フォルスクラブは良いMLMとしての活動が盛ん

●フォルスクラブはMLMの一種の形態をとっているが、その本質は何か
MLMとはMuthi-Levelmarketingの略称で、多階層の販売組織を意味しています。フォルスクラブは都市部と地方との教育機会の不均衡の解決に取り組むために早くからインターネット環境を基盤にしたeラーニング学習など先進的な教育方法を実践することで注目を集めています。そのフォルスクラブはMLMと言うメンバー形態を採用していますが、どうしてそのような方法を採用しているのか。これはその教育コンテンツが家族全員を対象にし年代の違いを超えて幅広く利用できることを前提にコンテンツが組まれているからです。門戸を広く解放して、誰でも利用できるように配慮しているわけです。


●フォルスクラブがMLMで取り組んでいることは、何か
フォルスクラブは通信環境さえ整っていれば、コンテンツを利用できる訳で、場所も時間の制約も受けずに必要なサービスを利用することが出来ます。個人のスマートフォンをプラットフォームにすることはもちろん、家庭に設置した供用のデスクトップPCなどもからも利用出来ます。これもMLM制を採用したことのメリットの一つで、家族それぞれが全く違った内容の勉学にいそしむことが実践できると言えます。例えば子供さんは中高受験のための科目学習を利用しながら、親御さんは自分のスキル習得や上昇のためにeラーニング学習を利用するといったスタイルを実現します。


●フォルスクラブのMLMのメンバーの数が順調に増加を見ている理由
フォルスクラブのMLMは家族単位で年代を問わずにメンバーを対象としたので、初期から多数のメンバーを得るに至りました。ただ実際に利用してみると手軽な実践方法でありながら、個人のペースで勉強や学習に集中できるので想定以上の結果に繋がることが判明しメンバー間でも高い評価を得ることになりました。MLMの特性には外部に対して開かれた、オープンな組織という特徴を持っています。人間の譲渡して自分で利用したものでメリットがあると他の人にも薦めたくなるものです。メンバーの誰もが新規会員の獲得する窓口にもなっているので、外部からの新規会員も多数獲得しています。そういった事情があって、メンバー全体数も一貫して増加を見ているのです。


●フォルスクラブがこの先、将来に向かって目指すもの
文部科学省はeラーニングの教育現場への導入を真剣に検討を重ねており、教育現場での重要な政策課題と認識されています。フォルスクラブはeラーニングの特徴とメリットが、まさに全国的に一定以上の水準を維持した教育内容に接することが出来る事実を昨今の活動で証明しています。かつては都市部の交通アクセスの整備した居住環境でなければ、一流の講義などに接することは困難でした。フォルスクラブはMLM形態で多数の会員を獲得したことで、より割安な利用コストで受験勉強も資格取得の為に知識を効率的に身につくことが出来ます。このようなメリットを享受できることから、今後も会員増加が見込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です