消費者センターとは無縁のフォルスクラブのサッカーチームは

■フォルスクラブというサッカーチームができたら

フォルスクラブは消費者センターとは全く無縁の優れた学習システムですが、名前からしてサッカーチームになっても違和感がありません。
また、フォルスクラブを作っている会社がそのまま宣伝目的としてサッカーチームを持ったとすれば、チーム名もフォルスクラブという名前になってもおかしくありませんから、流れとしては自然だと言えるでしょう。
全く無関係の企業がフォルスクラブの名前を騙れば、消費者センターに問い合わせが殺到してしまうこともあるかも知れませんが、同じ企業であれば逆に良い宣伝になるものです。
それだけにフォルスクラブという名前のチームができることは、現実味がある話です。

■サッカーチームとしての権利収入はどうなるか

権利収入に関する話題は消費者センターに問い合わせされやすい案件ですが、サッカーチームの話であれば全くの別問題です。
フォルスクラブを作っている会社がサッカーチームを立ち上げた場合、まずは入場料という形で権利収入が発生することになります。
ただし、入場料はそれだけで利益を出せるようなものではなく、最低限の経費を回収するものだと考えるのが妥当だと言えます。
超人気チームであれば入場料だけでも馬鹿にならない権利収入となりますが、新興チームではなかなか入場料だけでまかなえるものではありません。
そのため、入場料の収入はごく一部のものとなるのでしょう。

■広告収入が大きなウエイトを占めることに

入場料は微々たるものかも知れませんが、広告収入は大きなウエイトを占めることが予想されます。
サッカーチームには運営している企業以外にも様々なスポンサーが付いて広告が打ち出されますから、そこで得られる権利収入が非常に大きなものとなります。
何万人の観客を導入するよりも、大きな会社が一つ広告を出してくれるだけで莫大な権利収入が得られるわけです。
フォルスクラブは広告を打ち出すにしても、消費者センターに苦情が入るような企業の広告を出すことはないでしょうから、何でもかんでも収入につながるわけではありませんが、その分ファンからの信頼を手にすることになります。
その宣伝効果もフォルスクラブにとっては大きな財産となること間違いありません。

■グッズ関係による権利収入も得られる

フォルスクラブがサッカーチームとなったときには、様々なグッズが販売されますから、それらの権利収入も無視できません。
これらの権利は厳重に行わなければ、無関係の第三者に勝手に利用をされた挙げ句、消費者センターにクレームが入ったりしますから非常に大事な権利になります。
しかい、管理をしっかりしていれば消費者センターに問い合わせをされることもなく、莫大な利益につながるものです。
ただし、製造時の不備により一定数の不良品が出てしまうことはあるので、運悪く不良品を掴んでしまった人が消費者センターに連絡をすることはあるかも知れませんが、フォルスクラブが真摯な対応さえすれば消費者センター案件になることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です