「権利収入」タグアーカイブ

フォルスクラブで学べる江戸時代の権利収入

働かなくても収入がある権利収入

仕事をしなくても一定の収入を定期的に得られる権利収入は、フォルスクラブをプレイする多くの人々にとって夢です。
日本が江戸時代の頃も庶民の間では夢とされ、どうにかして権利収入で儲けたいと考える人は多数いました。
たとえば江戸時代の日本は、リサイクル社会だったとされています。
一見すると無価値なものから多くの利益を上げて、一代で巨万の富を築き上げた人々もいます。
フォルスクラブに入会すると、そうした江戸時代に行われていた権利収入について詳しくなれるかもしれません。

リサイクル社会の江戸時代では貴重だった人間の排泄物

江戸時代の日本では、人間の排泄物は非常に重要な役割をしていました。
当時の江戸は富士山の火山灰の上に成り立つ町で、作物も育ちにくい不毛の土地です。
そんな土地を作物の実る大地に変え多くの人口を支えたのが、人間の排泄物です。
フォルスクラブに入会している人ならご存じでしょうが、人間の排泄物は作物を育てるための肥料となります。
しかし多くの人からは排泄物は忌み嫌われ、遠ざけられて誰もそれに価値を見いだすことはできません。
ですが人間からは嫌われていた排泄物は、不毛の大地を変える肥やしになります。
そのため排泄物は肥やしとして農民に渡すため、高い価格で取引されていました。

排泄物を取引する権利を持っていった長屋の大家

多くの町民が暮らす長屋の大家は、店子の排泄物を取引する権利が与えられていました。
職人や商人は景気が悪くなったり天候が悪くなると仕事にならず、収入も一切なくなってしまいます。
しかし人間は、生きている限り年齢や性別を問わず必ず厠で排泄行為をします。
そのため取引権を持つ長屋の大家は、どんなときでも一定のお金がもらえる権利収入を持っていたので裕福でした。
このような江戸時代の権利収入のシステムは、フォルスクラブでなければ教えてくれません。
学校の教科書には江戸時代に人間の排泄物が高値で取引されていたと記載されていないので、フォルスクラブに入会していると、日本の歴史にもまた一つ詳しくなれるでしょう。

江戸時代の権利収入など多くを学べるフォルスクラブ

排泄物を取引する権利収入の話は、フォルスクラブで勉強しても受験には役立たないと思うかもしれません。
しかし排泄物を取引していたという話をフォルスクラブで勉強して知っていると、話のネタにはなります。
内容が下ネタよりなので話す相手や場所は選びますが、適切なシーンで披露すれば場を盛り上げるネタになるでしょう。
ちょっとした小ネタをいくつもフォルスクラブで学び持っていると、教養のある人と思われ相手にも好印象を与えられます。
江戸時代には人間の排泄物を取引していた以外にも、驚くべき権利収入の話がまだまだあるかもしれません。
人々が憧れる権利収入の話はいつの時代も多くの人を惹きつけるので、フォルスクラブで勉強しておくとさまざまなシーンで活用できるでしょう。

サッカーチームのフォルスクラブの権利収入はいかに

●フォルスクラブというサッカーチームがあったら

フォルスクラブは優れた学習コンテンツのひとつですが、その名前からしてサッカーチームにあってもおかしくありません。
本来のフォルスクラブと同様にサッカーチームがあれば、素晴らしいチームになることでしょう。
チームを運営するにはお金が必要となるので、どこかでお金を稼ぐことになるわけですが、その際には広告料や入場料など権利収入を中心としてお金を稼ぐことになりそうです。
スポーツチームにとって権利収入というのは非常に大きな収入源のひとつですから、フォルスクラブも権利収入を中心に運営していくのは間違いないことでしょう。
問題はどれだけの権利収入があるのかということになります。

●入場収入はあまり大きくなさそう

フォルスクラブがどれだけ人気があったとしても、入場収入はそこまで大きくならないことが予想されます。
これはサッカーチーム全体の問題であり、入場料だけでやっていくことができるほどの人気チームは多くありません。
そもそも、権利収入の中で入場料収入がそれほど大きなものではありませんから、入場料はどちらかというと経費の一部を回収する手段として得るのが目的で、これで儲けようとする性質のものではないと考えられます。
あまり高額にして来場者が減ってしまうよりは、できる限り安くして集客をして別の権利収入で収益を得るスタイルのほうが、フォルスクラブには向いているでしょう。

