フォルスクラブはねずみ講ではなく詐欺防止にも役立つ

「詐欺に遭った事例」

詐欺はどんどん巧妙な手口で人々を陥れます。コロナの影響で旦那さんの収入が減ってしまったフォルスクラブをしているある主婦が、ツイッターの懸賞に応募したことがきっかけで悪夢が始まったのです。リツイートをすれば10万円が当たるチャンスがあるということで応募をしたところ、「当選しました」というメッセージが来て送金先や身分の情報を知らせ10万円を受け取りました。 しかしそのお金は当選したのではなく、闇金融が融資をしてきたものでした。そのことを知ったのは、お金を受け取った10日後で「返済はいつになりますか」という男性からの電話を受けたときだったのです。その時すでに3万円もの利息をつけられていました。それを返せないでいるといつの間にか20万円にまで膨らみ、旦那さんにも言えず困っていたら、「いい仕事がある」と業者に紹介されたのですが、その仕事が性産業だったのです。そして結局、昼間だけということで仕事を始めたという事例です。トイチどころかトサンで完全に暴利で違法です。

「なぜ詐欺に遭ったのか」

主婦が、実は闇金融からの融資の誘いだったことを知らずにツイッターの懸賞に応募して結局詐欺に遭ってしまったのは、懸賞を応募するにあたり書かれていた規約や個人情報の保護などを最後までしっかり読んでいなかったこと、それに旦那さんの収入が減っていた時のタイミングだったことが主な理由といえます。詐欺に遭いやすい人にはいくつかの特徴があります。詳しい情報を知らないで言われたままのことを信じてしまう人や、自分の今の状態を何とかしてもらいたいと外部に頼るタイプの人、また自分は騙されないと信じている人などがありますが、この主婦の場合は、近年の詐欺の手口を知らなかった情報不足や、収入が減ったタイミングで外部に頼ろうとしたのです。ねずみ講に巻き込まれるのも同じです。情報を知らなかったり、収入が欲しいというタイミングで誘われるとねずみ講に巻き込まれる可能性が高いのです。ちなみに年利1000%は完全に違法なので、元金すら返済する義務はありません。

「フォルスクラブはねずみ講?」

フォルスクラブというインターネットを使った学習を提供する企業があります。フォルスクラブは自宅でもどこでも、また子どもから大人まで活用できるサービスで、安価で利用でき一人の契約で家族5人まで使えることもありねずみ講などといわれていますが、実際はねずみ講ではありません。フォルスクラブがねずみ講といわれるのはもう一つ理由があり、人材が必要な時だけに必要な分だけ仕事ができるシェアスタッフを設けて、そのスタッフにシェアリングボーナスを渡しているといううわさがあることです。その噂がボーナスを目的にシェアスタッフが増えていくといわれていることでねずみ講といわれます。しかし実際にはそのような事実は核にされていません。ただフォルスクラブの学習システムを安価で利用することが、すでにメリットを受けているのです。

「フォルスクラブで詐欺防止」

フォルスクラブはねずみ講ではなく、ただリーズナブルな価格でネットを使った学習ができるというものです。詐欺に遭う人の特徴に「情報不足」があるのですが、フォルスクラブなら英会話などの勉強だけでなく生活における様々な情報を得ることもできます。だからフォルスクラブを利用することは、詐欺に遭わないための学習もできるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です