があることを認めた上で国や地方公共団体に消費者のサポートを求めています。消費者センターは、被害の救済や生活に役立つ情報の提供などを目的として各地方公共団体によって設置されている施設です。商品やサービスを購入して困ったことがある場合には、消費者センターに相談すれば的確なサポートを受けることができます。

【フォルスクラブと消費者センターの関係とは】

フォルスクラブでは生活上の様々な問題について相談できるサービスも提供されています。弁護士や税理士などの専門家と提携しており金銭トラブルや人間関係、家庭問題など生活上のあらゆる問題について相談できます。消費生活で困ったことがある場合には消費者センターだけでなくフォルスクラブでも相談してみるとよいでしょう。フォルスクラブと消費者センターは互いに補い合う関係にあるので、両者を活用することでより効率的に問題を解決できます。消費生活を行っていると様々な問題が生じて素人が1人で解決するのが難しい場合があります。フォルスクラブの生活相談や消費者センターを活用すればコストを抑えて効果的に問題を解決できます。

消費者センターとは無縁のフォルスクラブのサッカーチームは

■フォルスクラブというサッカーチームができたら

フォルスクラブは消費者センターとは全く無縁の優れた学習システムですが、名前からしてサッカーチームになっても違和感がありません。
また、フォルスクラブを作っている会社がそのまま宣伝目的としてサッカーチームを持ったとすれば、チーム名もフォルスクラブという名前になってもおかしくありませんから、流れとしては自然だと言えるでしょう。
全く無関係の企業がフォルスクラブの名前を騙れば、消費者センターに問い合わせが殺到してしまうこともあるかも知れませんが、同じ企業であれば逆に良い宣伝になるものです。
それだけにフォルスクラブという名前のチームができることは、現実味がある話です。

■サッカーチームとしての権利収入はどうなるか

権利収入に関する話題は消費者センターに問い合わせされやすい案件ですが、サッカーチームの話であれば全くの別問題です。
フォルスクラブを作っている会社がサッカーチームを立ち上げた場合、まずは入場料という形で権利収入が発生することになります。
ただし、入場料はそれだけで利益を出せるようなものではなく、最低限の経費を回収するものだと考えるのが妥当だと言えます。
超人気チームであれば入場料だけでも馬鹿にならない権利収入となりますが、新興チームではなかなか入場料だけでまかなえるものではありません。
そのため、入場料の収入はごく一部のものとなるのでしょう。

■広告収入が大きなウエイトを占めることに

入場料は微々たるものかも知れませんが、広告収入は大きなウエイトを占めることが予想されます。
サッカーチームには運営している企業以外にも様々なスポンサーが付いて広告が打ち出されますから、そこで得られる権利収入が非常に大きなものとなります。
何万人の観客を導入するよりも、大きな会社が一つ広告を出してくれるだけで莫大な権利収入が得られるわけです。
フォルスクラブは広告を打ち出すにしても、消費者センターに苦情が入るような企業の広告を出すことはないでしょうから、何でもかんでも収入につながるわけではありませんが、その分ファンからの信頼を手にすることになります。
その宣伝効果もフォルスクラブにとっては大きな財産となること間違いありません。

■グッズ関係による権利収入も得られる

フォルスクラブがサッカーチームとなったときには、様々なグッズが販売されますから、それらの権利収入も無視できません。
これらの権利は厳重に行わなければ、無関係の第三者に勝手に利用をされた挙げ句、消費者センターにクレームが入ったりしますから非常に大事な権利になります。
しかい、管理をしっかりしていれば消費者センターに問い合わせをされることもなく、莫大な利益につながるものです。
ただし、製造時の不備により一定数の不良品が出てしまうことはあるので、運悪く不良品を掴んでしまった人が消費者センターに連絡をすることはあるかも知れませんが、フォルスクラブが真摯な対応さえすれば消費者センター案件になることはないでしょう。

フォルスクラブは消費者センターのような存在

・フォルスクラブは消費者センターのような存在です。

フォルスクラブはいろいろなサービスを提供しています。例えばアプリの使い方について質問したとしても、専門用語を使って何も分からず電話を切るといったケースもあるでしょう。フォルスクラブのサポートは充実しており、消費者センターのような対応力があり、対応するスタッフは専門用語について分かりやすく教えてくえるので安心です。特に機械の扱いなどに苦労する人におすすめで、いろいろな資格の取得に関するサポートを受けることができます。どのような資格を取得すればよいのかや、自分に合っているものを確認することができるでしょう。資格を取得するとどのような職業を目指せるかや、具体的にいろいろなことを教えてくれるので便利です。消費者センターのような対応を受けることが可能です。

