「ねずみ講」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブとネズミ講はそもそものところで違う

フォルスクラブネズミ講はそもそもの根本的なところで違うので似てもいません。似ている所を探す方が困難で探しても見つかる事も無いでしょう。そもそもネズミ講というものでは流通する商品というものが存在しませんから、ネットを利用して様々な教材などのサービスを提供しているフォルスクラブとは全く違うという事は明確に言えます。


ネズミ講はお金を入会金という名目で獲得して、それをひたすら上に上納するというシステムですから、まずお金しか動くものは無いという事で、サービスが存在しないのです。ですから、フォルスクラブのように様々なサービスをもっているところとは当然違うという事になりますし、ネズミ講はお金が下から上に行くだけですから、世界中の人が入会するとそれで行き詰るという破滅が前提になっている組織ということになります。ですが、フォルスクラブはサービスを作って販売をしているビジネスですから、破綻が前提どころかサービスの内容次第でいくらでも大きくなる事も可能です。


基本的にネズミ講はこの破綻を隠してさも楽をしてお金が入ってくるというような事を言うわけですが、フォルスクラブはそのような事は言いません。勉強しなければ資格も取得できないわけですし、そもそもサービスを利用する目的も知識の習得という大きな目的があって為されるということになります。お金が目的で入会するネズミ講とはどこをどう比較すれば似ているという事になるのかは分からないとしか言いようがありません。


敢えて似ている所を上げると、組織がピラミッド型になるという事ぐらいですが、これはネズミ講であろうとフォルスクラブであろうと、世の中の全ての組織はピラミッド型にならなければ、その機能を発揮する事は出来ません。平社員が一人で、社長が1,000人ということになれば、その会社が機能しなくなるという事は言うまでもないでしょう。ですから、組織の表をみてピラミッド型だからネズミ講だというのは安直に過ぎるというよりは、偏見でしかないという他ありません。それでフォルスクラブがネズミ講になるというのであれば、世の中の会社や団体、官公庁など全ての人の組織はネズミ講だという事になってしまいます。こうした批判をする人達はピラミッド型を見ると狂乱状態になってしまうのかもしれません。これは危ないということになるのですが、逆に組織がピラミッド型になっていなければ、これは危ないというように考えた方が良いでしょう。下がどれだけ頑張っても上に上がれないという事になっているので、もう組織的に瓦解することが目に見えているという事が言えなくもありません。それが逆ピラミッド型になっているという事になれば、もう破綻は寸前というように考えて良いかもしれません。フォルスクラブにしても、他の組織でもピラミッド型になっているのであれば、それは組織として機能しやすい状態になっているという事ですから問題はないのです。

ねずみ講に引っかからないためにもフォルスクラブを

●フォルスクラブはねずみ講ではない
勘違いをしている人は多いのですが、フォルスクラブはねずみ講ではありません。
むしろ、その逆の通信教育のサービスであるためフォルスクラブを利用して勉強をすることで、ねずみ講に引っかからないだけの思考力を身につけることができます。
デマを信じてフォルスクラブをねずみ講だと思いこんでしまう人は、ねずみ講のいい面を強調されるとそれを信じてしまって引っかかってしまう可能性すらあるので注意をしましょう。
簡単に情報を手に入れることができる時代だからこそ、情報の真偽を見抜く目が重要となり、フォルスクラブがねずみ講であるというデマにだまされないようにする必要があります。

 

●フォルスクラブで幼児教育を
教育というのは幼児の頃から行うことが重要です。
学習をする習慣は遅くなればなるほど身につきづらくなってしまい、勉強嫌いな人間になってしまいます。
勉強嫌いになってしまうと、物事を深く考えることができなくなってしまい、ねずみ講のように上手い話に簡単に引っかかってしまいかねないだけに教育は幼児の頃から行う必要があるのです。
幼児教育の方法は様々なものがありますが、そのような時に役に立つのがフォルスクラブであり、イーラーニングの黎明期から存在しているものだけに、優良なコンテンツで幼児の学習の手助けをしてくれます。
子供と一緒に楽しく勉強をすることができ、学習の習慣を身に着け思考力のある人間に育てていくことができます。

 

●料金がリーズナブルなのも魅力
いくら、幼児教育が重要といえどもあまりにお金がかかるようでは、気軽に試すことができません。
今の時代にはお金に余裕がある人は限られていて、多くの人がお金に苦しんでいます。
だからこそねずみ講のような怪しい話でも、お金に苦しんでいるからこそ一縷の望みをかけてハマってしまうのです。
それだけにどれだけフォルスクラブが優れていたとしても、料金が高ければ利用しづらくなってしまうわけですが、料金もリーズナブルなのがフォルスクラブの魅力となっています。
入会金に10000円、月額利用料金が6000円と一番最初の段階で16000円の出費にしかならず、後は6000円で済みますから幼児教育にかかる費用を考えると非常にリーズナブルなものと言えます。

 

●IT学習にもつながる
フォルスクラブはイーラーニングという形をとっているので、自然とIT学習にもつながるという点にあります。
これからの時代はパソコンやタブレット端末を使いこなければなりません。
これも幼少の頃から触れているのとそうでないとでは、大きな違いが出てくることになります。
フォルスクラブはパソコンやタブレット端末を用いて学習するものですから、電子機器の使い方を教えるつもりがなくてもコンテンツに触れるだけで何時の間にか使うことができるようなるので、IT学習の面からも価値があります。
このようにフォルスクラブは幼児教育に優れた、通信教育となっているのです。

 

