もしイーラーニング研究所を福士蒼汰さんが買収したら

「飛ぶ鳥を落とす勢いを続ける福士蒼汰さん」
福士蒼汰さんは2016年からイーラーニング研究所のイメージキャラクターを務めており、近所のお兄さん感が強く、親しみのある優しさなどが特徴です。福士蒼汰さんは数年前からドラマや映画などに多数出演を果たしており、イケメンの俳優としてお茶の間の誰もが知る存在になっています。そんな人気絶頂の時にイーラーニング研究所と関わりを持ち、今に至ります。そんな福士蒼汰さんがイーラーニング研究所を買収することになればどのようなことが起こるのか、気になるところです。もちろんイーラーニング研究所は立派な企業であり、1つの企業を買収することはとても大変なことです。もし買収が行われたらどのようになっていくのか、想像するだけで面白そうです。

 

「イーラーニング研究所のイメージがさらに上がる?」
福士蒼汰さんを起用する背景には、スクールTVというサービスを展開するにあたり、近所のお兄さんやお姉さんに気軽に教えてもらえるようなものにしたいというイーラーニング研究所の思惑がありました。それを受けてそのイメージにぴったりな福士蒼汰さんが選ばれた格好です。つまり、イーラーニング研究所を買収したとしてもそのイメージが壊れることはありません。むしろ、企業買収をするほどそれだけ真剣であるという気持ちが多くの人に伝わり、その理念を伝えていくことができればさらに印象は良くなります。場合によっては、どちらにとっても喜ばしいことになり、相乗効果が生まれるかもしれません。

 

「本当に買収をするなら今のままにすべきところも」
企業買収をすると、経営だけに携わって運営は今まで通りにする人と現場にも口を出す経営者などがいます。日本で企業買収をする際にうまくいきやすいのは前者です。後者でもうまくいくケースはありますが、特殊なことをしている場合には何も知らない経営者が口を出してしまったことでさらに悪化させてしまうことがあります。もし福士蒼汰さんがイーラーニング研究所を買収するのであれば、福士蒼汰さんは何も口を挟まないことが必要です。子供に教えるノウハウやどのようなものをビジネスマンが求め、スキルアップに励んでいるのかは現場の人しかわかりません。その声を大事にするために口を出さないようにすることが必要です。

 

「さわやかなイメージを多くの人が持つ?」
福士蒼汰さんが企業買収をしたというニュースは驚きをもって伝えられ、イーラーニング研究所とはどういうところかという話題になるはずです。その時にそれまでイーラーニング研究所を知らなかった人も福士蒼汰さんが買収をしたところだという印象を持ち、とてもさわやかなイメージを持つ可能性が高いです。実際の経営は今まで通りで、例えば株式の過半数を押さえるとか共同経営を行うというのであれば十分にあり得ます。現場に福士蒼汰さんが現れて、激励をしてくれれば女性従業員などはものすごくやる気を出すかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です