Pp8Z7dUt のすべての投稿

フォルスクラブはサムライ商法詐欺ではないので安心

【詐欺と誤解されやすいフォルスクラブ】

フォルスクラブは詐欺扱いされたり、サムライ商法だと言われたりすることもあったりしますが、それは誤解です。
誤解の理由はいくつも考えられますが、大きなものとしては新しく登場をしたサービスであり、今までなかったものだけに勘違いをしている人が多いのが実情ではないでしょうか。
通信教育を扱っているというのも誤解されやすい理由の一つであり、実際に資格商法詐欺に使われることも多かっただけに、フォルスクラブも似たようなものだと思われてしまうのは仕方のない部分かも知れません。
しかし、フォルスクラブは全く詐欺とは無縁なので誤解しないようにするする必要があります。

【サムライ商法とは何か】

サムライ商法詐欺という言葉を耳にしたことがない人もいるかも知れませんが、これは資格商法の別の言い方になります。
なぜ、資格商法がサムライ商法になるのかというと、資格の名称にがつくことがおおく、そこからの読み方としてサムライがあるためサムライ商法と呼ばれるようになったというわけです。
この手の商法は古くから存在をしていて、就職に有利になると宣伝をされていたり資格を取れば仕事を斡旋してもらえるなどと言う言葉に騙されて、高い受講料を払うことになったというケースは無数にあります。
明らかな詐欺もあれば詐欺とは行かなくても、詐欺まがいの商法を行う業者も多く、いつの時代も問題視されています。

【フォルスクラブが士商法ではない理由】

フォルスクラブが商法詐欺ではない理由としては、そもそも資格を取れば就職に有利になるとか、それによって職を提供すると言った宣伝を行っていない点にあります。
確かにフォルスクラブでは、資格取得のために役立つコンテンツがありますが、それはあくまでも自発的に資格を取得したいと思う人が利用をするものであり、フォルスクラブ自体がこれを利用すれば就職に有利などと宣伝をしているわけではありません。
純粋に資格を取得したいと考えている人の手助けをするコンテンツを用意しているだけであり、誰かに強制をしたり過剰な宣伝を行っているわけではありませんから、安心して利用をすることができます。

【サムライ商法詐欺に引っかからないためには】

サムライ商法詐欺に引っかからないためには正しい知識を身につけることに加えて、過剰な宣伝をしているものに飛びつかないことが大事です。
世の中には上手い話はありませんから、あまりにも出来すぎた話には警戒が必要なのです。
そして、何らかの資格を取得するために勉強をするにしても高額な費用は必要ないということを覚えておきましょう。
家庭教師のように直接人と関わって指導をしてもらうものであればいざしらず、通信教育であればフォルスクラブのように安価で利用できて高品質のものはいくらでもあります。
法外な料金を取るようなものは、間違いなくサムライ商法詐欺だと思っていれば、被害にあうことも避けるので覚えておきましょう。

フォルスクラブに詐欺師が登場するなら

【勧善懲悪が基本的なストーリーとなる】

フォルスクラブの恋の英会話に詐欺師が登場するのであれば、基本は勧善懲悪物となることでしょう。
どのような結果であれ悪人が得をするような話は好ましいものではなく、学習コンテンツと考えると尚更です。
話の途中では詐欺師が得をするように見える場面も出てくるかも知れませんが、最終的には詐欺師が痛い目にあって終わりのストーリーが基本と考えられます。
あるいは詐欺を働こうにも結局は相手が騙されずに終わってしまい、徒労に終わるというパターンもあるかも知れません。
どちらにしても詐欺師がまんまと相手をはめ込んで、憎まれっ子世にはばかるというストーリーにならないことだけは断言できます。

【恋愛のやり手として展開することが】

詐欺師というのはあくまでも俗称であり、フォルスクラブの恋の英会話のコンテンツで考えるのであれば、あくまでも恋愛のやり手という形で話が進行することはあるかも知れません。
本当に犯罪を犯すわけではなく、言葉巧みに相手を恋愛に引き込むやり手というわけです。
詐欺師と呼ばれるからにはそれなりに悪辣な部分があることでしょうが、フォルスクラブの性質を考えればそこまで嫌悪感を覚えさせるほどの人物にはならないことでしょう。
このようなタイプの人物が出てきてストーリーが展開していけば、フォルスクラブは他の学習システムとは一味違うとより多くの人に注目をされるかも知れません。

