イーラーニング研究所が作るタブレットはどれだけ頑丈か?

イーラーニング研究所はその名の通り、
様々なeラーニングに関するものを作製しています。
そのほとんどがソフトウェアですが、
中にはハードウェアとしてタブレットを自作しているのです。

そのイーラーニング研究所が作ったタブレットですが、
どれくらい頑丈なのでしょうか?
45口径の銃弾に耐えて欲しいまで言いませんが、
2階から落としても大丈夫な頑丈さは欲しいですよね。
Gショックみたいに、マリアナ海溝に沈めても、
インド象に踏まれても平気な耐久度が欲しいですよね。

と言うのも、子供はいつの時代もヤンチャだからです。
小中学校でタブレットを持たせる取り組みが計画されていますが、
ランドセルをモーニングスターのように
振り回す児童に精密機械を持たせるのは、
自殺行為と言えなくもありません。
ランドセルでサッカーするお子さんは決して少なくないでしょう。
自分のお子さんは大人しいから大丈夫としても、
クラスに一人か二人はガキ大将が居て、
そうした子が他人のランドセルを砲丸投げするかもしれませんよ。
子供というものは、道徳も倫理も常識も全く持たないことが多いので、
あらゆるケースを想定して対処に臨まないといけないのです。

しかし、イーラーニング研究所が作るタブレットは
そこまで頑丈ではないかもしれません。
そもそも、どこのメーカーも頑丈なタブレットを
作っていない気がしますし、
それ以前にどんなにコストを掛けても作れそうにない気がします。
NASAが作る宇宙船だって、
10cmのスペースデブリが当たっただけで、一撃で粉砕します。
どんなに頑丈なものを作っても、精密機械は非常にデリケートなので、
簡単に壊れてしまうのです。
持ち歩くたびに、プチプチ君でイーラーニング研究所のタブレットを
カバーしても、やはり瓦割りしたら、壊れてしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です