●広告による権利収入は期待することができる

入場料の収益はそれほど大きなものは期待できませんが、広告による権利収入は期待することができます。
広告料というのは非常に大きなもので、多くの観客を動員するよりも一つの広告を張り出したほうが収入が多いということも少なくありません。
むしろ、そちらの方をメインに据えたほうが安定した収益が上がると考えられ、フォルスクラブの運営には広告による権利収入を中心に行っていくのが良さそうです。
問題は広告主を探すことですが、それはフォルスクラブの成績によって大きく変わってくることでしょう。
チームが活況になれば注目度も高まり、広告主になりたいという起業も増えてきます。

●本家のシステムとのコラボも面白い

フォルスクラブがサッカーチームを作ったら、本家のシステムとコラボをして収入を得ることもできます。
広告収入の面では特に本来のフォルスクラブとの相性が良いので、こちらでも広告を打ち出すことで広告料が手に入りますし、また試合中継をするという手もあります。
タブレットを使用しますから、そのまま試合中継を流すこともできるので、観戦もできることを謳い文句に利用者を募れば
サッカーを見ることを目的に契約をする人も増え、別の方面から権利収入を得ることができると言えるでしょう。
フォルスクラブはそのシステムからサッカーチームの運営とも相性がよく、相乗効果が期待できるため案外面白い存在かも知れません。

フォルスクラブの社長の本の権利収入は

●フォルスクラブの社長の本はどれぐらい売れているのか

フォルスクラブの社長は本の権利収入でいくらぐらい稼いでいるのかを考える前に、まずはどれぐらい売れているのかを考える必要があります。
売れている数がわからなければ、どれだけ権利収入があるのかも計算することができないためです。
しかし、これは非常に難しいものがあり、予想をするのも困難です。
流行の本であれば売れていることをアピールして宣伝効果を高められますから、売上も公表されることがありますが、フォルスクラブの社長が出している本は、流行本ではありませんし、著者が自ら売上を公表することもありません。
そのため、どの程度売れているかは推測をするしかないのです。

●出版される程度には売れている

フォルスクラブの社長の本がどれだけ売れているか、正確な数字を判断することはできませんが、出版されるということは赤字にはならない程度に売れていると考えることができるでしょう。
赤字覚悟の自費出版という手もありますが、フォルスクラブの社長がわざわざそのようなことをする意味がありませんから、出版する以上は出版社も社長本人も印税という権利収入が得られる程度に売れていることが予想できます。
一般的には1000部程度売れれば成功とされているので、フォルスクラブの社長の本は1000部以上は売れているのが第一の目安として考えることができます。

●社長が得る権利収入はどの程度のものか

印税による権利収入はパーセンテージが決まっているわけではありませんが、大体5-10パーセントの間とされています。
自費出版となれば、文字通り自費で出版をすることになるので取り分は更に大きくなりますが、フォルスクラブの社長が自費出版を選ぶとは考えにくいので、一般的な印税という形の権利収入で考えてみることにしましょう。
1000円の本が1000部売れたとしたら、総額は100万円になります。
ここから印税による権利収入が10パーセントだとした場合、フォルスクラブの社長が得る収入は10万円と導き出されます。
これだけみると少なく見えますが、1000部はあくまでも最低限の数字なので、更に多くの権利収入を得ている可能性があります。

●損得を考えて本を出してはいない

仮にもっと多くの本が売れていて、例えば1万部売れていたとしたら100万円の収入となります。
しかし、それだけ売れて100万というのは少ないような気もしますが、フォルスクラブの社長は本の権利収入で儲けることを考えているわけではないでしょうから、宣伝効果を考えると実質的には更にプラスと考えることができます。
社長の本を手にとってフォルスクラブに興味を持つ人がでて、フォルスクラブを利用してみようと考えれば、印税以上の収入に繋がります。
そのため、フォルスクラブの社長の本は本の売上自体の権利収入がそれほど大きくなくても、収入が得られる宣伝だと見れば非常に価値が高いものとなっているのです。