【逆に騙される詐欺師が登場したり】

フォルスクラブは学習をするためのものですから、憎むべく犯罪者が出てくるのは好ましくありません。
それだけに詐欺師が登場をするにしても、どこか愛せる要素があり笑えるものでなければなりません。
それではどのようなストーリー展開になるかと言えば、騙すつもりが逆に騙されてしまう、あるいは墓穴を掘るといった形の話であれば、フォルスクラブのコンテンツにふさわしいと言えます。
落語の時そばのように相手を騙して得をしようとしていたところ、逆に自分が損をしてしまったというストーリーは楽しく勉強をさせてくれるフォルスクラブには有り得そうな話と言えるのではないでしょうか。

【詐欺被害に遭わないための本格ストーリー】

フォルスクラブの恋の英会話に詐欺師を登場させるのであれば、コミカルな感じが良いのですが、詐欺被害に遭わないために注意喚起のためにあえてハードなストーリー展開をしてくるということも予想されます。
実際に会った事件をモチーフにしたり、手口を参考にして警戒をしていなければ本当に引っかかってしまうのではという話の流れです。
物語の終盤になるまで相手が詐欺師と悟られないようにしてきて、最後の最後で相手はプレーヤーを騙していたという展開だと、詐欺被害のシミュレーションになり英会話の勉強とともに詐欺対策にも役立つことになります。
このようなストーリー展開もフォルスクラブであれば、十分に考えられるのです。

連帯保証人で詐欺られないようにフォルスクラブを

【連帯保証人になってはいけない】

連帯保証人というのはよく聞くものですが、一体これが何のかよく分かっていない人もいるのではないでしょうか。ムカデ競争みたいなのを連想する人もいるかもしれません。
これは文字通り借金に対して連帯責任を追うものであり、実際に借りている人が返済をすることができなくなった時に、連帯保証人に返済の義務が生まれるものです。
借金をしている人が最後まで返済をしてくれれば問題はないのですが、パンクをしてしまったり逃げ出してしまったりしたときには、他人の借金を背負ってしまうことになります。
連帯保証人はなる側にとっては全くメリットのないものですから、絶対になってはいけないものなのです。

【詐欺師は巧妙な手口で相手を丸め込む】

連帯保証人はなる側には何のメリットもありませんから、どれだけ相手を信用してもならないのが賢明です。
ところが詐欺師はメリットの無いことに対して、いかにもメリットがあるように、あるいはリスクがないように装って相手を丸め込もうとしてきます。
安易な気持ちで連帯保証人になってしまうと、詐欺師の餌食となってしまい他人の借金を背負わされてしまうことになるのです。
これは相手の話術もありますが、引っかかる方の無知によるものからハマってしまう部分もありますから、詐欺られないためにはフォルスクラブを利用して賢くなることが効果的です。

【フォルスクラブで賢くなれば詐欺被害も防げる】

連帯保証人詐欺に限らず、詐欺に引っかかってしまうのは無知からくるものが多いだけに、被害に遭わないためには本人が賢くなることが最善の対策になります。
賢くなるために効果的なのがフォルスクラブであり、便利な学習サービスであることからフォルスクラブを使うことによって、連帯保証人詐欺に引っかかってしまうようなことを防ぐことができます。
フォルスクラブは利用料金が非常に低額で、一日あたり200円程度の金額で利用が可能であるため、これほどの少額で詐欺を回避することができるようになれば、安い投資だと言えるでしょう。
フォルスクラブを利用すれば、詐欺被害を未然に防ぐことができるだけでなく、日常生活のあらゆる場面で役に立つので利用をする価値は十分に高いと言えます。

