フォルスクラブは詐欺ではないです

1.フォルスクラブはe-ラーニングブランドです。

フォルスクラブはe-ラーニングサービスを取り扱っているブランドで、商品名とも言えます。いろいろなe-ラーニングの種類がありますが、主にパソコンや携帯電話を利用して学びたい教科や学習したい分野などを勉強することが可能です。従来のようにいろいろな教材が自宅に郵送されるのではなく、すべてのサービスをインターネットにおいて完結することができます。いろいろな種類のサービスがあり、これからも増えていくでしょう。フォルスクラブは詐欺ではないかと言っている口コミなどがありますが、決して詐欺ではありません。きちんとしたサービスで、好きな分野について効率よく学習することが可能です。

2.商品の質の高さが評判になっています。

フォルスクラブはいろいろなサービスを扱っていて、e-ラーニング商品の数が多いです。質の高さも話題になっていて、例えば大学入試に対応するe-ラーニングを受講することができ、専門講師による講義を利用することができます。高校生向けに作成されたe-ラーニングの開発者は東京大学の卒業生で、豪華なスタッフがフォルスクラブの商品やサービスに携わっています。他のe-ラーニングと比較してみるとその価値を把握することができ、フォルスクラブのサービスや商品は多くのユーザーから受け入れているのが現状です。詐欺のようなサービスではなく、高い満足度を得ることができます。他の商品を利用したものの効果がなく、詐欺にあったような気持ちになったなら、一度フォルスクラブを利用してみることをおすすめします。

3.定額制でリーズナブルな料金システムで利用することが可能です。

フォルスクラブは人気があり、その秘密には料金システムがあげられます。いろいろなプランを利用することができ、定額制で毎月決まった料金を支払うことで使用することが可能です。登録する時に入会金を払い、気軽に利用することができます。決して詐欺などのサービスではなく、毎月の使用料を考慮すると元を取ることができるでしょう。フォルスクラブはすべてのコンテンツを使用できるプランもあり、定額制で利用することができるので便利です。定額制などで詐欺にあうといった不安もなく、料金を支払うとフォルスクラブの商品をいろいろ活用することができます。好きな時間に学習することができ、この安心感の高さはユーザーの満足度をアップしているのでしょう。

4.フォルスクラブはイー・ラーニング研究所が運営しています。

フォルスクラブは株式会社イー・ラーニング研究所がおこなっていて、e-ラーニングを極めよう意志のこもった社名です。フォルスクラブの質の高さや安心感を感じることができ、いろいろなサービスを利用することができます。フォルスクラブは詐欺かもしれないといった意見もありますが、効率良く学習することができる優れたコンテンツです。幅広い世代が利用していて、詐欺にあわず気軽にスタートすることができます。

フォルスクラブは詐欺の心配がない?

計画倒産の詐欺が流行っています

フォルスクラブは計画的に勉強するには良いツールです。一方、計画倒産とは、その名の通り「計画的に倒産をすること」です。しかし、経営状況が悪化して倒産を避けられない状況になったら、ある程度は計画的に倒産をすることは当然です。なので、これがただちに詐欺になるわけではありません。一般的には、「最初から搾取する目的を持って会社を設立」「返せないことがわかっていながら金融機関から融資を受け」などの条件を満たす場合に詐欺となります。最近はこのような詐欺が流行っており、企業や金融機関だけでなく一般人も被害にあっています。

フォルスクラブはそのような心配がない

フォルスクラブのサービスを提供する会社は設立が2002年9月なので、計画倒産の心配はほとんどありませんね。フォルスクラブを運営している会社は株式会社イー・ラーニング研究所で、資本金は1000万円です。資本金が1000万円と聞くと少ないと感じるかもしれません。しかし、中小企業では資本金1000万円は信用があるほうです。フォルスクラブも経営状況が悪化して、倒産を避けられない事態になる可能性はあります。しかし、少なくとも詐欺的な意味での計画倒産はしないと思われます。

個人投資家などが狙われることも?