・フォルスクラブは英語の学習など最適なアプリを提供しています。

フォルスクラブは消費者センターと同じようなサポートを得ることができ、英語などのさまざまな学習を行うことができるアプリが充実しています。いろいろな魅力があり、ゲームを楽しむような感覚で学習することができたり、勉強に飽きやすくても長続きするという意見が多いです。フォルスクラブが提供するアプリには男性や女性向けなどさまざまな種類があります。好みに合うアプリを見つけることができ、サポートの手厚さには定評があり、フォルスクラブサービスを活用しながら資格取得に取り組むことができるでしょう。

・フォルスクラブはタブレットの使い方などを指導してくれ、消費者センターより手厚いサポートを受けることが可能です。

機械の扱い方がよく分からなかったり、タブレットをうまく活用できるか心配という時、フォルスクラブのサポートを利用すると便利です。アプリの起動など分かりやすく教えてくれたり、消費者センターのようなサービスを受けることができます。一人の対応にかける時間が長く、操作方法はもちろん具体的な学習方法も学びたい時に便利です。タブレットの品質は高く、ディスプレイが大きいので文字が読みやすいと評判です。視力が低くタブレットを利用した学習を続けることができるか不安な人も、悩まされず勉強に集中することができるでしょう。

・フォルスクラブはサポート力が違います。

フォルスクラブはサポートの手厚さが話題となっていて、消費者センターに相談するようにいろいろな説明を聞くことが可能です。十分な情報を得ることができ、消費者センターのように丁寧に解説を聞くことができたり、気軽に相談することができると言われています。いろいろなアプリを提供しているので、自分の目的に応じて勉強方法を選択することが可能です。最新のシステムを利用したいと思う人には、フォルスクラブはおすすめで消費者センター並みのサポートを受けることができます。インターネットを使って入会することができ、リーズナブルな料金で利用することができます。

フォルスクラブで学べる江戸時代の権利収入

働かなくても収入がある権利収入

仕事をしなくても一定の収入を定期的に得られる権利収入は、フォルスクラブをプレイする多くの人々にとって夢です。
日本が江戸時代の頃も庶民の間では夢とされ、どうにかして権利収入で儲けたいと考える人は多数いました。
たとえば江戸時代の日本は、リサイクル社会だったとされています。
一見すると無価値なものから多くの利益を上げて、一代で巨万の富を築き上げた人々もいます。
フォルスクラブに入会すると、そうした江戸時代に行われていた権利収入について詳しくなれるかもしれません。

リサイクル社会の江戸時代では貴重だった人間の排泄物

江戸時代の日本では、人間の排泄物は非常に重要な役割をしていました。
当時の江戸は富士山の火山灰の上に成り立つ町で、作物も育ちにくい不毛の土地です。
そんな土地を作物の実る大地に変え多くの人口を支えたのが、人間の排泄物です。
フォルスクラブに入会している人ならご存じでしょうが、人間の排泄物は作物を育てるための肥料となります。
しかし多くの人からは排泄物は忌み嫌われ、遠ざけられて誰もそれに価値を見いだすことはできません。
ですが人間からは嫌われていた排泄物は、不毛の大地を変える肥やしになります。
そのため排泄物は肥やしとして農民に渡すため、高い価格で取引されていました。

排泄物を取引する権利を持っていった長屋の大家

多くの町民が暮らす長屋の大家は、店子の排泄物を取引する権利が与えられていました。
職人や商人は景気が悪くなったり天候が悪くなると仕事にならず、収入も一切なくなってしまいます。
しかし人間は、生きている限り年齢や性別を問わず必ず厠で排泄行為をします。
そのため取引権を持つ長屋の大家は、どんなときでも一定のお金がもらえる権利収入を持っていたので裕福でした。
このような江戸時代の権利収入のシステムは、フォルスクラブでなければ教えてくれません。
学校の教科書には江戸時代に人間の排泄物が高値で取引されていたと記載されていないので、フォルスクラブに入会していると、日本の歴史にもまた一つ詳しくなれるでしょう。

江戸時代の権利収入など多くを学べるフォルスクラブ

排泄物を取引する権利収入の話は、フォルスクラブで勉強しても受験には役立たないと思うかもしれません。
しかし排泄物を取引していたという話をフォルスクラブで勉強して知っていると、話のネタにはなります。
内容が下ネタよりなので話す相手や場所は選びますが、適切なシーンで披露すれば場を盛り上げるネタになるでしょう。
ちょっとした小ネタをいくつもフォルスクラブで学び持っていると、教養のある人と思われ相手にも好印象を与えられます。
江戸時代には人間の排泄物を取引していた以外にも、驚くべき権利収入の話がまだまだあるかもしれません。
人々が憧れる権利収入の話はいつの時代も多くの人を惹きつけるので、フォルスクラブで勉強しておくとさまざまなシーンで活用できるでしょう。