ねずみ講とは違うフォルスクラブで大学合格へ

●ねずみ講と違って価値のあるフォルスクラブ
ねずみ講というのは上位の面々は利益を上げることができますから、早めに参入をすることができれば儲けることは不可能ではありません。
しかし、現実的には自分にそのような話が回ってきたときにはすでに損する側に回っている状況で、甘い考えを持って飛びつけば大損してしまうことになります。
それでは自らねずみ講を立ち上げて子会員を集めれば良いのかとなれば、これは犯罪ですから今度は摘発の危険があります。
成功をしたいのであればねずみ講のような犯罪行為に加担をするのではなく、フォルスクラブで勉強をしていい大学に入って、いい会社に入ったりあるいは起業をするのが一番確実で価値があります。

 

●フォルスクラブは無駄にならない
ねずみ講というのは犯罪であることを差し引いても、単なるギャンブルでしかなく何にもなりません。
たまたま儲けることができたとしても、それは部の悪い賭けに勝っただけの話で、それで次もいけると思ってしまえがどこかで痛い目をみることになります。
それに対してフォルスクラブは通信教育のシステムであり、学問を学ぶことができます。
身につけた知識や教養というのは決して無駄になることではなく、考える力はどこでも役立ちます。
フォルスクラブで勉強したことがそのまま役に立つことがなかったとしても、その経験はどこか別のところで役に立つので無駄にならないのです。

 

●フォルスクラブで大学合格の可能性が高まる
フォルスクラブを利用して勉強をすれば、大学受験対策も効率的行うことができるので合格の可能性が飛躍的に高まることになります。
従来の学習法とは違って視覚聴覚を使って勉強をすることができますし、フォルスクラブの優れたコンテンツの内容によってしっかりと大学受験対策をすることができます。
本当の意味で学力を身につけることができれば、ねずみ講のような危険な話があってもそれが危険であることを瞬時に判断することができますし、どれだけ無駄なことかということもわかりますから、大学合格の可能性が高まるだけでなくねずみ講の被害に遭う可能性まで低くしてくれます。

 

●大学合格後も役に立つのがフォルスクラブ
ねずみ講は何の経験にもなりませんから、損をしたときはもちろんのこと仮に利益が出たとしても何の役にも立ちません。
苦労もせず余計なリスクを負って得たあぶく銭は身につくものではなく、結局どこかでしっぺ返しがきて損をすることになります。
フォルスクラブは大学合格をしたあとも役立ち続けるものであり、それまで勉強をしたことは決して無駄になることはありませんし、コンテンツが充実してるだけに大学に入学した後も更に学習を続けることができる魅力があります。
日本人は大学に入学をするのが、いい会社に入るのがゴールだと思ってしまいがちですが、フォルスクラブがあればそこをスタート地点としてさらなる成長を続けていくことができるのです。

 

ねずみ講と誤解されてるフォルスクラブは英語学習に最適

●フォルスクラブがねずみ講であるのは誤解
フォルスクラブはねずみ講であると思いこんでいる人も珍しくありませんが、それは完全に誤解です。
ねずみ講だと思いこんでいる人の中で実態を知っている人がいるのかというと、皆無であり実際にねずみ講をしていたことを証明できる人はいません。
なぜなら、フォルスクラブはねずみ講と一切関係が無いわけですから、してもいないことをしていたと証明することはできないのです。
フォルスクラブがねずみ講で無いことは間違いないのですが、誰かが悪意を持ってねずみ講だという情報を流し、それを目にした人がいれば真偽の程を確認せずにそれが事実だと信じ込んでしまうため、一度悪質なデマが流れてしまったフォルスクラブは残念ながらねずみ講というイメージがついてしまいました。

 

●実は優良な通信教育のサービス
ねずみ講というイメージが強いフォルスクラブですが、実際にはどのようなものかと言うと優れた通信教育のサービスであり、これからの時代ますます伸びてくる分野となっています。
伸びてくる分野であることは間違いありませんが、新しい時代の通信教育の形であることから、誤解を受けやすいというのもまた事実です。
そこにもフォルスクラブがねずみ講と言われてしまう理由があるのですが、偏見の目を持たずに内容をよく確認してみれば、多彩なコンテンツに幅広い年齢層に対応をしていて使いやすいものであることはすぐに理解をすることができます。

 

●良心的な料金設定で利用しやすい
フォルスクラブは良心的な料金設定も魅力で、この辺も従来の通信教育とは一線を画しています。
通信教育は数十万という費用が発生するものも珍しくなく、気軽に試すことができないものも数多くあります。
それに対してフォルスクラブでは、初回は入会金を含め16000円で始めることができ、以降は月額利用料金の6000円で全てのコンテンツを自由に利用することができるのです。
更にそれだけではなく、このプランでは5人までが自由に利用をすることができるため、家族や友人同士で勉強をすることができるというのもポイントです。
人数分契約をしなくていいというのも、フォルスクラブの魅力だといえます。

 

●フォルスクラブで英語学習を
フォルスクラブには多彩なコンテンツが用意されていますが、その中でも特に注目したいのが英語の教材です。
イーラーニングと英語学習というのは非常に親和性が高く、目で見て音で聞いて英語に触れることができるので効率よく英語の学習ができます。
今までも音声を聞くことができる通信教育の教材はありましたが、それはテープであったりCDであったり手間のかかるものでした。
フォルスクラブであれば、リアルタイムで英語を見聞きすることができるため集中して勉強ができます。
もう一つ忘れてはならないフォルスクラブの魅力は、小学生から大人まで学習できるコンテンツが用意されていて、年齢性別問わずに英語学習ができるという点にあります。