【フォルスクラブで本当に困った人を助けることもできる】

フォルスクラブを利用して賢くなれば、詐欺に合わないだけでなく本当に借金をしなくて困っているけれども、連帯保証人が見つからずに困っている人を助けることができます。
借金の悩みを解決するには何も連帯保証人になるだけではなく、他にもいろいろな方法があるものです。
困っている人に対して安易に連帯保証人になるのではなく、別の方法を一緒に考えてあげることによって人助けをすることができるというわけです。
フォルスクラブは自分自身を守るだけでなく、誰かを助けるのにも役に立ちますから、詐欺被害に遭わないためだけでなく、周りにお金で困っている人がいる時に手助けをするために利用をする価値もあります。

フォルスクラブの教材をMLMで利用

「フォルスクラブについて」

フォルスクラブは小さいお子様から大人まで家族皆で学習できるe-ラーニングといわれる学習方法での教材を提供する会社です。幼児用、小中高校生用の教材、英会話、資格取得のためなど11ものコンテンツの教材で楽しく学習できます。家族の一人が会員になって入会金と月額料金を支払えば、5人までなら家族のだれが使用しても良く学びたい教材の分だけ支払えば学習ができるのです。また学習だけでなく、鍵やガラス、水回りのトラブル、パソコンに関するトラブルなど日々の暮らしの中で発生する困りごとや悩み事を解決するための「サポートサービス」も提供します。

「新しい学びの形」

フォルスクラブは質の高い教育を安価で提供することを目的として設立されました。今の日本は経営格差によって十分な境域を受けられない子どもが少なくないのですが、フォルスクラブが提供する教材は安価で、しかも自宅でパソコンやインターネットを使って24時間365日いつでも好きな時に学習ができるので、子どもたちに均等に学びの機会を与えることができます。そしてすべての子どもたちが夢を実現することができるようにフォルスクラブは誕生しました。また子供から大人まで学習する生涯教育を通して、人材を育成しグローバルな日本を築くことや世界中の人々の教育水準を上げることに貢献することを目的とし、水道の水のように低価格で良質なものを大量に提供する「教育の水道哲学」を企業理念としています。

「MLM1582-Cについて」

MLM1582-Cとは15型液晶カラーモニターで、忠実に色を再現し残像の少ない映像を再現することができます。色合いや色の濃さを調節することもでき、バックライトはLEDを搭載しているので省電力を実現します。画面のサイズは横幅が304㎜、縦幅が228㎜でオプションで液晶保護パネルを装着することもできます。このように色彩豊かで見やすい液晶のパソコンを使ってフォルスクラブの教材で学習をすれば長期間使用しても目に負担がかかることもありません。

「もう一つのMLM」

MLMにはマルチレベルマーケティングという意味もあります。マルチやねずみ講などともいわれます。商品の購入者が他の人に販売していって販売できればレベルに応じた報酬をもらうという商法ですが、連鎖販売取引法の規制に沿って営業していれば違法でもなんでもありません。フォルスクラブはMLMといわれることがありますが、フォルスクラブは利用した人が販売するのではなく、あくまでも入会したい人はホームページから新規登録をします。フォルスクラブは安価ですべての人がいつでも学習できるようなシステムを作っていて入会金10000円と月額料金6000円という1人分の月会費で家族5人までコンテンツを使用することができます。そのコンテンツは有料になりますが、1人の費用で5人まではが使用できるという点からMLMといわれるのです。しかしフォルスクラブはMLMではなく家族5人まで利用が可能ということでその利用者全員の入会金や月額料金をもらうというシステムではなくむしろ入会金や月会費など支払わなくてもコンテンツを利用できるという良心的なシステムとなっているのでMLMやマルチとは全く異なるということです。

フォルスクラブのMLMサービス

ネット社会の拡大に伴い、パソコンやスマホなどのデバイスが進化を見せています。それは人々のライフスタイルを大きく変えており、教育分野においても影響を及ぼしつつあります。その結果、私たちは24時間365日いつでも学べるようになり、知的好奇心を満足させることが可能になりました。何よりも自分のペースで勉強できるので、スクーリングなどのカリキュラムに縛られる必要もありません。それを可能にするのが、フォルスクラブのeラーニングです。現在は実際の教育現場においてフォルスクラブの教育サービスが導入されており、21世紀の新たな学びのカタチとして注目されています。学校の授業の補完をはじめ社会人の資格試験対策、趣味や教養としての勉学など幅広いシーンに対応しています。

