フォルスクラブの社長の本の権利収入は

●フォルスクラブの社長の本はどれぐらい売れているのか

フォルスクラブの社長は本の権利収入でいくらぐらい稼いでいるのかを考える前に、まずはどれぐらい売れているのかを考える必要があります。
売れている数がわからなければ、どれだけ権利収入があるのかも計算することができないためです。
しかし、これは非常に難しいものがあり、予想をするのも困難です。
流行の本であれば売れていることをアピールして宣伝効果を高められますから、売上も公表されることがありますが、フォルスクラブの社長が出している本は、流行本ではありませんし、著者が自ら売上を公表することもありません。
そのため、どの程度売れているかは推測をするしかないのです。

●出版される程度には売れている

フォルスクラブの社長の本がどれだけ売れているか、正確な数字を判断することはできませんが、出版されるということは赤字にはならない程度に売れていると考えることができるでしょう。
赤字覚悟の自費出版という手もありますが、フォルスクラブの社長がわざわざそのようなことをする意味がありませんから、出版する以上は出版社も社長本人も印税という権利収入が得られる程度に売れていることが予想できます。
一般的には1000部程度売れれば成功とされているので、フォルスクラブの社長の本は1000部以上は売れているのが第一の目安として考えることができます。

●社長が得る権利収入はどの程度のものか

印税による権利収入はパーセンテージが決まっているわけではありませんが、大体5-10パーセントの間とされています。
自費出版となれば、文字通り自費で出版をすることになるので取り分は更に大きくなりますが、フォルスクラブの社長が自費出版を選ぶとは考えにくいので、一般的な印税という形の権利収入で考えてみることにしましょう。
1000円の本が1000部売れたとしたら、総額は100万円になります。
ここから印税による権利収入が10パーセントだとした場合、フォルスクラブの社長が得る収入は10万円と導き出されます。
これだけみると少なく見えますが、1000部はあくまでも最低限の数字なので、更に多くの権利収入を得ている可能性があります。

●損得を考えて本を出してはいない

仮にもっと多くの本が売れていて、例えば1万部売れていたとしたら100万円の収入となります。
しかし、それだけ売れて100万というのは少ないような気もしますが、フォルスクラブの社長は本の権利収入で儲けることを考えているわけではないでしょうから、宣伝効果を考えると実質的には更にプラスと考えることができます。
社長の本を手にとってフォルスクラブに興味を持つ人がでて、フォルスクラブを利用してみようと考えれば、印税以上の収入に繋がります。
そのため、フォルスクラブの社長の本は本の売上自体の権利収入がそれほど大きくなくても、収入が得られる宣伝だと見れば非常に価値が高いものとなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です