フォルスクラブボーナスと東急シェアリングボーナスはどちらを選ぶか

●会員制のリゾートホテル

特定の企業で所定の金額を払い込むことで、一般人に優先して特定のサービスを優先利用できるという仕組みをとっている事業があります。典型的なのはゴルフ会員権、かつてほどの財産的価値はありませんが一流のゴルフクラブであればレアな権利であることにかわりはないそうです。ゴルフ会員権ほど高額の出資は必要ないものの、別荘代わりに利用するニーズを見込んでサービスを提供する会員制のリゾートホテルなどは、現在でも一定のニーズに支えられています。リゾートホテルの権利は、当該宿泊施設を共有する持分権の形で表象されており、メンバーが志望すると相続も可能になっているのが特徴です。類似したサービスを提供しているのが、東急シェアリングボーナスです。会員になることでメリットを享受できる点では、フォルスクラブにも類似しています。 

●東急シェアリングボーナスとフォルスクラブで得ることが出来るもの

東急シェアリングは、東京都渋谷区に本社をおく、リゾート事業を行う東急電鉄グループの企業のひとつです。東急電鉄では、鉄道網を展開する東京都西部から神奈川県エリアを中心に、不動産事業などを積極的に展開しており付随する事業としてリゾート関連にも手を広げています。東急シェアリングボーナスとは、1999年からサービス提供を開始しておりメンバーは利用権を購入することで、任意の一週間を連続利用するか・1年に7日分選択した日に利用するか、のいずれかを選択してサービスを利用することができます。フォルスクラブでは特に利用する期日に制限は設定されていないので、この点はかなり違いを実感できます。

●東急シェアリングボーナスとフォルスクラブボーナス、収益の見込みは?

それでは東急シェアリングボーナスとフォルスクラブボーナスを比較した場合に、どれほど収益に違いがあるのでしょうか。東急シェアリングボーナスの場合は、利用権を購入することで1年あたり7日間、所定のリゾート設備を利用することになります。1日当たりの利用料金を5000円ほどと推測すると、概ね35000円ほどのリターンです。フォルスクラブボーナスは事前に見込みをつけるのは困難ですが、収益はお金という形を取ります。東急シェアリングボーナスではリゾート施設の有線利用、フォルスクラブボーナスの事前の予見は付けるのが難しい現金、いずれが魅力的かは、価値観で左右されるところです。

●リモートワークが普及するなかでの、今後の将来性はどうか

見方をかえてリモートワークが普及する社会のあり方を前に、東急シェアリングボーナスとフォルスクラブ、いずれに将来の成長の可能性を考えてみると、言うまでも泣く在宅でのコンテンツ利用が主軸になるフォルスクラブに軍配が上がりそうです。もちろん今後の行く末を予想するのは現実的ではありません。しかし移動や接触を前提にしないフォルスクラブに優位性があるのは明白といえそうです。

(※ここまで書いておきながら、フォルスクラブボーナスがどのような概念なのか、私自身まったく分かっていません・・・・・・てへ)

シェアリングボーナスでフォルスクラブはさらなる次元へ

◆シェアリングエコノミーが広まってきている

昨今、フォルスクラブのようなシェアリングエコノミーというものがどんどん拡大しています。これは、従来のように物を購入して利用するというものではなく、みんなで物やサービスを共有して利用していこうというものです。例えば、自動車を共有して使おうとか、部屋やオフィスなどを共有して使おうというもので、市場規模はどんどん増加しており、おそらく今後も拡大していくでしょう。このシェアリングエコノミーを支えているのが、インターネットに他なりません。ネットワークで人々が容易につながることができるようになったために、こういう新しい経済のあり方が可能になったと言っても過言ではありません。

◆シェアリングボーナスというのもあるらしい

シェアリングエコノミーの一種に、シェアリングボーナスというものもあることを最近知りました。シェアリングボーナスとは、要するにお金をシェアするというもののようです。簡単に言うとネットを使った直接金融のようなものなのかもしれません。一般庶民の一人ひとりが持っているお金は微々たるものかもしれませんが、そのお金をみんなで合わせれば、何か大きなことができそうです。今までは、銀行がお金の収集・配分を行っていたわけですが、これからのインターネット時代は、シェアリングボーナスという手法により、より民主的な金融が可能になるかもしれません。