フォルスクラブは経済や地域格差が生み出す、教育格差の解消を目指しているわけです。新たな教育システムによって、誰もが気軽に学習できる環境を整え続けています。生涯教育の環境を整えることで、社会人全体の知の底上げを行っているわけです。それが一人ひとりの夢や目標の実現に、貢献することでもあります。大人から子供まで、幅広く活用できる教育サービスの提供を心がけていると言えます。さらに、フォルスクラブは学習環境を整えるだけでなく、暮らし全般を快適にするサービス環境を構築しています。その一環となっているのが、MLMをメインとしたメンバー形態です。MLMは多階層型マーケティングを意味し、幅広い年代層のアプローチするサービスとなっています。

フォルスクラブのMLMサービスではネット環境があれば、誰もが快適な学習サービスを受けられます。場所や時間の制約を受けることなく、必要な学習スキルを身につけることができます。パソコンやタブレットだけでなく、個人所有のスマートフォンでもフォルスクラブのMLMサービスが受けられるわけです。こうしたサービス提供の背景には、MLMのポリシーがあると言えます。家族全体をMLMサービスの対象とすることで、社会全体の知的底上げを図っているわけです。その結果、開発当初からメンバーは増え続け、幅広い年代層に及んでいます。何よりも自分のペースで好きな学習ができるので、勉強に対する集中力が高まるわけです。それが周りにも伝わり、新たなメンバー産出の原動力となっていると言えます。

国としてもeラーニングの教育現場への導入を、本格的に検討しはじめています。その前提として、フォルスクラブが提供するMLMサービスの学習効果や成果の報告があることは言うまでもありません。かつては高レベルの講義などは、難関試験をクリアしなければ受けられませんでした。それが現在では難しい試験を受けることなく、気軽に視聴できるわけです。こうしたMLMサービスのメリットを背景として、地方から国単位へと導入の動きが現れていると言えます。学習コストが画期的に低下することで、国全体としての知的レベルが向上するわけです。それこそがフォルスクラブの目指す方向性となっています。

フォルスクラブはどうしてMLM方式を採るのか。

最近日本でもフォルスクラブのMLM方式が少しずつ社会に浸透しつつあります。

フォルスクラブのMLM方式とは、都会と地方との教育格差をどのように埋めたらいいのか考えた時に始まった一つの教育方法のことです。インターネットを通して教育を行う方法です。この方法を教育庁も含め推進していくことによって、教育の格差が無くなります。地方なので良い学校に行けない、良い先生がいないので困るという問題が解決するのではないかということです。
フォルスクラブはどうしてMLM方式を採るのでしょうか。MLMの最初のMは、マルチです。この方法は、基本この商品が良いと思ったらその人が他の人に伝えて協賛者、お客を増やしていくというものです。このMLM方式によって、このフォルスクラブは世の中に浸透してきました。マルチが良いか悪いかの話題は別にして、このフォルスクラブの場合は、商品の品質が良いのが噂に噂をよんで、浸透が早かったと言えます。MLM方式のメリットがあります。

勉強をしたいと思っている人や知識欲のある人は、様々な年齢層でもおられます。でも状況ゆえに、立場ゆえにまた世間体や面子などのために、どこかに行って勉強するというのは出来ない、難しい方もおられるかもしれません。時には子供達でも、集団生活が難しい方もいます。しかしインターネット上であれば、自由な立場で何処からでも教育の機会を得られるかもしれません。また、どこからでも授業を受けることができるとしたら会場費が要らなくなりますから、授業料も必然的に安くなります。会場に行く時間も必要ありません。それでも良い先生からの授業を受けることができます。ですから誰でも利用し易くしたシステムです。
そこでフォルスクラブのMLM方式が決め手です。フォルスクラブですと、それぞれの予定に合わせて能力に応じて授業を受けることも出来ます。現在インターネット環境がよく整備されていますから、このシステムは使いやすい時代になっています。また、多くの人がスマートフォンを持っており、フォルスクラブを利用する環境は整っています。またそれによって口コミで段々と噂が広がっていきます。MLM方式の効果です。

