フォルスクラブは詐欺の心配がない?

計画倒産の詐欺が流行っています

フォルスクラブは計画的に勉強するには良いツールです。一方、計画倒産とは、その名の通り「計画的に倒産をすること」です。しかし、経営状況が悪化して倒産を避けられない状況になったら、ある程度は計画的に倒産をすることは当然です。なので、これがただちに詐欺になるわけではありません。一般的には、「最初から搾取する目的を持って会社を設立」「返せないことがわかっていながら金融機関から融資を受け」などの条件を満たす場合に詐欺となります。最近はこのような詐欺が流行っており、企業や金融機関だけでなく一般人も被害にあっています。

フォルスクラブはそのような心配がない

フォルスクラブのサービスを提供する会社は設立が2002年9月なので、計画倒産の心配はほとんどありませんね。フォルスクラブを運営している会社は株式会社イー・ラーニング研究所で、資本金は1000万円です。資本金が1000万円と聞くと少ないと感じるかもしれません。しかし、中小企業では資本金1000万円は信用があるほうです。フォルスクラブも経営状況が悪化して、倒産を避けられない事態になる可能性はあります。しかし、少なくとも詐欺的な意味での計画倒産はしないと思われます。

個人投資家などが狙われることも?

今はインターネットを通して海外のサイトに簡単にアクセスできる時代です。クレジットカードを使えば海外のサイトにマネーを入れることも簡単です。最近では仮想通貨も普及してきています。日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入して海外に送金するという方法なら、為替手数料がかかりません。仮想通貨の普及は良いことですが、リスクもあります。インターネットが普及したばかりの頃は法律が整備されていないせいで様々なトラブルが起きました。法律が追いついていない部分では特に注意が必要です。個人投資家が海外のプロジェクトに投資をして、詐欺にあうというケースも増えています。海外では日本の法律が適用されないという部分も不安要素です。

フォルスクラブは国内の企業なので安心度が高い

フォルスクラブの会社は国内の企業なので、国内の法律が適用されます。なにかトラブルが起きても、国内の裁判所で解決できるので安心度は高いです。もちろん、国内企業だから絶対に詐欺にあわないというわけでもないです。悪質なサイトは1年サイクルで設立と倒産を繰り返している傾向があります。フォルスクラブは設立が2002年なので、悪質なサイトである可能性は低いです。悪質・詐欺ならばすぐに口コミが広がって、18年以上も運営が続くわけがありません。資本金1000万円という部分も信頼の証です。詐欺のために資本金をそんなに入れるとは考えにくいです。さて、この記事ではフォルスクラブが詐欺の心配がないということを解説してきました。仮想通貨の登場によって個人でも簡単に国内や海外のプロジェクトに投資ができるようになっています。個人も計画倒産詐欺のターゲットになりやすい時代ですので、くれぐれも気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です