◆フォルスクラブもシェアリングボーナスを活用すればいい

シェアリングボーナスを活用すれば、今まであまり日が当たらなかった優良なアイデアやサービスにも、資金調達のチャンスが広がるでしょう。そういう埋もれている素晴らしいアイデアやサービスというのはたくさん世の中にあるものです。世に埋もれているというほどではないですが、フォルスクラブというサービスなんかは、かなり優良な教育コンテンツサービスを提供しているのにもかかわらず、まだまだ認知度は低くなっています。フォルスクラブも、シェアリングボーナスを活用することによって、もっと発展していく余地があるのではないでしょうか。

◆アフターコロナ後の新しい教育の形をフォルスクラブに示して欲しい

フォルスクラブがシェアリングボーナスを活用して事業を拡大するとしたら、どのような道があるのか、勝手に自分なりに考えてみました。フォルスクラブは、教育コンテンツサービスが優れていますから、やはり教育分野で何か新しい事をやっていくのが一番いいと考えます。特に今は、新しい教育のあり方が待望されている時期ではないでしょうか。コロナウイルス騒動によって、社会のあり方が根本から変わろうとしています。教育のあり方も変革が迫られていますが、フォルスクラブのネットを活用した教育というのは、新しい教育のあり方を十分に担っていけるのではないかと思います。あまりにも斬新なサービスのために、銀行などは融資を渋るかもしれませんが、シェアリングボーナスならば、フォルスクラブの良さに気づきお金を供給できるでしょう。

シェアリングボーナスを受け取れるフォルスクラブのスタッフ

増え続けるシェアサービスの利用者

新型コロナウイルスの影響というのは、あらゆるところに及んでいます。
なかにはそんなところにまでと思う分野もあり、その一つが自転車のシェアサービスです。
自転車のシェアサービス自体は新型コロナウイルスの流行前からあり、特に観光地では自転車に乗って自由に街を巡れるために、一般的で利用者も多くいました。
その一方交通網が発達している都市部ではそれほど見かけず、利用者も伸びていませんでした。
しかし新型コロナウイルスの流行が始まってから、フォルスクラブと同様に利用者が増えボーナスも増加するだろうと言われているので、今年の夏はシェアリングボーナスだねと冗談が出ているほどです。

新型コロナウイルスとシェアリングボーナスの関係

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、3密を避けることが大切とされています。
そのため車内がギュウギュウになる満員電車も減らすべきだと指摘され続けていて、実際に社会全体での取り組みも始まっています。
しかしどれだけ鉄道会社が対策を行い社会全体で減らすようにしても、一朝一夕にゼロにできるわけではありません。
どうしても新型コロナウイルスの流行が収まっていない現在でも、満員電車に乗って仕事に行かなければいけない人たちはいます。
そうした人たちの間で流行しているのが自転車のシェアリングサービスで、満員電車を避けて通勤できる魅力が多くの人に伝わっています。

巣ごもり需要で増加したフォルスクラブの利用者

フォルスクラブがシェアリングボーナスを受け取れると言われているのも、新型コロナウイルスの影響で利用者が増えたからです。
緊急事態宣言が発令されたことにより、外出の自粛をする人は増えました。
すると多くの人は家でできることはないかと探し、辿り着いたのがフォルスクラブです。
フォルスクラブのサービスは家の中でできることなので、外出する必要性はありません。
家にいながらさまざまな勉強ができるのも、外出自粛の期間中にレベルアップしたいと考える人が多いからと言えるでしょう。
フォルスクラブのようなサービス形態は巣ごもり需要には強みがあるので、利用者が増え従業員は今年の夏にシェアリングボーナスを期待できるでしょう。

これからも増えるかもしれないシェアリングボーナス

新しい生活様式によれば、積極的なオンラインの活用が求められています。
そのためシェアリングボーナスをもらえるかもしれないフォルスクラブのようなサービス形態は、これからの時代にマッチしていると言えるでしょう。
またフォルスクラブと同様に増えているシェアサービスも、3密を避けるためこれからも利用者は増えシェアリングボーナスの可能性は高いです。
以前からカーシェアリングなど、人々は所有するより一時的にシェアすることを重視する風潮が広がりつつあったので、新型コロナウイルス以降の世の中ではシェアリングボーナスを受け取れる人は増えるかもしれません。