昔以上に便利な時代となっており、反面、生活はより複雑になりすることが増えています。そのためとても忙しい毎日となっています。その中で時間を無駄にすることなく、勉強をしたり趣味をしたりと生活を楽しみたいと考えている方もいることでしょう。多くの場合子供の頃、勉強なんてなんでするのだろうと悩みます。でも大人になってみると、さらに勉強しなければならない、必要性を感じることがあります。あの時もっと勉強していたらよかったのにと思うことさえあるかもしれません。便利な時代だからこそ、それぞれの利点を比較考慮しつつ用いていくなら、人生を豊かにしていくことができます。

フォルスクラブのMLM方式は時代のニーズに合ったものです。

eラーニング研究所は詐欺のような事はしておりません

eラーニング研究所は詐欺と勘違いされる事はなぜ?
eラーニング研究所は詐欺ではありませんから、明確にこれは勘違いや誤解の類というという事になりますが、新しいインターネットを利用したビジネスだという事があるという事は考えられます。新しいスタイルのビジネスが出てくるとまずは人は疑うという事をするので詐欺の類では無いのかという事を考えてしまう。eラーニング研究所は教材などを格安で提供しているので、このような価格で出来るのかという事もあってこのような噂が出てくる事になったと考えられます。

詐欺は基本的にその場限りです
eラーニング研究所が詐欺ではないというのは、此処が様々な教育サービスをインターネットを活用して行っているという事を見れば明らかという事も言えるでしょう。サービスを継続して行う事が出来ているのは、これが詐欺ではない事の何よりも証明で、そのような事をしている人達は、その場限りでお金さえもらえば、逃げる事をするしかありません。eラーニング研究所は教育サービスを提供していて、それを更に高めていくという事をしている所ですから、まず詐欺の類のような物ではない事だけは確かでしょう。

何故eラーニング研究所に詐欺の噂が出たりするのか?
これは、これまでにないサービスだという事と、会員制という事があるのかもしれません。会員になるとという事が強制的なイメージを持つ事はたしかです。インターネットが当たり前になっている現代では、会員制というのは当たり前のように若者などは感じる事でしょうが、昔の人からすると会員になるという事は、強制されて入会させられるという事につながってしまうので、これが怪しいという事になる事は考えられるところです。インターネットがない時代では、物やサービスはお金さえあれば買えるものであって、わざわざどこかに入会するというような事は宗教などの事まで考えさせられるよう印象を持つという事があるのかもしれません。

eラーニング研究所は今後の成長株
eラーニング研究所はこれから成長することが期待されるところという事も言えるでしょう。何しろビジネスにおいて最強の武器とも考えられるインターネットを活用しているという事が大きな意味を持つことになります。これからは、今までのような紙媒体の教材というのは余りにもコストがかかりすぎるので衰退していくというよりは、壊滅するとすら考えられる。紙を使用するとデジタルデータに比較してあまりにもコストパフォーマンスが悪いので、それだけで嫌悪される時代になると考えられるという事です。そうなれば、これまで紙媒体でビジネスをしてきたところは大きく業態の変化を迫られることになり、一気にインターネットに参入するしかないのです。ですが、そのインターネット上では既にeラーニング研究所のような先行企業がシェアを獲得しているので、なかなかこのシェアを獲得することが出来ないで苦しむ事になるのかもしれません。

eラーニング研究所で詐欺に関するアンケートはある?

