「上場」カテゴリーアーカイブ

上場企業の社員も注目しているフォルスクラブ

eラーニングは社会人の間で確かな人気を獲得しています。
子供は自由になる時間が多いため、
家での学習や塾での勉強がしやすいですが、
毎日忙しい社会人は隙間時間を使って勉強するしかありません。
土日祝日以外に会社のお昼休憩を利用して勉強するというのが
メインとなってくるのではないでしょうか?
また、人によっては電車での通勤時間も長いため、
その時間を使うのも良いかもしれません。

そんな中、フォルスクラブは上場企業の社員も
注目している人気の教材です。
一般家庭向けに販売しているフォルスクラブは
実は上場企業などの
法人向けにも提供しているのです。
上場企業の社員の間で人気のフォルスクラブのコンテンツは
たくさんありますが、
総じて英語教育に関するものが評判です。
複数の英語教育のコンテンツがあり、
それらを使って効率良く英語を学べると
フォルスクラブが上場企業の社員の間で人気となっています。
その中でも、トイックと英会話を勉強ができるのは強みです。

460点を目指す教材、600点を目指す教材、
730点を目指す教材があり、
レベルに合わせて学習することが出来ます。
トイック400点の方がいきなり600点を目指しても、
その教材の中身を理解するのは難しいです。
まずは徐々に基礎を習得していき、
着々と実力を磨くのが賢い勉強法だと言われています。
3種類のトイックの教材がありますが、
中身は基本的に同じになります。
問題集と単語帳と教科書があり、効率良く学ぶことが出来ます。
トイックを初めて受験したいと考えている方は、
まず460点を目指してクリアできたら600点、
それもクリア出来た際には730点とレベルアップしていくのが
良いかもしれません。

一方、英会話のコンテンツは
ドラマ仕立てとなっていることから、
ただ音声を聞いて覚える・学ぶだけでなく、
どういったシチュエーションで会話しているのかも
イメージしながら学ぶことが出来ます。
そのため仮に将来、
海外出張や海外移住することになった場合でも使える会話を
フォルスクラブでは手軽に学ぶことが出来るのです。

今のほとんどの社会人は外国語系の学部を卒業、
もしくは留学経験ありという場合を除いて英語を話せません。
大学時代にちょっとやった40代の方は、
もう完全に忘れていると思います。
ただ、グローバルに活躍したい、
いずれは海外でビジネスを考えているのであれば、
英語力(リーディング・ライティング・会話)はとても必須です。
それ以外にも会社全体の英語力を磨くためにも、
フォルスクラブのような通信教材で学習するのは
得策だと言えます。
上場企業の社員に人気のフォルスクラブを使って、
確かな英語力を身に付けてください。
フォルスクラブでしっかり勉強することが出来れば、
簡単な日常会話も楽に出来るようになるかもしれませんよ。

他にも、フォルスクラブには
様々な資格の勉強ができるコンテンツが揃っていますので、
それを目当てにフォルスクラブに
入会するのもアリだと言えます。