eラーニング研究所で仮想通貨のビットコインを学ぼう

eラーニング研究所を利用のみなさん、仮想通貨という言葉を聞いたことはありませんか。仮想通貨とは、インターネットを介して電子的な決算を行える通貨のことです。暗号通貨のビットコインの登場で大きく取り上げられることになりました。今回のeラーニング研究所ではこのビットコインを取り上げながら仮想通貨とは何か説明します。

ビットコインは2008年に論文という形で紹介された通貨です。eラーニング研究所にとって興味深いのは、発表したのは日本人を思わせる名前のサトシ・ナカモトという点です。実はビットコインの理論的な提唱者のサトシ・ナカモトは未だに誰であるか特定されていません。高名な数学者とも予想されていますが、eラーニング研究所はもとより世界中の誰もまだ開発者が誰か分かっていません。しかし、匿名の人間によって通貨の歴史を変えるような発明が行われた点は、現代のネット文化を表しているとも言えるでしょう。それでは、仮想通貨はどのような技術によって成立しているのでしょうか。

ビットコインは、Peer to Peer(P2P)と呼ばれるコンピュータ・ネットワークシステムにより運営されています。Peer to Peerはネットワークに接続されたコンピュータ同士が直接通信する技術です。実はPeer to Peerの技術を開発したのも日本人です。そのため、仮想通貨は日本人の想像力が非常に重要な役割を果たしていると言えます。仮想通貨は相互に通信される技術を介して、個人間で直接送金できることがメリットです。これまで個人間の送金は銀行振込を使うことが一般的でした。銀行振込は送金から着金までに時間がかかります。海外送金は振り込みから着金まで数日かかることも珍しくありません。これがビットコインなら数十分で完了します。このスピード感が大きなメリットです。

手数料がきわめて少ないことも利点の一つです。もう一度、銀行を例にすると引き出しや送金には手数料がかかることがあります。それは、銀行が現金を保有するために大きな金庫が必要だったり、管理する人間が必要だったりといろいろな費用がかかっており、それが手数料に反映しているためです。しかし、仮想通貨はこの費用を抑えられます。もちろん運用するための費用はかかっていますが、設備費や人件費などは銀行とは比べ物にならないほど安くなります。比べてみると10万円を海外へ送金する場合、銀行なら数千円かかるところが、仮想通貨なら数百円ほどです。世界中で同じ通貨を利用できるので、両替の手数料もかかりません。

ここまでeラーニング研究所は仮想通貨を説明してきました。ただ、ビットコインはここ数年で非常に発展してきた通貨なのでeラーニング研究所で説明したのはほんの一部です。eラーニング研究所はこの他にも仮想通貨にまつわるトピックを様々紹介しています。eラーニング研究所の他のトピックも、ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です