「詐欺とは無縁のeラーニング研究所はアンケートをたくさん行う」
eラーニング研究所では頻繁にアンケートを行っています。基本的には子供の教育に関するアンケートを行っており、金融教育に関するアンケートなどを実施し、子供の状況を知ることができます。こうしたものはいつの段階で教育のレベルを上げるのかなどを知り、それを自分たちの子供の教育に応用できるほか、eラーニング研究所の方針などにも左右されることになります。だからこそ、多くのアンケートを実施しており、意外な事実に驚くケースもあります。金融教育に関するアンケートではすでに多くの子供が電子マネーを用いていたり、お小遣いの額面は意外と少なかったりしているなど、興味深いデータが多いです。

「詐欺に関してもどういう認識かを知りたい」
これだけ多くのアンケートをとり、教育に関する様々なことを知ることができていますが、意外なことに詐欺に関するアンケートというものをeラーニング研究所ではあまり見かけません。詐欺と教育は一見すると関係なさそうですが、例えばうまい話には裏があるという教育はちゃんと説明しておかないとわからない部分であり、子供がどのように感じているかはわからず、親が実際に詐欺被害に遭ったことからそれが教育に影響を与えることもあります。eラーニング研究所でそのあたりのアンケートを行っていないのは少し驚きであるとともに、どのような認識であるのか、多くの親や子供に聞いてほしいところです。

「アンケートで判明する詐欺への知識」
自治体などで詐欺に関するアンケートを実施しているところは多く、そこでの結果を見ると驚かざるを得ない情報が多いです。自分は詐欺には引っかからないと思っている人が多いという事実です。実はこうした人ほど引っかかりやすく、被害に遭った際になかなか言い出せない傾向にあります。eラーニング研究所でもしアンケートをとったとすれば、子供もそのような傾向があるのか、親はどのように思っているのかなどを知ることができるのでeラーニング研究所にはそのあたりのアンケートをとってほしいところです。こうした詐欺は100人に声をかけて1人でも引っかかれば成功なので、早急に傾向をつかみそれを宣伝することに意義があります。

「今後eラーニング研究所でアンケートを行う?」
詐欺は姿形を変えて頻繁に行われ、ニュースでは数千万単位で詐欺被害に遭った高齢者の話を聞きます。子供のときからそう簡単に騙されてはいけない、こういう大人には気をつけるべきであって自分への過信は禁物だという教育を受ければ、詐欺には騙されない大人になってくれます。eラーニング研究所でそのあたりのアンケートをとっておけば、子供がどのように思っているかを知れます。それを踏まえて教育を施し、親としても対策が立てられます。将来的に詐欺に遭わないようにしていくためにもその材料となる情報をeラーニング研究所が率先して収集してほしいです。

詐欺と呼ばれないサービスを目指したeラーニング研究所

【家庭向けのeラーニングサービスを充実させている】

eラーニング研究所は詐欺ではありません。

しかし、塾に通わなくても受験勉強ができると話題になっている、eラーニングサービスの中には、詐欺と呼ばれたせいで人気を落としたものもあります。

質の悪いサービスほど詐欺と呼ばれる事が多いと考えて、他より高品質なサービスを提供する事に力を入れているのが、eラーニング研究所のフォルスクラブです。

月額料金に見合った質の勉強ができるように、東大出身者が開発したeラーニング教材を使い、学生たちの受験勉強をサポートしています。

授業の予習や復習をアプリ一つで行えて、問題の中で分からない部分があれば、すぐに講師に質問できる環境を用意しているのが特徴です。

生徒側が問題を理解できないまま放置されるせいで、詐欺だと感じる事にならないよう、サポートに力を入れている点が話題となっています。

【eラーニング研究所はスマートフォンを活用している】

日本国内で流行しているeラーニングサービスの中で、詐欺と呼ばれているものは、教材が生徒側に届かず勉強ができないトラブルが起きている事が多いです。

教材が届かないというトラブルが起きないよう、eラーニング研究所はスマートフォンやタブレットを活用して、受験勉強に必要な問題集を提供しています。

最初から大量の勉強用アプリがインストールされているタブレットを、生徒側に届けてから指導が始まるので、追加の教材が届かない心配をせずに済むと好評です。

【どこでも勉強ができる事を重視しているeラーニング研究所】

自宅から外出している時でも勉強ができるよう、eラーニング研究所のフォルスクラブでは、外出中に起動できる勉強アプリを用意しています。

スマートフォンからアプリを起動する事によって、バスや電車などの移動時間でも勉強ができて、他の生徒と差を付けやすくなるところが魅力です。

家族旅行の最中でも勉強をしなければ、試験に合格できるか不安になってしまう子供も、eラーニング研究所のサポートを受けています。

アプリがスマートフォンやタブレットにかける負荷も小さいので、バッテリーの消耗を気にせずに勉強に集中できるところも、詐欺と呼ばれるeラーニングサービスとの違いです。

