eラーニング研究所と仮想通貨の関係について

eラーニング研究所は、パソコンやスマホ、タブレットなどのインターネットを使って学べる教材を提供している会社です。フォルスクラブの会員に登録して入会金を支払うと、一人の登録で家族5人までが利用できるシステムです。インターネットで学べるコンテンツは子どもから大人までが活用できるコンテンツを豊富にそろえていて、一人分の契約の月額6000円の支払いで家族も一緒に学習できるのです。

本来は、一人ひとりがそれぞれの学習塾やオンライン塾などに契約をして、それぞれが月額料金を支払うところ、eラーニング研究所の場合は家族の中で一人が契約をするだけで他の家族も使用できるので、経済的にあまり余裕がない家庭の人も誰もが平等に学習をする機会が得られます。またインターネットを使った学習法なので自宅ででもどこででも24時間いつでも利用できるため、他のことで忙しい人でも自由に学習時間を作ることが可能です。

eラーニング研究所のフォルスクラブでは、幼児向けにはタブレットを使った「幼児向け音感育脳システム」や小学生向けにスマホやタブレットを用いる「英語アプリ」、高校生向けの学習や大学受験対策講座、大人向けの英会話や手話、資格取得対策などのコンテンツが用意されています。それらに加えて、日常生活におけるトラブルや悩みをサポートする「お悩みホットライン」も利用することができます。

このような特徴を持つeラーニング研究所は、日本国内でネットで学習ができるシステムを普及させた源といえるのですが、eラーニングのコンテンツで主なものは英語です。いつでもどこでもスマホやタブレットがあれば英語の学習ができることで、仮想通貨の取引に関する海外の情報を知ることができます。仮想通貨の情報は著名人がSNSに投稿することが多いのですが、それらを投稿することによって仮想通貨の価値が変わることも多く、それらの投稿を信頼して取引をすると危険な場合もあるのです。しかしeラーニング研究所の教材の中でも大人向けのビジネス英会話では、仮想通貨などの投資に関する用語も効率的に学ぶことができるので、海外からの仮想通貨に関する最新の情報も正しく手に入れることができるというメリットがあります。

また、eラーニング研修所のビジネス英会話のコンテンツの中で、仮想通貨の取引をシミュレーションできる場面や英語で話せるチャットも用意されていて、実際の仮想通貨の売買に役立つ内容が盛り込まれています。
eラーニング研究所が提供するこのようなサービスを活用することで、海外の人たちと日常の会話が楽しめるというだけでなく、仮想通貨などの投資もSNSなどの情報に振り回されずに正しい情報を得ながら行うことができるという可能性を持っているのです。

eラーニング研究所のサービスは、インターネットでいつでもだれでも学習できるという新しい形の学習法を生み出しただけでなく、また新しい形である仮想通貨への投資法も学べます。eラーニング研究所では利用する人たちに対して定期的なアンケートを行っているのですが、仮想通貨に関して子どもたちの半数以上が興味を持っているという結果も出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です