今はインターネットを通して海外のサイトに簡単にアクセスできる時代です。クレジットカードを使えば海外のサイトにマネーを入れることも簡単です。最近では仮想通貨も普及してきています。日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入して海外に送金するという方法なら、為替手数料がかかりません。仮想通貨の普及は良いことですが、リスクもあります。インターネットが普及したばかりの頃は法律が整備されていないせいで様々なトラブルが起きました。法律が追いついていない部分では特に注意が必要です。個人投資家が海外のプロジェクトに投資をして、詐欺にあうというケースも増えています。海外では日本の法律が適用されないという部分も不安要素です。

フォルスクラブは国内の企業なので安心度が高い

フォルスクラブの会社は国内の企業なので、国内の法律が適用されます。なにかトラブルが起きても、国内の裁判所で解決できるので安心度は高いです。もちろん、国内企業だから絶対に詐欺にあわないというわけでもないです。悪質なサイトは1年サイクルで設立と倒産を繰り返している傾向があります。フォルスクラブは設立が2002年なので、悪質なサイトである可能性は低いです。悪質・詐欺ならばすぐに口コミが広がって、18年以上も運営が続くわけがありません。資本金1000万円という部分も信頼の証です。詐欺のために資本金をそんなに入れるとは考えにくいです。さて、この記事ではフォルスクラブが詐欺の心配がないということを解説してきました。仮想通貨の登場によって個人でも簡単に国内や海外のプロジェクトに投資ができるようになっています。個人も計画倒産詐欺のターゲットになりやすい時代ですので、くれぐれも気を付けてください。

詐欺を防ぐにはフォルスクラブだけでは不十分

●フォルスクラブで思考力は身につけられる

詐欺を防ぐためにフォルスクラブで勉強をするのは一定の効果はあると考えられます。
フォルスクラブを利用すれば論理的な思考力を身につけることができますから、何もしていない人から比べれば詐欺に対しても矛盾点を見抜きやすくなるためです。
そのため、多少の穴がある詐欺に対してはある程度の効果を期待することができるというわけです。
しかし、詐欺の恐ろしいところというのは十分な思考力を持つ人であっても引っかかってしまうことがあり、そのような場合にはフォルスクラブで勉強をしても防ぐことはできません。
思考力を身につけたいのであれば、フォルスクラブを利用する価値はありますが、詐欺対策のつもりなら別の方法を探したほうが良いでしょう。

●フォルスクラブが詐欺対策にならない理由

フォルスクラブはあくまでも学習用のシステムですから、詐欺対策の勉強をすることはできません。
勉強をしたことで結果的に論理的な矛盾点を見つけることができることはあったとしても、相手はできるだけその矛盾をわからないように隠してくるわけです。
いくらフォルスクラブとは言えあの手この手を使ってくる詐欺には十分な効果は期待できないのです。
手口は常に新しいものが生まれてくるため、どれだけ頭のいい人であっても相手が騙そうとしているのを見抜くのが難しいことがあります。
被害を未然に防ぐためには、常に最新の手口を理解する必要があり、フォルスクラブは畑違いであるため対策にはなりません。

●騙されないためにすべきことは

詐欺の被害に遭わないようにすべきことは、もしかすると自分も被害者になってしまうかも知れないと常に頭に入れておくことです。
自分は絶対に騙されることがないと自信を持っている人ほど騙されやすく、騙す側もそのように思い込んでいる相手の方がやりやすいのです。
絶対に騙されることがないと思っている人は、言い換えれば自分の判断は正しいと思ってしまうタイプです。
つまり、相手を詐欺と見抜くことができなければ、そのまま騙されてしまうことになりますから、根拠のない自信を持つ人ほど被害に遭いやすいのです。
フォルスクラブの内容は信じても、根拠のない自信は禁物と覚えておきましょう。

●お金のかかることは時間をかけて決める

詐欺に遭わないためにもう一つ大事なことは、お金がかかることは時間をかけて決めるということです。
即断即決をしてしまえば、騙されたと気づく前にお金を相手に渡してしまうことになりますから、気づいた時には後の祭りです。
しかし、考える時間を取れば怪しいところも見えてきますし、もう一度怪しいところがないか確認をすることもできます。
フォルスクラブのようにリーズナブルな料金で利用ができる学習コンテンツを契約するのであれば即断即決をすること悪くはありませんが、大金が動く怪しい話が舞い込んできた時には、ひとまず時間をとるようにしましょう。