【eラーニング研究所のアプリに記載されている英単語の豊富さ】

ネガティブな意味を持つ英単語を記載しない教材も世の中には多いですが、フォルスクラブのアプリでは詐欺師の英訳なども覚える事が可能です。

教材に記載される事が少ない英単語が、試験の問題として出てくる事も珍しくありませんから、詐欺師の英訳も覚えておく事をおすすめします。

ストーリー形式で英語を覚えられるアプリも、フォルスクラブでは配信されていますから、会話で使われる英語を自然に学べる点も好評です。

若い人同士の会話で使われる英語が、試験の問題になって出てくる事もあるからこそ、ストーリー形式で英語を学べるアプリが役立ちます。

eラーニング研究所のフォルスクラブを頼る事で詐欺師などの英単語も学び、どれだけ効率的に試験対策ができるか試してみてください。

フォルスクラブとネズミ講はそもそものところで違う

フォルスクラブネズミ講はそもそもの根本的なところで違うので似てもいません。似ている所を探す方が困難で探しても見つかる事も無いでしょう。そもそもネズミ講というものでは流通する商品というものが存在しませんから、ネットを利用して様々な教材などのサービスを提供しているフォルスクラブとは全く違うという事は明確に言えます。


ネズミ講はお金を入会金という名目で獲得して、それをひたすら上に上納するというシステムですから、まずお金しか動くものは無いという事で、サービスが存在しないのです。ですから、フォルスクラブのように様々なサービスをもっているところとは当然違うという事になりますし、ネズミ講はお金が下から上に行くだけですから、世界中の人が入会するとそれで行き詰るという破滅が前提になっている組織ということになります。ですが、フォルスクラブはサービスを作って販売をしているビジネスですから、破綻が前提どころかサービスの内容次第でいくらでも大きくなる事も可能です。


基本的にネズミ講はこの破綻を隠してさも楽をしてお金が入ってくるというような事を言うわけですが、フォルスクラブはそのような事は言いません。勉強しなければ資格も取得できないわけですし、そもそもサービスを利用する目的も知識の習得という大きな目的があって為されるということになります。お金が目的で入会するネズミ講とはどこをどう比較すれば似ているという事になるのかは分からないとしか言いようがありません。


敢えて似ている所を上げると、組織がピラミッド型になるという事ぐらいですが、これはネズミ講であろうとフォルスクラブであろうと、世の中の全ての組織はピラミッド型にならなければ、その機能を発揮する事は出来ません。平社員が一人で、社長が1,000人ということになれば、その会社が機能しなくなるという事は言うまでもないでしょう。ですから、組織の表をみてピラミッド型だからネズミ講だというのは安直に過ぎるというよりは、偏見でしかないという他ありません。それでフォルスクラブがネズミ講になるというのであれば、世の中の会社や団体、官公庁など全ての人の組織はネズミ講だという事になってしまいます。こうした批判をする人達はピラミッド型を見ると狂乱状態になってしまうのかもしれません。これは危ないということになるのですが、逆に組織がピラミッド型になっていなければ、これは危ないというように考えた方が良いでしょう。下がどれだけ頑張っても上に上がれないという事になっているので、もう組織的に瓦解することが目に見えているという事が言えなくもありません。それが逆ピラミッド型になっているという事になれば、もう破綻は寸前というように考えて良いかもしれません。フォルスクラブにしても、他の組織でもピラミッド型になっているのであれば、それは組織として機能しやすい状態になっているという事ですから問題はないのです。